FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80年代だなぁ...『Stevie Nicks/Rock a little』
Rock a LittleRock a Little
(1990/10/25)
Stevie Nicks

商品詳細を見る
いやぁ、久し振りに聴きました。スティービー・ニックス。
懐かしいですねぇ。『I Can't Wait』を大昔に聴いたんですが、ギターソロの後のホーミーみたいな歌い方がかっちょよくて、アルバム自体は聴いたことなかったので、聴いてみました。
アルバム全体としては、80年代って感じのテクノ+ロックという感じですね。
中には、キム・カーンズ『ベティ・デイビスの瞳』のパクリみたいな曲もありました(;^_^A アセアセ・・・
まぁ、スティービー・ニックスもハスキーヴォイスで共通点はあるのですが。
ちなみに、この人、フリードウッドマックというプログレバンド(個人的には、このバンドがプログレだとは思えないのですが(;^_^A アセアセ・・・)のメンバーですよね。
まぁ、ちょっと懐かしい曲を聴きたいひとにはお勧めの一枚です。
スポンサーサイト
フレンチポップ『リタ・ミツコ/Variety』
フランスの友人が誕生日プレゼントにと贈ってくれたアルバム。
リタ・ミツコというアーティストは名前だけは知っていたが、今まで
聴く機会もなかったので、はじめて聴いたが、かなり素朴な感じの
ポップスだったんですね。

この人が何人なのか、未だに知らないが、あちらの表記だと、Rita Mitsouko
と表記するんですね。これって、ただ単に日本人の名前に似た発音
だから、勝手に日本人だと勘違いしてるだけ??

フランスの友人いわく、つい最近、このアルバムに参加した男性
(たぶん、ジャケットの左側の人だと思うんだけど。)、死んじゃった
らしいです。あらら(;^_^A アセアセ・・・

くしくもこの作品が遺作となったとのことだ。
フランスと言えば、昨日のニュース見てるとオリンピック聖火が
消されて、ついに聖火リレーを火が消えた状態で終了という
お粗末な結果に終わったようで。( ̄ー ̄)ニヤリッ

平和の祭典のはずのオリンピックもヤバいっすね。
Chaos and Creation in the Backyard/Paul McCartney
しばらく、ポール・マッカートニーのアルバムを聴いていなかったが、このアルバムを聴く機会があって聴いてみたのだが、いいv(^∀^*)。とってもいい。ビートルズ時代のアコースティックな曲を彷彿とさせる曲満載で、おぉ!久々にこんな気色悪いメロディを聴いた!やっぱり、ポール爺は天才か!と思うほどである。さらにびっくりなのが、来年64歳になるというのだが、声がほとんど変わってないところだ( ´∀`)ヵヵヵ。ウィングス時代は、かなりよく聴いていたのだが、ソロになってからは、どこかファミリーポップという感じでがっかりして全く聴かなくなってしまったワタクシですが、このアルバムはオススメっす。
ラブ・ストーリー~小田和正ソングブック
このアルバム、いいっすよv(^∀^*)。小田和正のヒット曲を、海外の大物AORシンガーが英語で歌うカヴァーソングアルバムなんですが、なんと、ボビーキンボールが”ラブ・ストーリーは突然に”を歌ってるんですねぇ。え?ボビー・キンボールって誰?って?TOTOの初代ヴォーカリストなんですねぇ。どこで何してんだろう?と思ったら、ちゃんとヴォーカリストやってたんですねぇ。同アルバムでもボビーソウル節炸裂です\(^ ^)/ 。めちゃくちゃかっちょいいっす。ほかにもクリストファー・クロスが透明なハイトーンでせつなく歌い上げる”さよなら”、ミッキートーマスの”キラキラ”とかもよかったですねぇ。秋の夜長にオススメな一枚です。
サハラの誘惑/諌山実生
この曲、めちゃくちゃかっちょよかったっす\(^ ^)/ 。イントロはエスニックぶりばりのサウンドで、全体的には昭和歌謡ぽくって、よかったっすね。自分で作曲してるんですねぇ。これはオススメっす。以前、なんて曲か忘れましたが、聴いた曲はもっと暗めの曲だったような気もするのですが。そこらのちゃらちゃらした曲より、はるかに芸術的な作品です。
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。