FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オチが難解...『ダヴィンチ・コード』
ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション (2枚組) [Blu-ray]ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション (2枚組) [Blu-ray]
(2009/04/29)
オドレイ・トトゥイアン・マッケラン

商品詳細を見る


大ヒットしたトム・ハンクス主演のキリスト教サスペンス。
すでに第二弾の『天使と悪魔』というのが公開されてるようですが
今更ながら見てみました。
内容的にちょっと重そうだったので、ちょいと敬遠してたのですが
案の定、お気楽に見れる映画ではないですね(;^_^A アセアセ・・・。
面白かったけど。

ストーリーは、キリストとそれを取り巻く宗派の謎がレオナルド
ダ・ヴィンチの絵に隠されていて、実はキリストは人間で
子孫もいるぜ、という。そして、その子孫を代々守ってきた人たちが
いて、また、教会的にはそんなことが世間にバレたらマズいので
消してしまおうという争いの中に主人公トム・ハンクスが巻き込まれて
しまうというお話。

とにかく長い映画だった。最初のほうは、宗教的な知識がないと
なにがなんだかさっぱり分からないと思う。
途中からやっと、あぁそういうことなのね、というのが分かり出し
割とアグレッシブな展開があるので、楽しめる。
しかし、お気楽に見れる映画ではないっすね。

カップルで見ると盛り上がるかも。
この映画がヒットして、よくテレビ番組でも特番でやってたが
特番でもなんだか、よく内容がつかみにくかったのだが、
映画を見てやっと、あぁ、そういうことだったのか、と分かった。

キリストが人間なのか、神なのか、神に力をもらった人なのか、
そんなことは当事者でないと分からないと思う。
だが、人間というのは弱い生き物なので、例えキリストが神で
ないことが分かっても、また別の偶像を作り出すんだろうなぁ、と
思うけどね。
割と疲れた映画だった。
スポンサーサイト
選ばれし者の悲しき運命 『天使VS悪魔』
天使VS悪魔 [DVD]天使VS悪魔 [DVD]
(2009/04/25)
ディエゴ・マルティンアナ・クラウディア・タランコン

商品詳細を見る


最近話題のトム・ハンクスの映画とは別ものの映画。
トム・ハンクスの奴がどんなのか、ストーリーを知らないので、内容的に同じかどうか
分かりません。(;^_^A アセアセ・・・

ストーリーは、世界には36人の選ばれし者がいて、社会の秩序はそのモノたちが
守っているという。しかし、古代の宗教には、これを守る集団 天使団とこの者たちが
世界の秩序を乱しているのだとする悪魔団があって、対立している。

悪魔団は世界を変えるべく、この選ばれし36人を次々と殺害していく。
そして最後のひとりを殺すべく、その男を探す。
最後のひとりとは、とある戦場カメラマンで、ある日、悪魔団に命を狙われるところから
ストーリーが展開する。

恋人と一緒に過ごしているところを何者かによって、命を狙われ、恋人がその巻き添えに
なって殺される。しかし、狙われたのは自分で、次に自宅に戻ると妙な神父から警告を
受ける。酔っ払いだとほっといて、自宅に入ると、飼い犬が殺されている。

カメラマンは本格的に自分が狙われていることを感じ、ことの真相を調べ始める。
あるとき、路上で車がエンストしている女を助けた。
その後、どうやら自分と同じ日に同じ場所で生まれたものが狙われていることを知る。
そして、同じ日、同じ場所で生まれた男にそのことを告げにいくが相手にされず、
立ち去ろうとしたとき、その男も殺された。

カメラマンは、誰にも頼れなくなり、エンストで助けた女に助けを求める。
調査を進める間にもどんどん命を狙われ、ことの真相を知るとある神父にたどりつく。
そして、自分がその選ばれし36人のうちのひとりであることを知る。
逃げるしかない、という結論に行きつき、女と逃亡の日々を送る。
しかし、あるとき、女の背中にダビデの星のような紋章があることに気づく。

最初に命を狙われたときに、助けてくれた男と同じ紋章だった。
女にどういうことか問い詰めると、自分の父親も同じ目に遭っていたという。
そして、その36人を悪魔団から守るには、汚されていない凶器でその36人が
死ねば、また生まれ変わりが別の場所で生まれて、世界の秩序を守ることが
できる、という。

カメラマンの運命やいかに....

という内容で、映画がスタートして、しばらくは、なんのこっちゃか、さっぱり
意味が分からない映画だった。
だが、どんどんストーリーが展開していくうちに、ほほぉ?そういうことか、
というのが分かってくる。なかなか面白い展開だ。

見終わって見て、はじめて、なかなかよくできた映画だ、と思える映画だった。
映像もストーリーも実に地味な映画だが、面白いっちゃぁ面白い。
ただちょっと頭を使う映画なので、気軽に見るには、ちと重いですかね。(;^_^A アセアセ・・・
ストーリーにどっぷり浸かりたいときには面白い映画だと思いますよ。


大人の下ネタコメディ 『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう [DVD]ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう [DVD]
(2008/04/25)
ウディ・アレン

商品詳細を見る


ウディ・アレンの大人の下ネタコメディ。
性癖や性に関する、ちょっと話をするには気が引ける妄想を面白おかしくコメディに
仕立て上げたオムニバススタイルの映画。

女装趣味の男の話、お化けおっぱいが襲ってくる話、露出狂の男の秘密をあてるクイズ
番組、精子が発射されるときにどんなことを考えているか、など実にバカバカしい妄想を
オムニバス形式で展開していきます。

決して卑猥にならず、おもしろおかしく作ってあるところがウディ・アレンらしい作品で
彼女・彼氏と見れば楽しい夜が過ごせそうですね。

個人的には、中でも”射精のメカニズム”が一番好きです。
男女のツーショット時の男の脳を擬人化してあちこちに指令を出すのですが、
そのメンバーのひとりを、あのクール・ガイ、バート・レイノルズが演じています。
そして、精子はウディ・アレン自身が熱演。

ウディのあのいつものどっか頼りない”男”がまんま精子となっていて、外の世界は
未知の世界なので、怖いと発射を拒んだりします。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

ほかの作品も実にバカバカしいストーリーで下ネタ大好きな人にはオススメの一枚。
下ネタなんだけど、下品にならず、さらっと見れる映画です。
オススメ。
環境問題がテーマのSF 『レッド・プラネット』
レッド プラネット 特別編 [DVD]レッド プラネット 特別編 [DVD]
(2007/11/02)
ヴァル・キルマーキャリー=アン・モス

商品詳細を見る


環境問題をテーマにしたSF映画。
ストーリーは、環境汚染された地球が住めないほどひどくなり
移住先として火星を人類は選らんだ。
火星に藻を送り込み、そろそろ藻が繁殖しているであろうことを
願って、火星に探査船を送り込むことに。

間もなく火星に到着というところで、太陽フレアにより母船が
故障。小型探査船で船長を除く、5名が火星の地に降り立つことに。
しかし、あるはずの基地が崩壊し、藻も繁殖していない。

無線も故障し、酸素も底をつき始めて次々と酸素切れの警告を受ける。
ひとりのクルーが死の直前、ヘルメットを脱ぐと、なんと、酸素が
ある。

クルーは、50年前のロシアの衛星に無線があることを思い出し、
その地へ向かう。
途中仲間割れもあり、残ったのは2名。
母船と通信が回復し、脱出の手段を見出す。

そして、脱出につかえる古い貨物船に向かうと、そこには藻が
広がっている。しかし、奇妙な虫が生息していて、クルーを蝕む。
どうやら酸素はこの虫が生成しているらしい。

ひとり残ったクルーは脱出手段を母船に聞くが、高圧バッテリーが
必要なことに気づき、脱出不可能を悟るのだが...

船長役にマトリクスのキャリー・アン・モス。
環境問題を意識した作品だが、2000年の作品らしい。
とっても、リアルなストーリーはよくできていると思うが、
SF映画にしては、かなり地味。

まぁ、さほどひどい作品でもなし、今の時代にはぴったりな
ストーリーで、なかなか興味深い内容にはなってる。
しかし、残念ながら、あと10年で火星まで行ける有人宇宙船が
できるとも思えないが。

もう少しど派手な展開と映像があれば、よい作品になっていたのに
なぁ、とちょっと残念な映画ですが、一見の価値はあるかもね。
ちょっとストーリー短すぎ? 『魁!男塾 劇場版』
魁 ! 男塾 DVD-BOX魁 ! 男塾 DVD-BOX
(2004/12/21)
宮下あきら堀秀行

商品詳細を見る


昔テレビでやってたときに、よく見てた、あり得ない設定の不良アニメ。
当時、劇場でやってたのは知らなかったので、見てみた。

このアニメは基本、男塾という体力と喧嘩道を磨くために、あちこちの猛者と
対決するストーリーになっていて、その格闘シーンがなかなか楽しめる作品
なのだが、この映画のストーリーは、アメリカの猛者との対決。

というか、トーナメント方式で勝ち残ったもの勝ちという格闘トーナメントに
出場することになるわけです。
相変わらず、めちゃくちゃな設定で、映画の時間が短いせいか、詰め込みすぎで
大した盛り上がりもなく、あっちゅうまに終わっちまったという感じ。

こういうのって、やっぱ、単発完結させると面白くないっすね。
以前見た、実写版よりはアニメな分まだマシでしたが。

筋肉の付き方とかが、北斗の拳とダブってしまうのですが、なんか、最後の格闘
シーンは、北斗の拳みたいになってました。
まぁ、時代のせいもあってか、こんなもんかな、ってとこですね。

しかし、非常に懐かしい感じで見れました。
リアルで見てた人には楽しいかもです。
2作目はやっぱり...『ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記』
ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/04)
ニコラス・ケイジヘレン・ミレン

商品詳細を見る


ニコラス・ケイジのお宝探しアドベンチャー映画。
一作目が面白かったので、見てみた。
大体、続編とか2作目ってのは、駄作になるものが多い。

ストーリーは、アメリカ初代大統領の暗殺に絡んで、その元になっているのは
黄金都市伝説だというわけで、その暗号文書を説いたには、ニコラスケイジの
家系だと主張していたら、別の男が現れて、その話は嘘だという。

そこから黄金都市を探すことになるのだが、この現れた男が少々アブない男で
ニコラスは命を狙われるハメになる。

残された文書を手掛かりに、英国官邸に忍び込み、米大統領執務室に潜入し、
挙句の果てには、大統領の誘拐まで...

そして、幻の黄金都市を発見するのだが、脱出までに様々な仕掛けに
悩まされることに...

なんだか、途中から実にこぎつけ臭い設定になっていて、少々退屈した映画だった。
やっぱ、2作目ってのはダメっすね。・・・_| ̄|○・・・
出てくるハイテク機器は、なかなか楽しめましたけどね。
iPodを分解してハック機にしてしまうあたりは、なかなか楽しめる。

いい映画というのは、もう一度見たくなる映画だと思うのですが、残念ながら
本作は、もう一度見たいとは思わなかった。
毎度毎度思うのだが、ニコラス・ケイジの顔はなんであんなに濃いんでしょ...

まぁ、暇つぶしになんも見る映画がなければ、どうぞ、って感じの映画ですね。
身近にある問題『NOISE』
ノイズ [DVD]ノイズ [DVD]
(2009/04/03)
ティム・ロビンスブリジット・モイナハン

商品詳細を見る


都会の抱える問題を映画化した作品。
ストーリーは、ごく一般的なサラリーマンの主人公が、ある日、街に響き渡る
騒音にストレスを感じ始める。
車のセキュリティ・アラーム、ビルの警報、爆音で走る車、バイク、携帯電話で
大声で話す人...

男は限界を感じて、破壊活動を行うようになる。そして、あるとき、お縄になって
嫁にその奇行がバレてしまう。しかし、彼はもう後戻りできなくなっていた。
会社は首になり、嫁にも愛想をつかされ、男は孤独になっていく...
何度かの逮捕ののち、男は街の人から拍手喝さいを浴びて、みんな、困って
いたんだ、俺は正しい、と誤認してしまう。

そして、ダーク・ヒーローへと変貌する。キャラクターを作り、警察に捕まらないよう
計画的に犯行を繰り返すようになっていた。
そんなある日、被害を受けた店の店主の親戚の女が、あなたの正体を知っている
とばかりに近づいてきた。
女は何もかもお見通しのようだった。そして、女になぜそのような行動をするように
なったか、を話していくうち、女からもっとうまく騒音をやめさせる方法がある、と
提案を受け、男は変って行った。

彼の変貌ぶりに周りが協力しはじめ、ついに彼は行政に訴えるところまで
行くのだが...

大都市に有りがちな社会問題を取り上げた映画で、なかなか面白かった。
確かに車のセキュリティアラームは、必要なのかもしれないが、夜中とかに
鳴られたらウザいの一言だ。
街にあふれる騒音にストレスを感じる人も多いだろう。

映画では、アメリカが舞台というのと、映画だからというのもあって、かなり
ど派手な演出をしているが、そうしたくなる気持ちはよくわかる。

うちのオフィスも非常に狭いオフィスであるが、電話で話す営業マンは
やたら声がでかい。携帯から電話をしてくる客が多いのと、地方からの
電話が多いというのもあり、電話が遠いので、そうなるのも分かるが
連中が電話でしゃべってる間に他の電話に出ると、それが聞きづらいほどだ。

周りの迷惑を考えない無神経な奴は日本でも多い。
そういう無神経な連中に是非、見て頂きたい一作だ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
そして、自分の戒めにも、自分はそうじゃないと思ってる人にも、公衆の迷惑を
考えるうえで、是非見てもらいた一作だ。
もっとも、映画のような行動をとれば、間違いなく逮捕されちゃいますけどね。(;^_^A アセアセ・・・
悪役は”人間” 『地球が静止する日』
地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]地球が静止する日 <2枚組特別編>〔初回生産限定〕 [DVD]
(2009/05/02)
キアヌ・リーブスジェニファー・コネリー

商品詳細を見る


キアヌ・リーブス主演のSF映画。
調べてみたら、古いSFのリメイク版みたいですね。

ストーリーは、宇宙からの生命体が主人公の登山家に寄生する。
その後、地球全土に不思議な球体が接近しており、衝突まで1時間ちょっと
しかないという。米政府は世界中の色んな分野の学者を集めて、
それを回避する方法を求める。当然、そんな時間で答えなど出るわけもなく
リミットに達するが、物体は爆発するでもなく、ニューヨークの
セントラルパークに飛来する。

軍隊や警察が見守る中、球体から宇宙人らしき生命体が現れ、
ひとりの学者が接触を試みようとしたところ、軍が銃を発砲してしまう。

急いで、その生命体を病院に運び、手術の結果、一命は取り留める。
その生命体は、外側を不思議なゼリーに包まれているが、中身は
人間の姿をしている。登山家に寄生した主人公だ。

やがて、セントラルパークに飛来した球体からロボットが出現。
軍が攻撃すると、あっけなくやられてしまう。
宇宙人を助けた学者と宇宙人の対話がはじまり、聞けば、彼は”地球”を
救いにきた、という。人間が地球をダメにした、というわけだ。
そのために、人間を駆逐するという。

学者はなんとか説得を試みるが、この宇宙人ではもうどうすることも
できない、という。
人類の運命はいかに...

古い映画のリメイクということで、ストーリーも映像も実に地味だが
地球温暖化、環境破壊がさけばれる昨今、現代にマッチした映画なのかも
しれない。

着眼点はなかなか面白いと思う。人間が悪者で、宇宙全体の中の生命体の
中から見れば、人類は宇宙の摂理を乱しているのではないか?という見方は
ちょっと異色でおもしろい。

しかし、映像的には、イマイチ盛り上がりにかける映画だ。
まぁ、お暇なら見てよね、ってとこですかね。(;^_^A アセアセ・・・
宣伝のバイブル 『プロパガンダ 』
プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜くプロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
(1998/11)
アンソニー プラトカニスエリオット アロンソン

商品詳細を見る


これはすごい本でした。
おおよそ、ひとがなぜ広告や政治宣伝にだまされるか、その方法
手法が事細かに書かれている。

と言っても、これは人を扇動するための本ではなく、いかに現代社会で
広告というものに操られているか、どうしたらそれを回避できるのか、に
ついて書かれた本です。

広報担当者は必読の書ですね。
ナチスの政治宣伝はとても有名ですが、それだけでなく、アメリカの
政治宣伝の背景にどんな手法が使われているのか、とか、商品を
選ぶ際にひとはどこにつられるか、なども書いてあってとても
勉強になります。

少々お値段ははりますが、それだけの価値が充分にあると思いますよ。
オススメの一冊です。
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。