FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シニカルな笑いが英国的 『銀河ヒッチハイク・ガイド』
銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]
(2007/09/19)
サム・ロックウェル.モス・デフ.ズーイー・デシャネル.マーティン・フリーマン.ビル・ナイ

商品詳細を見る


英SF小説の映画化作品。
モンティ・パイソンを生んだ英国的お笑いの要素たっぷりのおバカSF。
ショボい着ぐるみとは裏腹にスケールの大きな映像の作りがなんともミスマッチで
なかなか見ごたえもあり、笑える作品に仕上がっている。

ストーリーは、主人公アーサーは紅茶が大好きな英国人。そんな彼の家が
道路のバイパス工事で、今まさに取り壊されようとしていた。行政監督は、
1年も前から役所の地下掲示板に告知していた、とお役所仕事を盾に立ち退きを
要求。

そこへベテルギウス星系の小さな惑星で生まれた宇宙人フォードがやってくる。
緊急の話だという。しかしアーサーはそれどころではない。自分の家がまさに
取り壊されそうになっているのだから。

フォードは家どころじゃない、とアーサーをカフェに誘い、あと12分で地球が爆破
される、という。何を眠たいことを...とアーサー。フォードは地球壊滅後に宇宙で
放浪するには、塩分とタオルが必ず必要になる、ビールも今のうちに飲んでおけ、
というが、その横でアーサーの家の取り壊しがはじまってしまう。

慌てたアーサーが家に戻ると、作業員たちがどういうわけか逃げていく。
空を見上げると、巨大な宇宙船団が...そしてアナウンスが流される。
地球は銀河ハイウェイの建設に邪魔になるので、破壊することを決定した、
この事はアルファ・ケンタウリにある出張所に50年前から公示されていた、と...
その直後、地球は爆破されてしまう。

フォードはアーサーを連れて、その船団に拾ってもらうが、その船は、宇宙でも
悪名高きヴォゴン建設船団。ふたりは、なんとか見つからないように脱出を試みる。
フォードはアーサーにこれからの旅は厳しいものになる、と銀河ヒッチハイク・ガイド
を渡してくれる。これは宇宙のことならなんでも書いてある百科事典のようなもの。

脱出経路を探している間にヴォゴンの船員に見つかってしまい、拷問を受ける
こととなる。その拷問とは、”詩の朗読”...なんとか、うまくかわそうとするが
ヴォゴンの怒りに触れ、宇宙空間に放り出されてしまう二人...しかし、運良く
そこに通りかかった一台の宇宙船に捕獲される...そして二人の冒険にみちた
旅がはじまる...

のっけからノーテンキな歌でこの映画は始まる。曲のタイトルは、『ごきげんよう、
魚をありがとう』。ガイドの説明によると、人間は地球で一番かしこい動物だと
思っているが実は3番目で、2番目はイルカ、なんだそうで、イルカは芸をして
るように見えて、実は地球人への警告を教えていたのだ、しかし、知能の低い
地球人は魚をあげればイルカが芸をしてくれる、と思い込んでいてちっとも
警告を聞かない、だから地球が滅びる前に僕たちは去るよ、魚をくれてありがとう
という内容だ。
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

登場人物も個性豊かで、随所に小ネタがちりばめられている。
登場人物として、アーサーとフォードのほかに、アーサーと仮装パーティーで
知りあって数分で、ふたりでマダガスカルに行かない?と誘ったところから
お付き合いが始まった、トリリアン嬢。

どういうわけか、銀河帝国大統領になっちゃった、チャラ男のゼイフォード。
フォードのはとこ。
惑星一個分の知能を持つのに、やたらうつ状態のロボット、マーヴィン。

このメンバーがひっちゃかめっちゃかの旅をしていくのだが、何かと手続きに
書類を求められたり、許可が必要だったり、選挙があったりと英国のお役所
仕事を皮肉った小ネタが満載だ。

出てくるガジェットも実にバカバカしい。脳に刺激を与えるためにかぶる、ヘルメット
の上にレモンしぼりがついたガジェットや、自分の本音を相手に話させる銃など
実にバカバカしい小ネタ満載で結構笑える。

モンティ・パイソンで笑える人は爆笑必須の作品だ。個人的にはウルトラおすすめ
の一作。小説は全6作からなる作品になっているようです。

関連書籍

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)
(2005/09/03)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る


宇宙の果てのレストラン (河出文庫)宇宙の果てのレストラン (河出文庫)
(2005/09/03)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る


宇宙クリケット大戦争 (河出文庫)宇宙クリケット大戦争 (河出文庫)
(2006/04/05)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る


さようなら、いままで魚をありがとう (河出文庫)さようなら、いままで魚をありがとう (河出文庫)
(2006/06/03)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る


ほとんど無害 (河出文庫)ほとんど無害 (河出文庫)
(2006/08/05)
ダグラス・アダムス

商品詳細を見る
スポンサーサイト
子供視点の共産主義 『ぜんぶ、フィデルのせい』
ぜんぶ、フィデルのせい [DVD]ぜんぶ、フィデルのせい [DVD]
(2008/10/03)
ニナ・ケルヴェルジュリー・ドパルデュー

商品詳細を見る


1970年代フランスでの共産主義運動を子供目線で見た作品。
大人の影響力って、怖ぇぇぇ?って作品になってる。

ストーリーは、フランスのお嬢様学校に通う、アンナは9歳。父は弁護士、母は
雑誌のライターで、なに不自由ない裕福な生活を送っていた。ところが、スペインで
反政府活動を行っていた伯父の死をきっかけに、父と母は社会的良心に目覚め
共産主義運動に加担することとなる。そして、生活が一変する。

今まで裕福な生活をしていたのに、住居は安いアパート暮らしとなり、常に
家には、色んな人が出入りするようになる。なんでもかんでも節約節約と言われ、
挙句の果てには学校まで転出させられそうになる。

しかし、アンナの必死の抵抗で、なんとか学校だけは変わらずに済んだ。だが、
宗教の時間は親の希望で外されることになる。
次第に学校でも浮いた存在になりつつあった。

お手伝いさんも今までのチリから逃げてきた人から、ギリシャ人に変わる。
チリから逃げてきた家政婦にアンナは聞く、共産主義って何?
家政婦からの回答は、『赤い奴らで、ヒゲをはやしたブタ野郎どもだよ!』
宗教の時間が大好きだったアンナは、ギリシャ人家政婦から世界の創造の
話を聞くようになる。

そして、そんな家にうんざりしていたアンナは、ある日、祖父母の家にバカンスに
行く。そして、共産主義とはなんなのか、祖父母はそれをどう思っているのか、
子供らしい質問をどストレートに祖父母に聞く。
祖父母の見解は、共産主義者は、ひとが稼いだ富を奪う存在だと説明する。

うちに帰ってしばらくして、ある日、学校から帰ろうとしたら、いつものギリシャ人
家政婦がいない。しかし、弟のフランソワがいるのを発見して、かけよると、
そこには謎のアジア系の女が...

連れられるまま家に帰って、母親に聞くと、家政婦は変わったという。
母は常に誰かの話を家で聞いており、その内容が”堕胎”とか、聴いたことのない
話が展開されていて、もうアンナには何がなんだか、わからなくなっていく...

夜遅く、親がいなかったり、しかし、家の中には沢山の人がいて、あるとき、
そのヒゲの客人にアンナは尋ねる。共産主義とは何か?と...
ヒゲの客人はひとつのフルーツを手にとって説明する。

「このフルーツが、世界の富だとしよう。世間のお金持ちは、この富をひとりじめ
 しようとするんだ。しかし、わたしたちは違う。みんなでこれを分け合う。さぁ、
 どっちがいいかな?」

幼いアンナは世界の困っているひとを助けるのは悪いことではない、と心が
だんだん揺らいで行く。
学校の友達がお泊りにやってくるが、上流家庭のお嬢さんには、このゴタゴタ
した家庭はかなりショックなもので、アンナの父親の着替を見てしまい、さらに
ショックを受けてしまう。そして、アンナと距離をおくことに...

母親がアンナを心配して、アンナに尋ねる...お友達と離れるのは辛くない?...と。
アンナの答えは...
『大丈夫、家政婦さんと一緒でしょ?離れて行っても、その時は寂しいけど、また
 次の場所で優しくしてくれるお友達がすぐできわる...』


なんというか...親の主義主張で子供が混乱させられ、そして、次第に洗脳されて
いく風景を描いた映画に見える。なんとも恐ろしい話である。
しかし、ラストのシーンが結構印象的だ...

ヨーロッパの映画はどれを見ても、なんだか、暗く重い感じがしてならならい。
(もっとも、そういう映画しか見てないからなんだろうけど。)
この映画も非常に重いテーマだし、4年ほど前の映画なのに、なぜ、このテーマ?
と思ってしまう。

主役アンナ役の女の子が、なんともプライドの高そうな利発な女の子で、ハマリ役だ。
あまりオススメできるような楽しい映画ではないが、なんとも印象に残る作品では
ある。
やっぱりガックシ..._| ̄|○...『RED SHADOW 赤影』
RED SHADOW 赤影 [DVD]RED SHADOW 赤影 [DVD]
(2002/04/21)
安藤政信奥菜恵

商品詳細を見る


公開当初に結構な話題となった作品ではありますが、なかなか見る機会が
なかったので、見てみた。
やっぱり、がっかり..._| ̄|○...。

ストーリーは、その昔、地球に落ちた隕石から無敵の剣をつくった部族が
いて世界制覇を考えたが、部族の長老が世の中の争いを収めるために
使うべきだ、と主張した。これがのちの影一族となる。

影は常に時代の裏舞台を支える存在。そこで修行を積んだ赤影、青影、
飛鳥の三人は指令に基づいて任務を遂行する。
ある任務の最中に、敵陣の忍者部隊に飛鳥が殺されてしまう。そして、
青影は自分と同じ年頃の敵を殺して、こんな世界はもう嫌だ、と部隊を
抜けることに...

そんな折、赤影は敵の姫君を助けてしまう...赤影も戦乱の世に迷いを
生じていた...そんな折に、敵陣の中から謀反を企むものが...

時代設定は時代劇なのに、流れる人間関係や会話、興味の対象が
いまどきのグダグダな若者恋愛ものになっていて、実につまらない。
そもそも、飛鳥ってなんやねんと思ってしまう。(麻生久美子が飛鳥役、
麻生久美子はかわいかったが...)

しかも映画スタートしてから、これまたグダグダのゆる?い小コント連発。
確かに昔見ていた『仮面の忍者 赤影』も小コントはまじっていたが、
そっちのほうがかなりグレードは高い。とにかく、本作の小コントは
笑えない。

かれこれ10年近く前の作品ではあるが、もういい加減、それなりのVFXも
駆使されてる時代だが、使い方がまったくイケてない。よくこんなものを
映画化したなぁ、と思ってしまう。
『ドラゴンボール エボリューション』に勝とも劣らないひどさだ。

特に大きな盛り上がりもなく、見せ場もなく、つまらないの一言につきる
作品だ。『仮面の忍者 赤影』にかすりもしない内容なので、昔、
どきどきワクワクしながら、赤影を見ていた人は見ないほうがいい作品だ。
落胆必須の作品です。
イタリア版派遣問題 『見わたすかぎり人生』

 


[DVDソフト] 見わたすかぎり人生

 



ジャンルは何になるんだろう?コメディ?社会問題?
まさに旬な内容の映画だ。イタリア版派遣問題。
表現方法はかなりエロいけど。(;^ω^)

ストーリーは、大学で哲学を勉強し、学内でも優秀な成績をおさめたマルタ。
彼氏は同じ大学内の物理学を学ぶこれまた優秀な男。しかし、彼氏はその優秀な
成績でアメリカでの研究に旅立ってしまう。一緒に行かないか、との誘いもあるが
マルタは自分の勉強してきた分野での野望があった。

ある夜、二人は激しく愛しあったが、その直後、彼氏のアメリカ行きに迷いがない
ことを知る。
マルタは自国に残ることを決め、電車の中で出会った幼稚園児からベビーシッター
の仕事を紹介される。自分のやるべき仕事ではないと思いながらも、背に腹は
替えられず、ベビーシッターの仕事を受けることに。
その子の母親から一緒に浄水器販売会社のコールセンターでの仕事も紹介
される。

コールセンターはまさに戦場。女性がアポをとり、男性営業マンが契約を
結ぶために訪問販売に出かける仕組み。
毎週アポ取り件数で表彰され、ノルマをこなせないコールレディは解雇。
男性営業マンは入社当初にノルマ達成できなかった場合の罰を自ら課し、
達成できなければ、その罰を自ら実行する。

この過酷な労働環境を問題にすべきだという労働組合の男がなんとか、
内部に入り込み、みんなで戦おう、いつでも相談にきてくれ!と女性たちに
働きかけていた。

マルタは最初、それなりに楽しんでいたが、だんだんその労働環境や人間
関係に疑問を持ち始める...そして、組合の男に内情を相談しはじめるが
どんどん人間環境が複雑になっていく...

どう表現したらいいのか分からないが、コミカルであり、しかし、派遣労働の
現実を見事に浮き彫りにした作品に仕上がっている。
何より笑えるのは、このコールセンターでの風景。

女性コールレディは出社と同時に、宗教じみた振り付け付きの歌を歌わされ、
自分たちは最高だ!と言わされる。そして、日本と大きく違うところは、
コールセンターの女性がアポ取りの際、客に
『アポが取れないと若者が失業してしまうんです、どうか若者から職を奪わないで』
となかば客に対して脅迫でもするかのような文句を伝えてアポをとるのだ。

このシーンは滑稽であり、ほんとにこんなことがイタリアでは行われれいるのか?と
目を疑ってしまう。男性営業マンもひどい。もろ体育会系。
一室に集合させられ、妙な気合を入れさせられる。そして、営業マンは営業に
行く前に、鏡に向かって、『俺は最高!どうした!?何を落ち込んでいる?大丈夫、
お前ならやれるさ』と言った自己暗示をかけるのだ。

映画の中だが、まさに映画のようなことを現実でもしているんだなぁ、とかなり
疑問に思ってしまう。
さらに、舞台となっている会社で笑えるのは、営業マンが自分に罰を与えるところに
Σ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!セグウェイで社長が登場する。
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

イタリアではセグウェイを持ってることが富の象徴なのだろうか...
管理役の女が社長の愛人だったり、言葉巧みにアポ先の老人を騙したり、
日本の詐欺的会社でもやってそうな営業シーンはなかなか笑えるし、
どこの国も同じなんだなぁ、と思ったりする。

日本だと、ソフ○バ○クあたり、やってそうな光景だ。( ̄ー ̄)ニヤリ
見方を変えれば、かなり笑える作品だし、しかし、本来この映画が伝えたい
内容を押さえれば、短時間労働で重労働という派遣の問題を浮き彫りにした
作品だろう。色々、考えさせられる作品だ。

主人公マルタを演じた、イザベッラ・ラゴネーゼという女優さんが、これまた、
すこぶるべっぴんだ。しかも、男性諸氏、喜びたまえ( ̄ー ̄)ニヤリ、彼女の
おいしいシーンも見れるよv(´∀`*v)ピース。

イタリア語は、なんというか、すごい迫力があるなぁ、とつくづく感じた。
コールセンターでのシーンで、ものすごい早口でまくしたてるシーンがあるが
あの早口で女の子からキレられたら、何も言えなくなってしまうだろう。
ともあれ、なかなか見所満載の作品だった。
舞台はやっぱり...『舞台も踊る大捜査線ザッツ!スリーアミーゴス』
舞台も踊る大捜査線 ザッツ!!スリーアミーゴス [DVD]舞台も踊る大捜査線 ザッツ!!スリーアミーゴス [DVD]
(2004/06/30)
スリーアミーゴス

商品詳細を見る


ご存知、人気ドラマ『踊る!大捜査線』の有名3バカトリオのスピンオフ作。
舞台で彼らを主人公にした劇作品。ストーリーは、湾岸署の署長室で
繰り広げられる、人間模様を描いたものになっている。映画やドラマで
このスリーアミーゴスを見てたときは、彼らを主人公にしたほうが面白い
かも、と思っていたのだが、こうして主人公にしてみると、やっぱ、ちょっと
物足りない。

舞台という設定がイケてなかったのかもしれないが。(TдT)
ストーリーに幅がなく、ててくるキャストも脇役だらけなので、なんか演技が臭い...
もともと演劇やミュージカルが大嫌いなので、余計にウザい感じがした。
なんでこう、”舞台演劇”というのは、わけのわからない、歌や踊りをいれるの
だろう?見ているほうが恥ずかしくなってしまう...というのが個人的な感想。

ほとんど演劇とか見ないので、余計に思ってしまうのかもしれないが、
劇中に出てくる、その歌や踊りは必要なのか?と。
この劇もなんか、めちゃくちゃウザかった。ネタもなんか、臭いし。せっかくの
キャラが台なしだ、という感じ。

このキャラを活かした映画なら、もちっと楽しめたかもしれない。
あと、なんだか知らないが、『踊る?』のプロデューサーがやたら出てくるのも
非常にウザい。あんた、劇に関係ないだろ!?とツッコミたくなってしまう。
なんか、このスピンオフ作品で『踊る?』のグレードを下げてしまったような
気がする。

当のスリーアミーゴスは、それなりに映画やドラマとなんら変わらない、なかなかの
キャラを出していたので、本が悪い、ということになるだろうか?
舞台演劇が好きな人には楽しめるかもしれないが、好きでない人にはほぼ
笑えない内容だと思う。
『踊る?』シリーズが好きな人は一度見てみてもいいかもしれない。
何も残らない映画 『アフロ忍者』
アフロ忍者 [DVD]アフロ忍者 [DVD]
(2009/12/09)
マーク・ヒックスナターシャ・ホプキンス

商品詳細を見る


ひどい...酷過ぎる映画。DVD化されてるのが奇跡な一枚だ。..._| ̄|○...
黒人カンフー映画。かなりのC級。

ストーリーは、郵便局勤務のさえないメタボ青年レジー。
ある日、郵便局に手榴弾を持った男が入り、局員を人質に。
心優しいレジーは、自分がその男の気を引いてる間にほかの局員を逃そうと、
長い間配達忘れになっていた荷物をあけて、そこに入っていたヌンチャクで
カンフーのまねごとをやってみる。

なんとかひとりのけが人もなく難局を乗り切るが、爆発した局内に日本人の老婆が
いたような気がして、戻ってみると、やはりそこには老婆が...そして、助けようと
したところ、なにやら吹き込まれてしまう。

翌朝、レジーは目が覚めると筋肉隆々のマッチョマンになっていて、日本語も読める
ようになっていた。
叔母のやってる飲食店にヤクザばりの暴力団が立ち退きを要求しており、マッチョに
なった暴力団を追い払う。しかし、この暴力団と市長はつながっており、一筋縄では
いかない。
そしてレジーは暴力団のボスと渡り合うことに...

ブルース・リーにあこがれた映画監督が黒人を使って真似事をやってみた、という
ようなショボイ内容なのだが、一応、コメディじたてにしたかったようだが、笑える
ところはどこにもなく、アクションも中途半端、見所はどこにもない作品(TдT)。

エンディングでは、ジャッキー・チェンよろしくなNG集も流されるがこれまた笑える
ところはどこにもない。
よくこの作品をDVD化しようと思ったな、と思えるほどつまらん。
見るだけ時間の無駄、というのが正直な感想だ。

見たあとには、何も残らない。お色気なし、笑いなし、感動なし、なんにも無しだ。
びっくりなのは、日本語吹き替えは、Σ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!あの、アムロ少年こと
古谷徹。よくこんなアフレコを引き受けたな、と思ってしまう。
糞作品だ。
お下劣パワーアップ!何がしたい?爆笑必須 『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』
アドレナリン2 ハイ・ボルテージ  コレクターズ・エディション [DVD]アドレナリン2 ハイ・ボルテージ コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/01/27)
ジェイソン・ステイサムエイミー・スマート

商品詳細を見る


お下劣おバカアクション映画の2作目。
前作も酷かったが、今回は、”ハイ・ボルテージ”というだけあって、お馬鹿度、お下劣度も
パワーアップ..._| ̄|○...もうここまでくると何でもありか!?何がしたいねん!?と
いう内容に仕上がっている。。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

ストーリーは前作のラストシーンからはじまる。ヴェローナと空中戦を戦ってヘリから落ちた
シェブ。落下したときに車の上の落ちたのがよかったのか、一命を取り留めたものの、落下直後、
何モノかによって身柄を拘束されてしまう。

気がつけば、中国系の医師が自分の心臓をえぐり出し、人工心臓を施術している。
そのまままた意識が遠のいて、次に気がついたときには、今度は自分の色んな臓器まで取り出そうと
するので、冗談じゃないと脱出する。

しかし、腹にはなにやらバッテリーらしきものがくっついている。
シェブは、自分の心臓を盗んだ奴を探すべく行動を開始。闇医者ドクに連絡をとり状況を説明すると
この人工心臓はもっても2,3日、外付けバッテリーがなくなったら内蔵の予備バッテリーに
接続されるがそれだと1時間しか持たない、激しい運動は避けることだ、と教えられる。

チンピラをけちらし聞いたところ、どうやら自分の心臓を盗んだのは、フェレットという
奴だということが判り、フェレットを探すことになるが、案の定、待ち受けていたのは
チンピラ集団...バッテリー切れと戦いならシェブはフェレットを探す...

酷い...映画としては恐らく最低レベルの映画だが、笑える。最高に笑える作品だ。
゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!
今回も例によってエロ・グロ・バイオレンスのオンパレードで、これでもかというぐらい
ひどい内容になっている。絶対におこちゃまのいる場所では見れない作品になっている。

前回、街中でエッチするシーンがあってかなり笑えたが、今回もこのパターンは顕在。
しかも、さらにパワーアップしている..._| ̄|○...。
このシーンへの導入の仕方もひどい。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!
もう、漫画です。
思いっきりモザイクかかってました。
。゚(゚^Д^゚)゚。ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

10分に一回”あほや...”と言いたくなるほど、ひどい...
ここまでお下劣にやってくれると、否が応にも期待してしまう。主人公がジェイソン
ステイサムというワイルド系イケメンだけにさらに笑える。

ある意味、いい映画、いや、いい映画という表現はちょっとどうかと思うので、
楽しめる映画と言っておこう。男なら間違いなく楽しめる映画だ。
シェブの彼女、イブ役のエイミー・スマートは、なかなかの美人であるが、惜しげも無く
肢体をさらけだし、今回もかなりハードな役を演じている。

内容が内容だけに、好き嫌いははっきりしそうな映画だが、個人的には大好きな部類。
今回も終わり方が終わり方なので、多分、シリーズ3作目があると思われるので
是非次回作も期待したいところだ。
いやぁ...それにしてもヒドイ映画だ...(;^ω^)

アドレナリン [DVD]アドレナリン [DVD]
(2007/11/23)
エフレン・ラミレッツドワイト・ヨアカム

商品詳細を見る
新感覚のオカルト映画 『スティグマータ』
スティグマータ 聖痕<特別編> [DVD]スティグマータ 聖痕<特別編> [DVD]
(2004/07/16)
パトリシア・アークエットガブリエル・バーン

商品詳細を見る


新感覚で楽しめるオカルト・サスペンス映画。
スティグマータとは、聖痕現象と呼ばれる、ある日突然、手や足に傷ができ、実際に
血が流れる現象。キリストが受けた5つの傷が敬虔なキリスト教徒に突然現れる
現象で、実際に世界各地で起こっていて、なぜそんなことが起きるのかは謎と
されているらしい。

ストーリーは、神父であり科学者のアンドリュー神父は教会の命を受け、ブラジルの
ある現象を調べに行った。しかし、本来の調査案件より興味深い、血を流すマリア
像の噂を聞き、調査に乗り出す。しかし、教会はこの案件には触れようしなかった。

一方、ピッツバーグに住むフランキーは23歳の美容師。アメリカンな若者らしく
平日は仕事をし、週末は友人とどんちゃん騒ぎをする毎日。
ある日、ブラジルに旅行中の母親からロザリオをプレゼントされる。
その頃から、奇妙な現象に見舞われるようになる。

聖痕現象(スティグマータ)と言われる、手首を何か鋭利なもので貫かれたような
傷が現れたり、幻覚を見たり、意味不明な言葉を話しだす...
街中で突然襲われるこれらの現象はニュースになり、教会の耳に入ることになり
アンドリュー神父が調査に派遣されることに...

アンドリュー神父の問診でフランキーは敬虔なキリスト教徒ではないことから
聖痕現象とは無関係と判断。調査を終えるはずだった。
しかし、アンドリュー神父は彼女に起こる数々の現象を目の当たりにして
意味不明な言葉を知り合いの神父に解読を依頼する。

その言葉はキリストが生きた時代の言葉で、教会にとって、とても大きな
意味を持つことが分かり始める。そして、またしてもフランキーの身に聖痕現象が。
世界各地で起こっている聖痕現象はひとりの人間にせいぜい、ひとつかふたつ。
しかし、フランキーにはキリストが受けた傷を着実に再現していく...

フランキーの身体が示す聖痕現象の意味は...古代の文字が示す内容とは...
教会がひた隠しにしたがる理由は...

オカルト映画の名作『エクソシスト』を彷彿とさせる映像と、善と悪という構図とは
違う新たな”悪”、キリストの真の教えを描いたこの作品はなかなか面白かった。
オチがちょっと残念なような気もするが、ハラハラどきどきなストーリー展開と
映像はなかなか楽しめる作品だ。

ただ、聖痕現象の再現性からスプラッター映画かというぐらい流血満載な
映像になっているので、心臓の弱い方や血がダメな人は遠慮したほうが良さそうだ。
個人的にはなかなか見ごたえもあったし、楽しめる作品だった。
ドタバタコメディ 『マネーピット』
マネー・ピット 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]マネー・ピット 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]
(2009/08/05)
シェリー・ロングモーリン・スティプルトン

商品詳細を見る


若き日のトム・ハンクスのドタバタコメディ。
懐かしい。多分、はじめてレンタルビデオで借りた映画がこれだったと思う。

ストーリーは、ロックバンドの弁護士ウォルターは、ヴィオラ奏者のアンナと
そろそろ結婚を考えていた。しかし、放蕩者の親父が多額の借金をしてそれを
息子に払え、とリオから請求書を送ってきて、金がない。

ウォルターとアンナは、世界的なマエストロであるアンナの前夫の家で、
前夫がツアーの間だけ暮らしていた。
一年は帰ってこないとの話だったのが、どういうわけか、突然マエストロが
帰ってくることになり、二人は家を探さなくてはならないハメに。

ウォルターは自分の知り合いの不動産屋に頼み込んでなんとか、家を見つけて
もらう。これが、普通に買えば100万ドルはくだらない物件がなんと、20万ドル
で手に入るという話を持ち込んできた。

ふたりは、早速家の下見に行く。ものすごい屋敷で、持ち主もかなりのセレブ
と見えた。雰囲気もいいし、後日返事を、と言ったらすぐに契約しないと
ほかに売り飛ばすということで、ご購入。

ふたりは新居の掃除を始めたが、ここからが地獄のはじまりだった。
ドアははずれ、階段が落ちる。カナヅチで修理をはじめたら、天井から天板が
降って来て、水道をひねれば、ヘドロのようなものが出る始末。

さらに、夜電気を入れたらコンセントが導火線のように火を吹き、湯船に水を
入れたら、バスタブごと床を突き破って落下。
極めつけは、外にいるかのように屋根から雨漏り...

これは不良物件だとばかり、引越しを提案するウォルターにアンナは是が非でも
この家に住んでやる、と逆に闘志を燃やすことに...
やむなく、リフォーム業者に頼んで修理してもらうことにする。
費用は5000ドルかかるという。工期は2週間。

かくしてリフォームがはじまったが、これがリフォームというよりは
解体に近い作業ぶり...不安に思いながらも業者にまかせるしかないふたり。
そんな折に、アンナのオーケストラにマエストロが復活する。
そして、すけべなマエストロは前妻であるアンナにちょっかいを出し始める。

ウォルターが出張に出かけたとき、アンナは食事だけの約束でマエストロと
一夜を共にするが、酒によってマエストロのうちにお泊りしてしまう。
出張から帰ったウォルターは、アンナに家にいなかったことを問いただす。
アンナはそこでウソをついてしまう。

何度か詰問するウォルターだったが、アンナが何もなかった、というので
信用して眠りにつく。しかし、今度はアンナがウソをついてる自分に罪悪感を
感じ、正直にお泊りしちゃったことを話す...

ウォルターは許してあげるつもりだったが、やっぱり納得がいかない。
ここで夫婦喧嘩勃発。
別れ話まで発展する。家の工事は途中。しかも、いつ終わるのかを聞いても
また”2週間”だという。
ふたりの中は...そして、家は完成するのか...別れた場合、家はどうする...

古い映画だが、いま見ても十分笑える。
製作総指揮は、あのスピルバーグだ。
初めてこの映画を見たときは、腹がよじれるほど笑った。どんどん家が崩れていく
のがおかしくてしょうがなかったのと、チャラチャラしたリフォーム業者が
工期は何度聞いても”2週間”というええ加減さがとてつもなく面白かった。

階段から落ちそうになり、床にめり込み、仮設はしごをジェットコースターの
ように落ちていく、トム・ハンクスの若きバイタリティ溢れる演技も見事。
今では考えられないが、ちょっと冴えない生真面目な青年役をやらせたら
バッチリハマリ役な時代だ。

当時はそうは思わなかったが、アンナ役のシェリー・ロングは意外とかわいい。
名作のひとつです。
めちゃくちゃなコメディだった! 『アドレナリン』
アドレナリン [DVD]アドレナリン [DVD]
(2007/11/23)
エフレン・ラミレッツドワイト・ヨアカム

商品詳細を見る


パッケージやタイトルから痛快ガンアクションかと思ってみたら、とんでもなく
おバカなドタバタ下ネタコメディだった。。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!
おこちゃまのいるところでは決して見れない映画です。

ストーリーは、殺し屋のシェヴは、中国系マフィアのボスを仕事で殺したことの報復として、
別の殺し屋ヴェローナから”ペキン・カクテル”という合成毒を注射されてしまう。
シェブは、馴染みの闇医者ドクに助けを求めるが、間の悪いことに旅行中で、
毒の進行を阻むにはアドレナリンを摂取し続けなければならないと電話で教えもらう。

シェブは、とりあえず、別の殺し屋集団のところに行き、ヴェローナの居場所を聞こうとするが
知らないと言われ、そこで毒の進行を止めるためにひと暴れする。
そして、病院に行ってアドレナリンの代替物をもらおうとすると、警官に追われるはめに
なる。

その間にもヴェローナが自分の女に手をかけるようなことをいうので、彼女のところに
行き、一緒に来るようにいう。そして毒は着実に進行していくので、食い止めるため、
街中で彼女とエッチまでしてしまう。

調べていくと、ヴェローナと自分のボスが手を組んでいることを知って、ふたりに復讐
すべく、シェブは交渉の場を設ける...シェブの毒は...

エロ、グロ、バイオレンスというアメリカン映画の王道要素を全部盛り込んだ、ウルトラ
おバカムービーで、爆笑必須の映画だった。
主演があの『トランスポーター』のジェイソン・ステイサムだけに、ハードボイルドの
痛快アクションかと思っていたのだが、痛快アクションには違いないが、こんなおバカ
ムービーだとは思わなかった。

ジェイソン・ステイサムのかなりおバカなパフォーマンスが色々見れて面白いですよ。
お尻もみれちゃいます。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!
かなりオススメ。
すでに続編の『アドレナリン・ハイ・ヴォルテージ』というのが出てるので、是非
チェックしたいと思う。

併せて観たい作品

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ  コレクターズ・エディション [DVD]アドレナリン2 ハイ・ボルテージ コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/01/27)
ジェイソン・ステイサムエイミー・スマート

商品詳細を見る


トランスポーター DVD トリプルパック 【完全初回限定生産】トランスポーター DVD トリプルパック 【完全初回限定生産】
(2010/01/15)
スー・チーロバート・ネッパー

商品詳細を見る


本編だけでは難しすぎる...『スキャナー・ダークリー』
スキャナー・ダークリー 特別版 [DVD]スキャナー・ダークリー 特別版 [DVD]
(2009/09/09)
キアヌ・リーブスウィノナ・ライダー

商品詳細を見る


フィリップ・K・ディック原作のSFストーリー。
基礎知識がないとかなり見てて意味が分からない映画だった。

ストーリーは、覆面麻薬捜査官ボブ・アークターは、仲間のジム・バリスらが大物の売人と
つながっていると踏んで覆面捜査をしていたが、自らも”物質D”という麻薬を飲んで
いたため、幻覚症状に苛まれていて、現実と虚構が混在する世界にいるような感覚を
覚えはじめていた。

そんなある日、上司から自分自身を監視するように命令される。そして、署内のカウンセラー
からは、かなり危険な状態だと診断を下され、何もかもがわからなくなっていく...
恋人は一切、身体に触れさせてくれないし、よその女を抱いたら、それが違う女に
見えたり、そしてついにボブは”厚生施設”へと送り込まれる...しかし、そこは
実は警察が目を付けていた麻薬製造工業...ボブの本当の使命は?...

最初から最後まで基礎知識なしに見たので、正直見終わったとき、何が何だかさっぱり
的を得ず、おのおのの立ち位置、役割も最後の最後になってようやく把握できた。
この特別版には、この映画ができるまで、というドキュメンタリーが収録されている
のだが、そのドキュメンタリーを見て、はじめて色んな部分の合点がいった。

原作者のフィリップ・K・ディックという人を今日の今日まで知らなかったのだが
これまた難解な映画で有名な『ブレード・ランナー』や、シュワルツェネッガー氏主演
のSF『トータル・リコール』、『マイノリティ・リポート』の原作者らしい。

そう聞くと、納得の内容だ。
なんでも、本作は、映画化するのが非常に困難だと言われていたらしく、実写版では
表現できない、ということで、実写にアニメをペイントした作風に仕上がっていて
アメリカンコミックをかなりリアルに再現したような仕上がりになっている。
映像的には、ちょっと面白いが、個人的には実写とVFXでやってほしかった。

主演はキアヌ・リーブス。この映画の主演は彼でなくては、というのが監督の
立っての希望だったが、ちょうど『マトリックス』を撮ったばかりで、SFもの
ばかり続くのは嫌だ、というキアヌの希望から2年待ったらしい。
恋人役にウィノナ・ライダー。いつみてもかわいい。

楽しめる映画ではないが、ドキュメンタリーを先に見てから本編を見たら、
結構楽しめる作品ではないかと思う。なんせジャンキーだらけの映画なので
概略を知らないで見たら、何がなんだか、こっちの頭がおかしくなりそうな
映画だ。

ちなみに、原作者のフィリップ・K・ディックもかなり薬漬けな人生を送った
人だったらしい。


あわせて観たい作品

マイノリティ・リポート [DVD]マイノリティ・リポート [DVD]
(2008/10/16)
トム・クルーズコリン・ファレル

商品詳細を見る


トータル・リコール [DVD]トータル・リコール [DVD]
(2004/11/25)
アーノルド・シュワルツェネッガーシャロン・ストーン

商品詳細を見る


ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]ブレードランナー ファイナル・カット (2枚組) [Blu-ray]
(2008/06/11)
ハリソン・フォードルトガー・ハウアー

商品詳細を見る
堅物男のちょっと切ない物語 『カオス・セオリー』
カオス・セオリー [DVD]カオス・セオリー [DVD]
(2009/08/26)
ライアン・レイノルズマイク・アーウィン

商品詳細を見る


思ってた内容と違ったが、なんとなくちょっと切ない物語。

ストーリーは、娘の結婚式当日からスタートする。
娘の夫になる男を捕まえて、フランクは大事な話を切り出す。自分の人生について。

なんでもリスト化しないと気が済まない男フランク。
彼の仕事は時間管理と効率化をテーマにしたセミナーを行う講師。本も出している。
妻とひとりの娘がおり、家族には優しくいい夫であった。

しかし、妻のスーザンはその機械のような動きが、どうも退屈だった。
ある朝、スーザンは軽い冗談のつもりで時計をいつもより10分遅らせておいた。
その日はフランクにとって、重要なセミナー講演の日。

妻のいたずらに激怒しつつも、慌てて車に乗り込み、講演会場へ向かうためフェリー
乗り場に急いだ。あとちょっとのところで、フェリーに乗り遅れてしまう。
搭乗口の担当者は実に嫌味な奴。

おかげで、フランクは時間と効率化を話すセミナーで遅刻をしてしまう。
講演後、旧友とバーで酒を飲む。旧友は、ナンパしようぜ、と言い始めるが
フランクはそんな気になれなかった。
そこへ講演を聴いてたという女性が近づいてきた。

お酒も進んできた頃、女性は公衆便所でトイレが出来ない性格なのでフランクの
部屋でトイレを借りたいと言い出す。
女性の目的は、一夜のアバンチュール。

用を済ませたと思ったら、女性はバスルームから下着姿で出てきた。
真面目なフランクは慌てて、そのまま帰ると部屋を飛び出し、夜中の道を
うちに向かって帰った。

しばらく走っていると一台の車が真正面から向かってくる。
危うく事故るところで、かわしたフランクはその車へ駆け寄っていくと
ドライバーは妊婦。もうすぐ生まれる!という...

フランクは慌てて車を病院へ向かわせる。
ようやく病院についたら、看護師が何を勘違いしたのか、旦那さん、
書類に必要事項を書いてください、という。

自分はその女性とはなんの関係もない、と説明するも受けあってもらえず
やむなく、自分の住所と連絡先をかく。

散々な目にあって、翌朝、うちに帰ると妻のスーザンはお冠。
どうやら病院から電話があって、赤ちゃんの母親がいなくなったと看護師が
言ったらしく、妻はフランクがよそで赤ちゃんをつくってしまったのだ、と
勘違いをしているらしい。

でもって、フランクは家に入れてもらえず...
なんとか疑いを晴らさねばと、その病院に言って看護師に妻に説明するよう
頼むが、看護師はそんなこと知るか!という対応。

やむなく弁護士と医師に相談してその赤ちゃんとのDNA鑑定をとろうとするが
半年かかると言われ、証明確率は下がるが簡易な方法があるということで
その検査を受けることにする。

結果は、見事無関係。2回やったが結果は同じなので、間違いない、と医師はいう。
これで無実が証明できると大喜びするフランク。
しかし、同時にこの検査で重大な真実も明らかになる...フランクは先天性の
無精子体質だという...つまり子供が作れない身体...

フランクは信じられなかった。自分には娘がいる。そんな話はありえない...
しかし、医師はいう。人間はウソをつくが、遺伝子はウソはつかない...と。
ここからフランクという真面目で機械的な人間が壊れ始める....

初めてこの映画のことを知ったときは、なんでもルール通りにしか動けない生真面目な
人間がどんどん壊れて行き、最後には遊び人になる、ぐらいのストーリーかと思って
いたので、見終わって、そっちのほうこうなのか、とちょっとびっくりした。

一応コメディなんだろうけど、中身はもっと複雑だ。
実際に自分の身に起きていたら、笑えない話である。
しかし、グループ交際レベルで男女が入り交じって遊んでいる人たちなら、現実に
十分ありえる話だ。そういう遊び方をしてる人なら、きっと恐怖を感じるだろう。

オチはなかなかハートウォーミングだが、素直によかったねぇ、と思えない自分が
いた。自分なら、多分、そこまで寛大にはなれないだろうな、と。
まぁ、それなりに面白い映画ではあった。
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。