FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オチはコントのよう...『ライアー』
ライアー【廉価版2500円】 [DVD]ライアー【廉価版2500円】 [DVD]
(2006/01/27)
ティム・ロスレネー・ゼルウィガー

商品詳細を見る


殺人事件の容疑者といわくつき刑事2人の心理戦を描いたサスペンス。
思っていたのとは、ちょっと違ったが、まぁ、面白かった。

【ストーリー】

ある女性遺体切断殺人事件の容疑者として、金持ちで頭もいい男 ウェイランドが
警察にしょっぴかれた。なぜウェイランドかというと、遺体のポケットから彼の
電話番号が発見されたからだ。

ウェイランドは警察でうそ発見器にかけられることになる。
担当の刑事は二人、ひとりはブラクストンとケネソウ。ブラクストンはまだ経験の
浅い、警備員上がりの刑事。対するケネソウはうそ発見器経験1500件、とベテランで
92%の検挙率を誇る優秀な刑事だ。

しかし、ウェイランドも大学で心理学を専攻し、主席で卒業した猛者。
ウェイランドは巧みに感情をコントロールし、うそ発見器を操作して真実がわからない
ようにする。そして、事件のことを突き詰めていくと、二人の刑事を困惑させる
事実を話しはじめる。

焦る刑事二人。ウェイランドがどういうわけか、ふたりの私生活について
非常に詳しい...そして、ウェイランドは、TLTという極めて珍しいてんかんを
患っていて、時折記憶をなくす、という...事件の真相は...

【レビュー】

展開はなかなか面白い。オチがコントか!と突っ込みたくなるようなオチだが
それなりに面白い。
もちっとハイテク心理戦が楽しめると思ったが、そうでもなさそう。
まぁしかし、これはこれでありか、という内容だ。

劇中に出てくるウソ発見器がやけに古臭く感じた。
でも2006年の映画なんですね、これ(;^ω^)。


バラエティ工作キット うそ発見器バラエティ工作キット うそ発見器
()
エレキット

商品詳細を見る
スポンサーサイト
リメイクはやっぱひどい...『新世紀Mr.Boo 神さまホイさまホトケさま』
新世紀Mr.Boo!ホイさま カミさま ホトケさま [DVD]新世紀Mr.Boo!ホイさま カミさま ホトケさま [DVD]
(2005/11/25)
ラウ・チンワンフランシス・ン

商品詳細を見る


1970年代に一世を風靡した香港コメディ映画Mr.Booのリメイク作。
最悪・・・_| ̄|○・・・。
昔、Mr.Booを観た人なら、このつまらなさに激怒しちゃうかも(TдT)。

【ストーリー】

私立探偵の3バカトリオが警備した施設にあったランプをこすったら
魔法使いが出てきた。彼女の名前は”ハミーポッポー”。

彼女は魔法学校の生徒で、呼び出されたご主人さまの願いを3つ叶え
ないと学校に戻れない、という。

それを信じない3バカトリオは、ハミーの妹や彼氏、強盗団などに絡まれながら
ドタバタ劇を演じていく...

【レビュー】

もうストーリーもへったくれもあったものではない・・・_| ̄|○・・・。
昔見た、Mr.Booはもっと面白かったし、それなりにストーリーもあったと
思うんだが...

ハリー・ポッターのバッタモンをキュートな香港ガール、セシリア・チャンが
やっているのだが、これがまたヒドイ...なんだ?そのキャラ?(TдT)...

ハミーポッポーの彼氏とやらが、これまたヒドイ...ぬいぐるみの怪獣...
こいつが端役かと思いきや、後半はがっつりストーリーに絡んでくるから
タチが悪い。
しかもCG・・・_| ̄|○・・・。どうしてもCGを使いたかった的な使い方で
ひどい...

多分、幼稚園程度にしかウケない、いや、最近の日本の幼稚園児なら幼稚園児に
すらウケないだろう。

昔のMr.Booのネタもそのまま使ってるが、これがまたヒドイ...もっと
ちゃんとしたシチュエーションで使ってたろ!?そのネタ!?
Σ( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!
と突っ込みたくなってしまう。

ストーリー、ネタ、演技、シチュエーションすべてにおいて、酷過ぎる...
見ないほうがいいですよ。どうせMr.Booシリーズを観るなら、本家本元、
というか元祖のほうが絶対笑える。

Mr.BOO!ミスター・ブー [DVD]Mr.BOO!ミスター・ブー [DVD]
(2007/04/01)
マイケル・ホイサミュエル・ホイ

商品詳細を見る


Mr.BOO!インベーダー作戦 [DVD]Mr.BOO!インベーダー作戦 [DVD]
(2007/04/01)
マイケル・ホイサミュエル・ホイ

商品詳細を見る


前半、コメディかと思った。 『アメリカン・サイコ』

アメリカン・サイコ [DVD]アメリカン・サイコ [DVD]
(2006/06/23)
クリスチャン・ベールクロエ・セヴィニー

商品詳細を見る




二つの顔を持つエリートの頭の中を描いた、かなり強烈なサイコサスペンス映画。

【ストーリー】

ウォール街で働く、パトリック・ベイトマンは、投資会社P&Pの副社長。
二枚目の顔、鍛え上げられた肉体、誰もがうらやむエリートなポジションで人生を
謳歌していた。しかし、それは彼の表の顔。

ベイトマンは、たびたび、殺人の衝動にかられる精神的異常願望があった。
浮浪者や娼婦に声をかけては、殺戮を繰り返していた...

昼間は、エリート会社員として、エリート仲間と交流し、夜は友人とクラブで飲み
明かす、そんな毎日を送っていた。

ベイトマンは誰よりもプライドの高い男、新しく作った名刺を友人に見せびらかし
自分が一番センスがいいことをアピールした。
だが、ライバルのポールの名刺を見て、ベイトマンは愕然としてしまう。

完璧だった。あまりにも完璧だった。さらに、ポールは自分が予約できない
お店も簡単に予約できてしまうほどのステータスを確立していた。

ベイトマンは許せなかった。そして、ある夜、ポールを呼び出し、しこたま酒を
飲ませて、ポールを殺害してしまう。
数日後、ある探偵がベイトマンを訪ねて来た。ポールに失踪捜索依頼が来ている、と。

警察はまだこの事実を知らないらしい。
ベイトマンは自分に捜査の手が及ばないか、と不安を感じはじめ、さらに無謀な
行動にではじめる。娼婦や知り合いの女を殺害し、道行く人々も無差別に殺戮していく。

しかし、警官を殺害したところで、もう逃げられない、自分がやってきたことを
隠していけない、と感じ、顧問弁護士に電話を入れ、罪を告白する...

翌日、友人たちの集まる店で、顧問弁護士を見つけて、電話は聞いたか?と尋ねると
なかなか愉快なジョークだったよ、と相手にされない...さらに追い詰められていく
ベイトマン...

【レビュー】

オチがなかなかだった。まさにサイコパスだ。
映画の前半は、コメディかと思えるほど、面白いシーンが多々ある。
よくよく考えてみると、エリートたちの行動は、一般人からすると面白いのかも
しれない。

くだらないところで、見栄をはり、ちっちゃな、些細なことで競い合っている、
そんなことが日常なのかもしれない。名刺を自慢しあうシーンは爆笑だ。

しかし、ストーリーが進むにつれて、かなりヤバいシーンが多々展開される。
まさに精神異常者。

アメリカンなノリノリの軽い音楽が、まさに”アメリカン・サイコ”という
タイトルにぴったりだ。
シーンの中で、ベイトマンがやたら、ポップ音楽を詳細に解説するシーンが
出てくるが、ジェネシスの音楽の解説は爆笑ものだ。

ベイトマンは、”インビジブル・タッチ”はジェネシスの最高傑作だというが
プログレファンからすると、さほどの作品ではない。

かなり衝撃的なシーンが満載なので、おこちゃまは、見ちゃダメな作品だ。




妄想―彼女はなぜ狙われたのか妄想―彼女はなぜ狙われたのか
(1999/05)
ジョン ダグラスマーク オルシェイカー

商品詳細を見る
実話だけにショッキングな話 『The Bank Job』

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]
(2009/03/25)
ジェイソン・ステイサムサフロン・バロウズ

商品詳細を見る


『トランスポーター』のジェイソン・ステイサム主演の実話を基にしたクライムサスペンス映画。

【ストーリー】

テリーは中古車販売店を営みながらも、セコい犯罪をちょこちょこやっていた男。毎日のように
借金取りに嫌がらせを受け、借金返済に追われていた。

そこへ昔の恋人マルティーヌが突然現れる。金儲けの話があるという。聞けば、ある銀行を襲い、
貸金庫の金品をごっそり頂こう、というわけだ。

ショボい毎日を送っていたテリーは家族のためにも、ここで一旗あげていっぱしの犯罪者に格上げ
したいところだったので、話に乗ることに。

そしてメンバーを集め、銀行の2軒隣の空店舗を借りて、そこから地下を掘って金庫室に進入する
計画を立て、実行する。しかし、実はこの計画には裏があった。

マルティーヌはモロッコからの入国審査で大麻を持ち込むところを押さえられ、MI-5から、
許してやる代わりに銀行に押し入り、ある”物品”を強奪してくることを依頼されていたのだ。
これこそがまさに、今回の銀行強盗の目的。

そんなことも知らず、テリーたちは、計画を実行する。計画実行の最中にどうもマルティーヌの
動きが怪しいと睨んだテリーはマルティーヌの行動を監視する。

すると、なにやら得体の知れない男と接触しているところを発見する。銀行強盗は見事成功し、
事件が表ざたになる。

すると、いろいろな利害関係を持った人物たちが動き出す。政治家、右翼活動家、悪徳警官...
金庫に預けられているものは、金だけでなく、どれもみな公に出ては困るものばかり。
テリーはいろいろな利害関係者からも身を狙われることに...

【レビュー】

この銀行強盗の事件は、どこかで聞いたことがある話だと思う。なかなか緊張感があり、
ストーリー展開も面白い。政治的な裏の話も面白い。

王室のスキャンダルなどは、日本では、ちょっと考えられない話だが、民間の企業役員だの、
議員だの、には、こんな話が日本でもきっとあるんだろう、と思う。

マルティーヌ役のサフロン・バロウズは、少々おばさんだが、なかなかいい女だ。70年代の話で、
サイケな雰囲気が劇中に流れていて、なかなかいい感じのアート感をかもし出している。
お勧めの一作ですね。

東京三菱銀行 消えた「156億円」預金東京三菱銀行 消えた「156億円」預金
(2005/10)
野田 敬生

商品詳細を見る

思ったイメージと違った 『アイズ・ワイド・シャット』
アイズ ワイド シャット [DVD]アイズ ワイド シャット [DVD]
(2008/09/10)
トム・クルーズニコール・キッドマン

商品詳細を見る


トム・クルーズ、ニコール・キッドマン元夫妻が作中でも夫婦を
演じ、この作品が元で別れることになった、という、さらに
故スタンリー・キューブリック巨匠の遺作となった作品。

【ストーリー】

若き内科医のウィリアム・ハーフォードは、妻と娘の3人暮らし。
夫婦の中は少し冷めていた。
ある夜、夫妻はウィリアムの知人のパーティに招待される。

そこでウィリアムは、若い女の子と楽しげに話しているのを
妻に目撃される。しかし、その時、妻はハンガリーの紳士に口説かれて
いた。

パーティから帰った二人は、ベッドで大麻を一発キメながら、会話を
する。妻が夫に、ナンパされてたろ?ヤッタのか?と問われる。
そんなことはない、オレには妻がいる、と弁解する夫。

君こそ紳士とダンスしてたじゃないか、何を話していたんだ?と夫。
セックスを迫られた、と妻。気持ちはわかるが...と言った夫に
妻からの執拗な質問攻めがはじまる。

そこでウィリアムは妻の旅行先での衝撃の心理を聞かされる。
薬のせいでハイになりすぎているだけなのか...衝撃の告白に動揺
する夫...

そして、夫はその後、その話が頭から離れなくなり、半ば自暴自棄な
行動に出る...それがかなりヤバいことに...夫婦の関係は...

【レビュー】

実夫婦がスクリーンの向こうで性生活をまんま演じることが話題になった
のか、と思っていたが、そうではなかった。(;^ω^)。

キューブリック巨匠の最後で最高の作品とも、いや、最悪の駄作とも評される
作品だが、ニコール・キッドマン演じる妻の衝撃の告白は、まんま”女”という
生き物を描き出していると思う。

確かにこういう生き物だ...そう感じたのは、私だけではないと思う。
と同時に、やはり、女という生き物は、万国共通か?とも思った。

問題になったのは、どうやら、劇中に出てくる性の儀式のシーンのようだが
なんともオカルティックで、ヨーロッパっぽい感じだ。
実際に金持ち連中が集まってやってそうだ。

諸説いろいろあるが、個人的には、やはりすごい作品だと思う。
ニコール・キッドマンの最後のセリフもかなりのインパクトだ。
おこちゃまはみちゃダメな作品だが、世の男性諸子には是非見ていただきたい。
決して、エロいという意味ではなく、女という生き物を知る、という意味で。

男本 おとこぼん男本 おとこぼん
(2010/02/14)
長谷川淨潤×奥谷まゆみ

商品詳細を見る
やっぱりヤバい奴 『Hitler the rise of evil』
ヒットラー <2枚組BOX> [DVD]ヒットラー <2枚組BOX> [DVD]
(2004/08/06)
ロバート・カーライルストッカード・チャニング

商品詳細を見る


悪の象徴アドルフ・ヒトラーの幼少期から与党になるまでの歴史を
ドラマにした作品。

【第一部 わが闘争】


軍人の家庭に育ち、父親から虐待を受けて育ったヒトラーは小さい頃から
画家になりたかった。やがて青年になり、画家を志すも才能は認められず
やがて戦争が始まる。

貧困に喘ぎ、失業者が溢れるベルリンで、これほどまでに失業者がでる
のは、ユダヤ人が職を奪っているからだ、とのプロパガンダに次第に
心を揺さぶられていくヒトラー。

そして軍隊に入隊...華々しい活躍をし、認められ、登りつめていくも
毒ガスで目を負傷、戦線を離脱することに...こんなことはしてられない、
早く前線に戻してくれ、と言っていると、戦争は終結し、ドイツは降伏する
ことに...

それからしばらくして、ヒトラーは、当時急速に勢力を増してきた労働党の
偵察に行き、労働党の党首に見初められ、労働党で演説をすることに...
演説のウマさから次第に人々はヒトラーになびいていく...

ヒトラーはうまく立ち回り、党を仕切っていく。
そして、周りを固め、現党首をひきづり降ろすことに成功する。
そして反乱を起こし、反逆罪で逮捕される。

【第二部 独裁者の台頭】

反逆罪で有罪になるも、すでに民衆はヒトラーの虜となっていた。
投獄されるも、9ヶ月で仮出所の権利を得、さらに牢獄はすこぶる
いい待遇で扱われる。

出所したヒトラーはさらに勢力を増していき、ありとあらゆる手段で
脇を固めていく。そのしたたかな動きは、どんどんヒトラーに協力せざる
を得なくなり、ついに大統領まで脅かす存在へと成長する。

【レビュー】

テレビドラマなので、どこまでが真実なのか、よくわからないが、この
作品を見る限り、かなりヤバいおっさんです。
この作品で見る限り、国を愛しすぎるとエラいことになる、という感じだ。

面白かったのは、ヒトラーが意外にロリコンだったというところは
なかなかだ。自分の姪を溺愛し、異常な行動をとるシーンがあるが
それも抑圧された幼少時代の影響なのか、キモいです。

ナチスのプロパガンダは歴史に残る成功事例と言ってもいいぐらい
優秀なものだが、この作品でもその戦略を垣間見ることができる。
ヒトラーという男は、群集心理をうまく捉える資質に長けていたと
見える。

最後はほんとうに、このオヤジが悪魔に見えてしまうぐらい怖い
作品です。見てみる価値はありますよ。
ただし、このドラマで語られていることがすべて正しいわけではない
ようなので、ドラマとして観るほうがいいでしょう。

ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)ヒトラーの経済政策-世界恐慌からの奇跡的な復興 (祥伝社新書151)
(2009/03/27)
武田 知弘

商品詳細を見る
まぁまぁ楽しめるかな 『サベランス/監視』
サベイランス/監視 (特別編) [DVD]サベイランス/監視 (特別編) [DVD]
(2007/07/27)
ライアン・フィリップティム・ロビンス

商品詳細を見る


天才プログラマーと超巨大IT企業の社長の化かし合いを描いたIT
サスペンス映画。

【ストーリー】

マイロと友達3人、それとマイロの彼女は、ガレージでベンチャーを目指す
プログラマー集団。
ある日、超巨大IT企業ナーヴの社長ゲーリーから、マイロは会社に遊びに
来ないか?とストリーミング会見の最中に電話を受ける。

冗談だと思っていたら、PCの向こうから電話しているのが映像で流れて
きた。本物だった。

友達は大喜び。しかし、人類の知性はみんなで共有するべきと主張する
テディは、気乗りがしない。マイロは迷った挙句、ほかの二人の勧めも
あって、ナーヴに行くことに。

ナーヴは、今、衛星を使ったネットワークで巨大なネットワークを構築
しつつあった。しかし、いくつかの問題点がある、という。
解決可能か?とマイロがゲーリーに尋ねたところ、君がいればね、と
ナーヴへの誘いを受ける。

マイロは憧れの巨大企業で働けることに喜びを感じ、ナーヴに入社する
ことに。ほどなくして、かつての親友テディが何者かに殺された、という
話をきく。

殺人現場には、人種差別の言葉が...さらに、光回線のケーブルが
見つかる。テディは光回線の環境ではなかったことからこの殺人には
裏があると感じはじめるマイロ...そこへゲーリーがやってきて、
あるコードを提供してくれる...しかし、そのコードは...

マイロはテディを殺した犯人を探し、ゲーリーの行動に不信感を抱き、
問題解決に乗り出す...そこには意外な真実が...

【レビュー】

10年くらい前の映画なのだが、まぁ、今世の中にある流れと近い路線で
なかなか楽しめる。内容的に、IT系の内容だが、知らなくても多分、
今なら普通にわかる内容だと思う。

巨大企業の闇、天才が恐れる新たな天才...実際にあってもおかしくない
ような内容だ。
オチは単純だが、まぁ、それなりにストーリーの展開や人間関係などの
部分では楽しめるだろう。

ITに興味がある人は見て見てはどうか?

オープンソースソフトウェアの育て方オープンソースソフトウェアの育て方
(2009/07/27)
Karl Fogel

商品詳細を見る
妄想男の過激な一日 『Falling Down』
フォーリング・ダウン [Blu-ray]フォーリング・ダウン [Blu-ray]
(2009/06/10)
バーバラ・ハーシーロバート・デュバル

商品詳細を見る


妄想男がどんどん壊れて行くサスペンス映画。
面白いのは、妄想予備軍があと2人出てくるところ。

【ストーリー】


ブレンダガスト刑事は、今日で退職する予定だった。
出社する道で交通渋滞に巻き込まれ、じっと車が動くのを待っていた。

数台前の車に乗っていた男は、我慢も限界と車を捨て、徒歩でハイウェイ
を出て行った。
見かねた後ろの車の男が警察に通報。ほどなくして白バイ警官が現れた。

白バイ警官はレッカー車を呼ぶから待て、という。
そこにブレンダガスト刑事は駆けつけ、自分が手伝うから車をどけようと
提案。

署についたブレンダガスト刑事は、社内のスタッフから退職のちょっとした
いたずらをしかけられる。そんな和やかな空気を一変させる事件が発生。
同僚の女刑事が駆り出された。

そこへ、今度は韓国籍のショップ経営者が店を襲われたと言ってきた。
しかし、強盗は、店は破壊したが、金を払ってコーラを買っていった、という。
男の特徴は、白シャツにネクタイ。

しばらくして、今度は町で銃をぶっぱなした連中が事故を起こして、死傷者が
出ているという情報が入る。
仲間のひとりが、男に撃たれた、という。それもまた白シャツにネクタイの男。

この犯人は連続して問題を起こしている、と踏んだブレンダガスト刑事は
捜査に乗り出す。捜査を進めて行くうちに、犯人がハイウェイで車を乗り捨てた
男、ビルだと判明。

ブレンダガスト刑事はこれ以上の被害を出さないためにビルを追うことに...

【レビュー】


離婚し、職も失った平凡な男が娘の誕生日を祝いたい、というだけの理由で
元嫁の家を目指すが、道中で些細なことから犯罪を繰り返して行く、なんとも
哀れだが、やはり異常な妄想者のお話。

今の日本で起こってもおかしくないような事件だ。
(もっとも、日本ではそんなに簡単に銃が手に入らないが)
ある意味、ここまで妄想がエスカレートするとちょっと笑えてしまう部分も
あるが...もう、めちゃくちゃなエスカレートぶり。

それよりも、登場人物の中にあと2人、精神に異常をきたした人物が出て
くるが、こっちのほうが怖い。
特にブレンダガスト刑事の嫁は、怖い。
正直、あんなのが嫁だったら、どうしていいか分からなくなってしまう。

かなりめちゃくちゃな設定ではあるが、そんな異常者をマイケル・ダグラスが
好演している。日常にありそうなシチュエーションなので、かなり考えさせられる
作品だ。

以前観た、『その男は、静かな隣人』が気の弱い精神異常者だとしたら、
こっちは、かなり自信家の精神異常者という感じ。
なかなかワクワクドキドキさせられますよ。
先物取引の怖さがよく分かる 『マネートレーダー/銀行崩壊』
マネートレーダー/銀行崩壊 [DVD]マネートレーダー/銀行崩壊 [DVD]
(2001/01/26)
ユアン・マクレガーアンナ・フリエル

商品詳細を見る


トレインスポッティングのユアン・マクレガー主演の金融サスペンス。
名門銀行をたったひとりで破滅に追いやった実在のトレーダー、
ニック・リーソンの獄中手記を元に製作された映画。

【ストーリー】

家柄もなにもない庶民出身の男、ニックは時代背景がよかったため
名門銀行に入社することができた。
ニックは、出世するという野望を持っていた。

ある日、上司からアジアでの焦げ付き債権の回収を命じられる。
たったひとりでの戦いだったが、ニックはなんとか回収業務に成功し、
同僚であったリサとも結婚、なかなか順調な人生を送り始めていた。

そんな折、先物取引市場をリックはまかせられる。
現地で数名のスタッフを雇い、先物取引市場で実力を発揮していく。
取引はかなり順調に行ったが、損失を出すことも。そんなときは、
ブラックボック的口座に一時、損失を隠して、会社には顧客の依頼と
称して、会社から買い付け資金を調達した。

しかし、次第に負けが重なり、かなりヤバイ金額まで膨れ上がる。
その月の月末までになんとかしないと、監査が入ってしまう。
しかし、ニックはついていた。幸運の女神がほほえみ、負けをすべて
回収することに成功、監査も甘い監査員に替る、という幸運に恵まれ
どうにか難を逃れる。

このことは奥さんにも、会社にも内緒にしていた。
事情を知らない、会社でニックの名はヒーローとしてもてはやされていた。
その後も、ヤバイ局面に出くわすが、ニックは以前の幸運を信じて
どんどんつぎ込んでいった。もはや、ビジネスではなく、ギャンブルの
感覚になっていた。

あまりの送金依頼の多さに、会社がニックを疑いはじめる。
もう取り返しのつかないところまで来ていた。ニックは....

【レビュー】

没落していく男を描いた映画で、やはりギャンブル(先物取引だが)は
怖いと思わされるストーリー。
テンポのいいストーリー展開と、浮き沈みの激しい内容は、話が進むに
つれ、ドキドキワクワクする内容で面白い。

これが現実にあった話だというから、実に怖い。並の神経では耐えられない
仕事だと思う。映画のオチもなかなかよくできている、というか、はやり
世の中、こんなものか、というのを実感させられる。

先物取引がどういう仕組みか、わからないひとでも、映画の冒頭で
説明するシーンがあるので、よくわかる。
わたしも、おおまかには理解してたつもりだが、この映画で先物取引が
どういうものか、はっきり理解できた。

日本では昔から、先物取引のイメージはよくないが、映画で観る限り
海外ではやはりメジャーなビジネスのひとつなんだろうな、という
感じがする。

なかなか勉強になり、楽しめる作品だ。
下ネタブラックコメディ 『鉄板ニュース伝説』
鉄板ニュース伝説 [DVD]鉄板ニュース伝説 [DVD]
(2009/06/05)
スティーブン・セガールレン・キャリオー

商品詳細を見る


昔のケンタッキーフライドムービーみたいな悪ふざけなノリの映画。
かなりタブーなネタをニュース番組としてやってる。

【ストーリー】

全米で名だたるニュース番組”オニオンニュースネットワーク”の看板キャスター
ノームは、親会社の方針でニュースの途中で宣伝を挟まれて、キャスター
としてやりきれない思いでいた。
それでも我慢してニュースを伝え続けてきたが、トップニュースにまで
親会社の宣伝先行されて、我慢も限界、辞任発表をしようとしたら、テロリスト
”アルカタイヤ”に局を乗っとられてしまう。
そこに登場したのは、ノームの嫌いな”マル金パンチャー”!...

【レビュー】

ストーリーもへったくれもなく、ニュース番組風に小ネタを連発、その内容が
ヒドイヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
ヒーロー番組は”マル金パンチャー”というタマキンを殴る正義の味方。
それをΣ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!、スティーブン・セガールが演じている。

トップアイドルとして挿入される曲の内容は、エロそのもの。映像の作りが
またヤラシイ(^Д^)ギャハ。

そして、出てくるテロリストがアルカイダならぬアルカタイヤ。
オチはグダグダだが、まさにアメリカン・コメディ。意味なんかどうでもいい、
とにかく笑えりゃなんでもありさ!と言わんばかりの内容。
テレビじゃ放映できません。(^Д^)ギャハ

洒落の分からない人は見ないように。
何もかも忘れて、とにかくお下劣な笑いにどっぷり浸かりたい人は
この映画をどうぞ。( ̄ー ̄)ニヤリ

映画としては考えもの 『パラノーマル・アクティビティ』
パラノーマル・アクティビティ [DVD]パラノーマル・アクティビティ [DVD]
(2010/06/02)
ケイティ・フェザーストーンミカ・スロート

商品詳細を見る


まぁ、よくできてると言えばよくできてるんでしょうが...
映画だと解ってしまうと、なんとも...ドキュメントなら
間違いなく怖って思うんですけどねぇ...

【ストーリー】

ケイティは8歳の頃からナニモノかに付きまとわれているような
不思議な感覚があった。
彼氏である、デイトレーダーのミカは、そんなケイティが感じる”ナニモノか”
の正体を探るべく、ある日、ビデオカメラを用意する。

そして、家で自分たちが寝ている間に何が起こっているのか、を
記録し、ケイティを悩ませるものの正体を暴いてやろうと考えた。

最初、ケイティもちょっとした悪ふざけで協力もするが、次第に事態は
深刻なものとなっていき、恐怖のほうが増大しはじめる。

そして、カメラがその得体の知れないものに刺激しているのだ、と
思い、ビデオを回すのをやめるようミカにいうが、ミカはケイティの
助言を聞こうとしない。

そして、ビデオには色んなあり得ない現象が映っていく...
霊媒師に頼むも、自分の専門外だと言われ、別の専門家を紹介する
と言われる。
ミカは、ビデオを回したいので、そんなインチキ霊媒師なんか信用しては
ダメだ、自分たちで解決すべきだ、とケイティに提案する。

しかし、事態はどんどん悪化していき、ついにケイティの行動にまで
その異常が現れはじめる...ふたりを振りかかる、こいつの正体は...
そして、ふたりは逃れることができるのか...

【レビュー】

低予算で、家のパソコンで編集作業もしたというこの映画、最近流行りの
ブレアビッチ・プロジェクト系の擬似実話タイプの映画。

この映画に映し出されているものが、本物なら、実に恐ろしいものだが
映画だと解ってしまうと、なんてことはない。・・・_| ̄|○・・・

普通のビデオカメラで日常を撮るように撮影すれば、誰でもこの程度の
作品は作れる。
この映画が話題になったのは、映画を観るというより、日常にありえそうな
一般人の撮影ものとして見たからではないか、と思う。

しかし、怖いもの好きの人からすれば、”なんや、作り物やろ?ウソもんやん
( ̄ー ̄)ニヤリ”と冷笑されそうな内容だ。
リアルに怖い映像がyoutubeに多々上がっているのだから。

一部の人からは、入場料返せ!という声も上がったという。そらそうだ。
映画としては、なんら面白くないですね。実話なら、かなり怖い。
それでも映画にのめり込んで、現実と混同できちゃう人には怖いかも。
まぁ、一見の価値はありっちゃぁ、ありかな。
ショボい日本人にこそオススメ 『アストロノーツ・ファーマー』
アストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲 [DVD]アストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲 [DVD]
(2008/12/12)
ビリー・ボブ・ソーントンヴァージニア・マドセン

商品詳細を見る


これはいい映画ですね。感動したし、ロケ地もいいし、ストーリーもいい。
ありえないけど、あってほしい、そしてこんなオヤジになりたいですv(´∀`*v)ピース。

【ストーリー】

家族で農場を営む、ファーマー一家。
主のチャーリーは空軍で働いた経験をもち、宇宙へ行く夢を諦めきれなかった。
家族に支えられ、夢を叶えるため、チャーリーは裏庭でロケットを製造していた。
そして、ようやく、ロケット燃料を手に入れられるチャンスがやってくる。

その情報が米国の当局に知られ、チャーリーはFBIに釘を刺されることに。
どうしてもロケットを飛ばしたいチャーリーは、各種の手続きも申請していたが
国は相手にしてくれないでいたため、弁護士に相談。

弁護士は、マスコミを見方につけて、民意をバックにロケットを飛ばすことの
後押しをしてもらう作戦に出る。

そこへまた難問が...銀行から借りていたお金の返済期限がひと月後に
迫っていることを、友人でもある銀行員からつきつけられる。
頭に来たチャーリーは、銀行に返済の一部だ!とレンガにくくりつけた督促状を
銀行の窓に投げつけてしまう。

これがもとで裁判になってしまう。裁判官は、チャーリーをよく知っている男。
チャーリーに銀行に謝罪するよう述べ、カウンセリングを受けるよう指導する。

一方、当局としてもほっとくわけにもいかず、審査委員会を開催。普段、短気な
チャーリーだが、夢のためにじっと審査会の意見を聞く。しかし、自分の主張も
しっかり告げた。

『子供の頃、なりたいものになれる、と教えられた。
 しかし法律は、やりたいことを制限する法律ばかりだ。
 夢を実現してはいけないのか!?』


審査委員会終了後、委員のひとりがトイレで、チャーリに告げる。
「誰も言わないから教えておいてやるが、もしロケットを飛ばそうものなら、
 軍のミサイルはいつでも君を狙っているんだ。そのことを忘れるな。」と。

審査会の決定は60日かかる、と通告が来る。
チャーリーにはそんな時間はなかった。あと一週間で銀行から家も何も
全部持っていかれてしまう。

そんな状況になって、妻オーディーにも銀行から家を差し押さえることが
知られてしまい、不穏な空気が流れる。
しかし、子どもたちはパパの見方だった。

チャーリーは審査会の決定を待たずして、ロケット打ち上げを強行してしまう。
しかし、敢え無く失敗。チャーリーは大怪我をしてしまう。
マスコミも町も皆がチャーリーに興味が無くなってしまった。
チャーリーは家族やみんなを傷つけすぎたと、ロケット打ち上げの夢を
諦めてしまう。

そんな折に、妻の父親が亡くなる...遺言には、遺産は子供とオーディーに
譲ると書かれていた。これで借金は帳消しにできる額だった。

ある夜の食卓で、次女がロケットの話をしだすが、オーディーに止められる。
なぜロケットの話をしてはいけないのか?との問いに、チャーリーは、
「ママの命令だから」
と答える。

つまらなさそうにする子供たち...そう、ロケット打ち上げの夢はもはや
チャーリーだけの夢ではなくなっていた...父親として子供に見せるべき
姿であり、失敗を恐れてはいけないという教訓にもなっていたのだ。

チャーリーは再び、ロケット打ち上げの準備を始める...家族の夢を乗せた
ロケットを...そして、いよいよ...

【レビュー】

アメリカン・ドリームのすばらしい一面を打ち出したアメリカらしい映画だ。
日本でも是非、こういう教育というか思想というか、考え方を習慣化させる
べきだと思う。

父親が馬鹿げた夢にチャレンジするのは、子供に失敗を恐れてはいけない
夢から逃げてはいけない、失敗してもチャレンジして結果を出すことが
大事なのだ、ということを教えるため、でもあるのだ。

そんな父親を子供はかっこいいと思い、その意思を受け継いで行くのだ。
日本ではやらない教育だ。しかし、それこそが最も大事な事ではない
だろうか?

雄大なテキサスの草原が広々としていて実にいい。あんなところで
生活してみたい(ずっとは嫌だけど(^▽^;))。
妻オーディー役のヴァージニア・マドセン嬢が、また良妻賢母な母親役を
見事に演出していて、”こんな嫁がほしい”と思ってしまうほど、いい味を
出している。美人だし。

この映画は、是非小さなお子ちゃまを持つお父さんに見てもらいたい。
かつて、あなた方も目指したものがあるのでは?
画家、ミュージシャン、野球選手、サッカー選手、エンジニア...
そんな夢にもう一度チャレンジしてみませんか?何かをはじめるのに
遅すぎるということはない。
父の日も近いことだし、是非、お父さん、見ましょう、この映画を。
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。