FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全然おもしろくない・・・_| ̄|○・・・『ズーランダー』
ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2007/11/22)
ベン・スティラーオーウェン・ウイルソン

商品詳細を見る


ベン・スティラーとかいうにぃちゃんのファッションモデルをバカにした
コメディ。全然笑えない。

【ストーリー】

デレク・ズーランダーは3年連続で賞を取るほどのトップ・モデル。
しかし、4年目にしてライバルであるハンセルに破れてしまう。

丁度その頃、インドネシアでは子供を労働させることが問題になっており、
政変が起きておりファッション業界としては、この政変で安く服を作れ
なくなることを危惧して、首相の暗殺計画が企てられていた。

そこで、バカですぐ言いなりになる男性モデルに暗殺役をさせる計画を
立て、それを落ち込んでいるズーランダーにやらせる計画を練る。

ズーランダーはファッション業界から足を洗うと宣言していたが、
炭鉱夫である親兄弟から総スカンをくらい、業界に戻るしかなかった。
そこでやむなく、業界トップのデザイナー、ムガトゥのショーに出ることに。
しかし、ムガトゥこそが暗殺計画の黒幕だった...
洗脳されたズーランダーだったが...

【レビュー】

ほとんど全くと言っていいほど笑えない・・・_| ̄|○・・・
なんでサタデーナイトライブにまで出たこのベン・スティラーというおっさんが
ここまで面白くないのか、不思議で仕方ないぐらいだ。

雑誌記者役で出ていたクリスティン・テイラーなる女優はなかなかの美人だ。
だが、調べてみると、この女優、主演のベン・スティラーの嫁だった。
・・・_| ̄|○・・・

実は、この女優、昔の部下に似ている。(*´ω`*)
それもあって、ちょっといいなぁ、とか思ってしまった(;^ω^)。

さて、あとこれもあとで知ったのだが、あのミラ・ジョボビッチも出演
しているみたい。全然気づかなかった。
まぁ、とにかく、かけらも笑えるシーンのないくだらない映画だ。

多分だけど、ファッション業界のヒトでも笑えないと思う。
それでも見たいヒトはどうぞ。



スポンサーサイト
そういうオチか!『NEXT』
スマイルBEST NEXT -ネクスト- スタンダード・エディション [DVD]スマイルBEST NEXT -ネクスト- スタンダード・エディション [DVD]
(2009/10/23)
ニコラス・ケイジジュリアン・ムーア

商品詳細を見る


ニコラス・ケイジ主演のSFサスペンス。
なんだか、つじつまが合ってないようなオチだが、ちょっとびっくりなオチ。

【ストーリー】

2分先の未来が見える男クリス。彼はラスベガスで自分の能力をいかしつつも、それが
バレない程度にマジシャンとして活動していた。

ある日、CIAがクリスの能力に興味を持つ。理由は核爆弾がロシアでテロリストに盗まれ
アメリカに持ち込まれた、という情報が入ったからだ。

クリスは自分にかかわる2分後の未来を見ることができるが、どういうわけか、それ
とは別のある女性との未来を見てしまう。
そして、その女性を待つために、カフェに通い詰める。

ある夜、カジノで騒動を起こしてしまい、カジノの警備に追われるハメになる。
ことに乗じてCIAがクリスに接触し、協力してくれたらこの一件を見逃してやる、
と話を持ちかける。

しかし、クリスはこの手の協力にうんざりしていた。モルモット状態にされるのは
ごめんだ、と。
そして、クリスの能力に危機を感じたテロリストもクリスを狙いはじめる。

クリスは自分が見た未来に逢うことになる女性とようやく接触することができ、
なんとか、彼女と仲良くなろうと試みる。
しかし、周りでCIAやテロリストが動き出しているため、彼女の身の危険を
予知してしまう。そして、CIAに協力することにするのだが...

【レビュー】

うーむ、オチがなんとも...え!そうなるの!?そういうこと!?という
ちょっとキツネにつままれたような気分になるオチが待っている本作。

しかし、よくよく考えてみると、おいおい、お前って2分後のことしか予知
できへんのとちゃうんかい!?と辻褄が合ってないようなオチに、なんだかなぁ、
という気分になって、釈然としなかった。・・・_| ̄|○・・・

まぁ、題材としては面白いし、オチを見るまではなかなかSFちっくで楽しめる
のだが、やっぱりちょっと釈然としない。

ニコラス・ケイジは相変わらず濃い...
っちゅうか、このおっさんがモテ男だというのが、どうしても納得できない。
なんか、どっか頼りないし...

ストーリーとしては、もうちょっとなんか他の題材でもよかったんじゃないか
そんな気分になる映画だ。
まぁ、オチに一応の驚きがある、という点では、映画としては成功なのかも
しれないが...
映画【バンデージ・ポイント】風な展開かな。

おとなの園芸講座「地震予知草」

おとなの園芸講座「地震予知草」

価格:735円(税込、送料別)

面白いオカルトサスペンス 『悪魔を憐れむ歌』
悪魔を憐れむ歌 [DVD]悪魔を憐れむ歌 [DVD]
(2006/05/12)
デンゼル・ワシントンジョン・グッドマン

商品詳細を見る


デンゼル・ワシントン主演のオカルトサスペンス。
テーマがなかなか面白い。

【ストーリー】

ジョン・ホブズ刑事は逮捕して、死刑宣告を受けたリースの死刑執行の日に
リースと面会する。リースは死を目前にしながらもホブズに陽気に振る舞いながら
意味の分からない呪文のような言葉をつぶやいていた。

この死刑に当たっては記録映像が撮られていて、カメラに向かってリースは
ホブズに自分の動作や言動の端々をしっかり覚えておけ、と語った。

そして、死刑執行へ。リースはローリング・ストーンズの曲を口付さみながら
死刑台へ進む。そして、死刑執行。

その夜、ホブズは、夜中に無言電話に襲われる。
そして、殺人事件が起こり、壁には謎の文字が...手口は死刑になったばかりの
リースの手口とそっくり。そして、数日後、また殺人事件が発生する。
その夜にもホブズ家に無言電話が...今度の殺人も手口はリースと同じ。

さらに、現場からホブズの指紋がついたコインが発見される。
捜査の目はホブズ刑事に向けられることになる。ホブズはリースの死刑の際に
撮られた記録映像をくまなく見る。そして、死刑の直前に言っていた、リースの
なぞなぞにひっかかる。

そのなぞなぞの裏には、過去に同様の事件に絡んだ警官がいたことに
行き当たる。そして、上司にその刑事のことを聞くが、上司はそれに触れては
いけない、と口を閉ざしてしまう。

気になったホブズは、その刑事の娘に接触を試みる。
彼女は、神学者になっていた。そして、部屋にはなぜか、天使が一杯。
彼女も何も語ろうとはしなかった。

ホブズは自力であれこれ調べていくうちに、悪魔の存在にぶち当たることになる。
そして、悪魔の挑発がはじまる...

【レビュー】

悪魔が人間のカラダを次々と乗り換えて、挑発するシーンは題材としてはとても
面白いし、オチもなかなかよく出来ている。

オープニングの映像にこの映画のオチのヒントになる言葉が込められている。
怖いオカルトサスペンスではなく、なんというか、かなり興味深いストーリー
展開になっているので、さほど怖いとは思わない。

しかし、ストーリーにしっかり引き込まれていく展開で楽しめる作品だ。
時々、街中でブツブツ意味の分からないことをつぶやいているおっさんとか
いるが、ひょっとしたら、そんなおっさんたちも悪魔に取り憑かれているの
かもしれない、と思うとちょっとぞっとする。

見てはいないが、日本の映画にも確か、”伝染歌”というのがあったと思うが
同様の内容なんだろうか??

デンゼル・ワシントンはいつみてもかっちょいい。そして、彼の出てる映画は
大概面白い。

本作はあまりメジャーではないが、好き嫌いも別れるかもしれないが、個人的
には、かなり楽しめる作品だ。


ホームコメディなのでちょっと物足りない 『ラットレース』
ラットレース [DVD]ラットレース [DVD]
(2004/11/25)
ローワン・アトキンソンジョン・クリース

商品詳細を見る


キャノンボールの別バージョン風ドタバタ賞金稼ぎコメディ。
なんだか、少々大人向けのブラックなネタにはなっているが、ホーム
コメディ風でちょっと退屈。

【ストーリー】

ラスベガスに遊びに来ていた色んな職業の8人がスロットマシーンをやったら
ちょっと変わったコインが出てきた。
そのコインをもらったヒトは、ある会議室に来て下さい、とメッセージが。

言ってみると、大富豪のドナルド・シンクレアなる人物が出てきて、ニューメキシコ州
シルバーシティのとある建物のロッカーに200万ドルを入れてある。
ここに集まったヒト全員にそこのロッカーの鍵を渡すので、最初に到着してロッカーを
開けたヒトに200万ドルをあげる、という。

んな、あほな...なんかの冗談だろ、と一同は思うが本人はほんとだ、という。
そして、スタートの合図がなされる。
それでも信じない8人は、悪い冗談だ、帰ろうぜ、とちりぢりになるものの
個々人は密かに200万ドルを目指す...

ルールはひとつ、どんな手を使ってもかまわない、一番最初に到着したヒトが勝ち。
そして、これは大富豪たちの賭けゲームのひとつだった。

唯一、ほんとにあほらしい、仕事があるから、と言って参加を拒否した弁護士の
ニック。しかし、参加者のひとり、ドゥエインとブレインの兄弟が他のメンバーを
飛行機に乗せないために、管制塔のレーダーを壊したため、ニックは空港に
足止めをくらってしまう。

そこにひとりの美女が本を呼んでいた。彼女の名前は、トレーシー。
ニックはトレーシーをナンパして、一杯おごると言ったが、これから”飛ぶ”
ので飲めない、という。

ニックは、飛行機は全便決行になった、というと、トレーシーは、飛行機じゃなく
自分はヘリコプターのパイロットで、これからニューメキシコにいく、という。
ニックは、誰も飛行機に乗れないので、彼女と組めば一番乗りできる!と思い、
彼女にウソをついてヘリコプターに乗せてもらうことに。

そして全員がスタートを切って、200万ドル目指す。
車をかっぱらい、相手の邪魔をし、あの手この手でわれ先にとシルバーシティを
目指すのだが...

【レビュー】

ネタ的には、かなりブラックなネタも使われているが、それでもなんだか、
退屈。

キャストは、Mr.ビーンのローワン・アトキンソンや、モンティ・パイソンの
ジョン・クリース、サタディ・ナイト・ライブでもおなじみのジョン・ロヴィッツ、
ウーピー・ゴールドバーグとウルトラ豪華キャスト。

そして、どっかで観たことある、カワイコちゃんだなぁと思っていたら、
ニックがナンパしたヘリコプター操縦士の美女は、あの、”アドレナリン”で
人前でエッチの演技をした、エイミー・スマートではないか!

ここでもかなり過激な女を演じてます。(;^ω^)
こういう、ちょっとアレたブチ切れ女の役をさせたら、ピカいちですね。(;^ω^)
でも、かわいいから、なんか惹かれる・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

スーパーマシンこそ出てこないが、ドタバタっぷりはキャノンボールに
近い展開ですかね。
まぁ、それなりに楽しめますが、コメディとしては物足りないっすかね。
暇つぶしにどうぞ、って感じ。

アドレナリン crank R-15指定

アドレナリン crank R-15指定

価格:3,591円(税込、送料別)

さほど笑えない 『ブルース&ロイド』
ブルース&ロイドの ボクらもゲットスマート [DVD]ブルース&ロイドの ボクらもゲットスマート [DVD]
(2008/10/22)
マシ・オカネイト・トレンス

商品詳細を見る


映画『ゲット・スマート』からのスピンオフ作品。

【ストーリー】

ブルースとロイドのふたりの科学者はいつも斬新なハイテクスパイ機器の
発明にあけくれる毎日。
しかし、どれもなんだか的外れなものが多く、今、上層部からせっつかれて
いるのが、光学迷彩マント。

あと一歩のところまで完成しているが、電池の問題が解決できないでいたが
期限までにはなんとかなりそうだ、と思っていた。
ところが、上司から期限が短縮されたと突然言われ、慌てるふたり。

ある夜、ラボでパーティーをした翌日、何者かにラボを爆破されてしまう。
そして、光学迷彩マントが盗難に...
なんとか周囲の目をごまかして、捜索にあたるが上司にバレてしまう。
そして、ふたりは科学者なのに、スパイ業務をするハメに...

【レビュー】

なんというか....ゲラゲラ笑える作品ではなかった。
まぁ、ひとによって笑いのツボは違うので、笑えるヒトには笑えるのだろうが
派手なネタはない。

ブルースの恋人役で出てくるニーナを演ずるジェイマ・メイズがやたらかわいい。
往年のゴールディーホーンを彷彿とさせる、くりっとした目とさわやかな笑顔が
ウィノナ・ライダーっぽくていい。

出てくる兵器もなんだか子供だましっぽくて、もうちょっと大人向けにひねった
ものだと面白いのに...と思ってしまう。
ドジの踏み方もなんか中途半端。特にデブなほうのロイド。もっとデブを有効活用
したほうがコメディとしては笑えるのに...もったいない。

すべての面で勿体なないなぁ、という感じ。
おまけで付いてる特典映像【映画のテクノロジーを分析!】は、本物の科学者が
出てきてあれこれ解説してくれるところは、ちょっと面白いかも。
まぁ、暇つぶしぐらいにはなる作品かな。

ゲット スマート 特別版 [DVD]ゲット スマート 特別版 [DVD]
(2010/04/21)
スティーブ・カレルアン・ハサウェイ

商品詳細を見る


【R】【小型カメラ】USBビデオカメラネクタイ

【R】【小型カメラ】USBビデオカメラネクタイ

価格:12,800円(税込、送料込)

なんか中途半端...『第9地区』
第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/08/11)
シャールト・コプリーデヴィッド・ジェームズ

商品詳細を見る


宇宙難民と地球人の共生をテーマにしたSF映画。
高いCG技術を駆使したメカニックデザインはなかなか見ごたえがあるが
ストーリーとしては...

【ストーリー】

20年もの間、南アフリカ・ヨハネスブルグの上空に浮いたままの巨大宇宙船。
その中には、栄養状態の非常に悪いエイリアンが多数存在した。
政府は彼らを救助し、保護したが、無作法なエイリアンは強奪や殺戮を繰り返して
彼らが住む第9地区はスラム化していった。

そんな状況を打破するため超国家機関MNUという組織が彼らの移住計画を発表。
街から離れた郊外に彼らを強制移住させることを決定。立ち退きに応じない場合は
武力による対応も辞さない方針を固める。

そこでその指揮に抜擢されたのは、ヴィカスという冴えない男。
嫁の父親がMNUのエライさんということもあるが、この計画には裏があった。
ヴィカスは張り切ってその任にあたるが、無論、エイリアンたちは合点が
いかない。

ヴィカスは任務中に、コンピューター機器を多数貯めこむエイリアンを発見、
そして謎の物体を発見するがそこから黒い液体が噴出され浴びてしまう。
そこから体調を崩し、腕を負傷。

最初はちょっと怪我した程度と思っていたが、見る見る体調は悪くなり
黒い嘔吐をしはじめ、挙句の果てには負傷した腕がエイリアンの腕に...
事態を重くみたMNUはヴィカスを検査することに。
しかし、ヴィカスはそこで恐ろしい計画を知ることになる...

【レビュー】

映像は実によく出来ている。特にメカニックグラフィックはマジでリアルに
感じるほどの完成度だ。

しかし、ストーリーがイマイチ。当然、続編を予測させる展開になっている。
なんちゅうか、その...かなりショボいオチになっている...
エイリアンと地球人の共生とか、こんなにうまくいかんだろう、そのストーリー
はなんだ!?と思ってしまった。

この手の映画によくある、チャラけた部分も少なく、かといって、ワクワクする
ような戦闘シーンがあるわけでもなく、エンディング近くの盛り上がりは
日本のアニメそのものといわんばかりの展開。

折角のCGが勿体無く感じる作品だ。
一説には、人種差別をSFチックに風刺した内容という話もあるが、オープニングは
まさにそうだと思う。

もう一回見たいか、というとあまり進んで見たいとは思わない作品だ。
まぁ、暇つぶしにもう一回ぐらいは見てもいいかな、という感じ。
メカのデザインとかは、アーマードバルキリーか!?と言わんばかりにかっちょ
いいので、CG技術の進化はすごいなぁ、と思ってしまう。

あの戦闘マシーンがもっとど派手に立ちまわってくれたら、かなり面白い
作品になっていたかもしれない。それだけに残念。
ストーリーと映像の中途半端さが非常に残念な作品。
まぁ、一度くらいはご覧あれ。

北海道産ぼたんエビ(刺身用)新鮮えび

北海道産ぼたんエビ(刺身用)新鮮えび

価格:1,000円(税込、送料別)


聖者が街に帰ってきた。 『処刑人2』
処刑人II [DVD]処刑人II [DVD]
(2010/09/03)
ショーン・パトリック・フラナリーノーマン・リーダス

商品詳細を見る


あのアイリッシュ・セイントが帰ってきた。
悪党を、ゴミ箱にゴミを捨てるように、処刑していくハードボイルおバカ
ガンアクション映画。

本作は完全な続編なので前作を見てないヒトは全く意味がない映画。

【ストーリー】

8年前ボストンで悪党22人を銃殺刑にして”聖者”と言われたマクナマス兄弟。
その後、忽然と姿を消した。

彼らの処刑の後には、目にコインを乗せて腕を組ませる、という儀式めいた
スタイルが踏襲されている...同様の事件がある教会で起きた。
世間は、あの聖者が帰ってきた、いや、彼らじゃない、と話題になる。

殺された牧師の話がアイルランドでひっそり暮らす二人の元に届き、二人は
再び復讐の炎を燃やし、ボストンへ舞い戻ることに...

道中、知り合ったメキシコ人の手引きで、どうやらこの一件もヤカベッタファミリー
の仕業だと思い込み、ヤカベッタに復讐を誓うが...

【レビュー】

今回もドジでマヌケだが、神のご加護を受けて計画を見事にやってのける
マクナマス兄弟。
今回は、しょっぱなからかなりコメディ色が強くなっている。前作に比べて
非常にわかりやすいコメディタッチだ。

前作を見たヒトも、もう一度復習して前作を見てから本作を見たほうが
いいかもしれない。
前作つながりのネタが満載だからだ。

正直、しょっぱなから、え!このヒト、そうだったの!?と驚いてしまった。
そして、最後のオチにもかなりびっくりな仕掛けがしてある。
ネタバレになったら面白くないので、それは言えないけどね。( ̄ー ̄)ニヤリ

前作が好きだったヒトは、本作も楽しめると思います。
ただ、ちょっと残念なのは、前作ほどのハードボイルドさが薄れてしまった
ことだ。

この手の作品は、このハードボイルドさとおバカ度のバランスが非常に
難しいところだろう。でも、まぁ、個人的には楽しめたが...

往々にして、シリーズ化された映画は面白くなくなるものだが、この作品は
面白かった。

観る人がどう捉えるかだが、劇中で社会を批判するところがあるが、これは
世界的な不況で真面目で健康的であれもだめ、これもだめという社会に
対する作者のメッセージが込められているのではないか、と思った。

本作もおこちゃまの情操教育上、非常に宜しくない内容になっているので
観るときはおこちゃまのいないところで観た方がよさそうだ。
オススメの作品です。

関連記事

処刑人
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。