スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一年の締めくくり
今年もあと数時間ですね。
当ブログをご覧頂いた皆様、一年間有難うございました。

今年は週に一本は映画を観る、ことを目標にやってきましたが
なかなか好調に映画が観れました。まぁ、DVDで、ですけど(;^ω^)。

今、振り返ってみれば、今年は、昔観た、あるいは昔話題になった
映画をよく観たなぁ、という感じです。
淀川長治じゃないですが、やっぱり、いい作品は何度観ても新鮮だし
インパクトありますよね。

来年もお時間がございましたら、当ブログを覗いてやってください。m(__)m。


スポンサーサイト
地味に面白い 『The Losers』
THE LOSERS / ルーザーズ  Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)THE LOSERS / ルーザーズ Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
(2010/11/03)
ゾーイ・サルダナ、ジェフリー・ディーン・モーガン 他

商品詳細を見る


米軍秘密部隊の5人がドンパチやるアクション映画。
地味ぃ?におもしろかったです。

【ストーリー】

米軍の秘密部隊5人組に与えられた任務は、ボリビアでの麻薬組織壊滅。
楽勝とばかりに張りこんでみたら、おこちゃまたちが強制労働に連れて
こられていた。

5人は子供たちを救出し、組織を壊滅、ヘリで迎えを呼んで子供たちを
ヘリに乗せたら、”マックス”と名乗る謎の男からの無線を受け、
ヘリは爆破されてしまう。

残された秘密部隊は、とりあえず、どうすることもできず、現地で
作戦を練りつつ、仕事をすることに。

そこへ現れた謎の女。何かと詮索してくるので、問い詰めたら、マックスを
探し出して殺してくれたら、帰国させてやる、という。
マックスを探して殺すという点では目的は同じなので、5人は彼女を
信用して共に行動することに。

しかし、どういうわけか、最初のマックスへの仕掛けが相手側にツツヌケ。
裏切りものは誰なのか?彼女は敵か?味方か?

【レビュー】

アクション映画というわりには、派手な爆破などもあるものの、どこか
地味ぃ?な感じが拭えない本作。
しかし、ストーリーが面白いのか、登場人物の個性が強いからなのか、
なぜか、面白い。

これといって著名な俳優も出てなさそう...暇つぶし程度に観るには
いいかもしれない。
なんとも言えないB級感が、もう一回、ヒマがあったら見てみようかな?
なんて気持ちになったりする。(;^ω^)。

謎の女役のゾーイ・サルダナ(このヒト、アバターに出てたのね、知らなかった。)は、
なかなかいい女だが、残念んがら悲しいぐらいの貧乳ですな(TдT)。
しかし、なかなかの格闘シーンを見せてます。
あんなベッドシーンは御免被りたいが...

エンディングは、なんともこれまたありがちなネタになってます。(TдT)
アメリカ人には、ウケそうな終わり方で、トホホ感が拭えません...
まぁ、それでもそれなりに楽しめますよ。
お正月にどうぞ。


おふざけ映画と思いきや...『ストリーキングス』

スリー・キングス 特別版 [DVD]スリー・キングス 特別版 [DVD]
(2000/10/13)
ジョージ・クルーニー

商品詳細を見る


ジョージ・クルーニー主演の準戦争映画。
湾岸戦争を題材にしたコメディなんだが、オチがなかなか。

【ストーリー】

湾岸戦争直後、休戦協定を結んでいたイラクと米軍。
そんな中、米軍は、イラクの武装集団を抵抗しなければ、乱暴なことはしないと
武器を取り上げる作業にかかっていた。

そんな折にトロイとコンラッドは、捕虜のケツになにやら巻物らしきものが
刺さっているのを発見。開けてみると、何かの地図らしい。
すぐにテントに持ち帰り、チーフに見せたところ、フセインが隠した金塊では
ないかということになる。

それをゲイツ少佐に見つかってしまう。
そしてゲイツ少佐とトロイ、コンラッド、チーフの4人は金塊奪取に向かう。
そこには、反フセインの民衆がイラク軍に監禁されていた。

ゲイツたちは、民衆を助け、金塊を奪って逃げるが、イラク軍が4人のしたことは
協定違反だと気づき、攻撃をしかけてくることになる。
4人は...

【レビュー】

ブラックユーモア満載の映画だが、オチはなかなか感動。
ジョージ・クルーニーは、胡散臭い役をやらせたら、世界一
似合う男かもしれない。

観終わったら、なんか、いい感じの終わり方だなぁとほっこりしてしまう。
なかなかいい映画でしたよ。
ただ、模型とはいえ、途中で人間の内蔵が出てくるのだが、これが
なんなくリアル。

そういうのがダメなヒトはちょっと注意が必要だが。

やはり2作目はイマイチ...『アイアンマン2』
アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/10/22)
ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ 他

商品詳細を見る


ご存知マーヴェル作品『アイアンマン』の続編。
どんな映画も2作目以降はイマイチだが、これまたご多分に漏れず、イマイチ。
今回、一番かっちょよかったのは、人間でした。

【ストーリー】

スターク社社長トニー・スタークがアイアンマンであると公表して、次なる
ステージへと向かうべく、スターク社の社運をかけた一大イベント”スターク
エクスポ”を開催していた。

そんな折に、アイアンマンは兵器であり、いち個人が兵器を独占しているのは
危険なので合衆国政府に引き渡すよう、政府からのお達しを受けることになった。
しかし、無論、トニーはそれに応じる気はなく、しかもトニーの心臓ともいう
べきアーク・リアクターの副作用でトニーのカラダは徐々に蝕まれていた。

このままでは長くは持たないと思ったトニーは秘書のペッパーに社長の座を
ゆずることにする。そして、自分はこのアーク・リアクターの新たなエネルギー
源を探すべく模索をはじめる。

しかし、その裏で、スターク家に深い恨みを持つ男が動きはじめていた。
この男イワン・ヴァンコは、自らアーク・リアクターを自作し、モナコで
トニーを襲う。しかし、敢え無く計画は失敗に終わる。そして、牢獄へ。

だが、トニーを快く思わないもうひとりの男、軍需企業『ハマーインダストリーズ』
の社長、ジャスティン・ハマーがこのイワンに目をつける。
自分の財力とハマーの技術があれば、自分の地位を不動のものにできる、
そう考えたハマーは、逮捕されているイワンの替え玉を送り込み、イワンを
救出、アイアンマンをやっつけるアーマードスーツを開発するよう指示する。

【レビュー】

なんだかグダグダ感が拭えない作品に仕上がっていて、とても残念。
普通にロボット戦争状態で、つまらない。

唯一かっちょよかったのは、スカーレット・ヨハンソン扮するブラック
ウィンドウとかいう謎の秘密工作員。
そもそも、このヒトの所属する謎の団体もいつから出てきたんだ??という
突拍子も無い出てき方で納得がいかない。

いい女ですねぇ、スカーレット・ヨハンソンって。
このヒトのアクションが実に冴えてて、かっちょいい。
もとは金髪??でも黒髪のほうが似合ってると思うんだけど。

こういうロボット系の映画って、2作目ではパワーアップしてほしい
ところなんだが、大して機能的には変わってなくて、デザインや
装着に関してマイナーバージョンアップしたって感じだけだったので
余計につまらん。

個人的には、かなり残念な仕上がりでがっかりした作品です。

優作、怪演...『野獣死すべし』
野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]
(2009/10/23)
室田日出男、松田優作 他

商品詳細を見る


松田優作主演のハード・ボイルド・サスペンス。
松田優作の演技のすごさを実感する一作。

【ストーリー】

ある雨の夜、ひとりの男が警官を刺し、その足で闇カジノを襲撃、チンピラ3人を
殺し、現金を強奪するという事件を起こした。

男は、クラシックをこよなく愛し、コンサートをよく見に行った。
そして、男の次の狙いは銀行...しかし、ひとりでは厳しいと判断した男は
もうひとり仲間を探していた。

そんなある日、学生時代の同僚と会食することとなる。
そこの店のウエイターと仲間がトラブルを起こし、その問題を起こしたウエイターに
男は目をつけた。

そして男はそのウエイターを殺人鬼へと仕立て上げるのだが、ここに男の過去が
大きく隠されていた...

【レビュー】

同時期に公開された『蘇る金狼』が大好きなのだが、この映画はあの、『蘇る金狼』
の最後のわけわからんシーンを30%増量した感じ。

全編を通して、わけわからん部分が多々あるが、松田優作の演技がすごい。
刑事に問い詰められるシーンで、松田優作扮する銀行強盗犯が、寝る前のお話をして
あげましょう、と言ってロシアンルーレットを始めながら話す、リップ・ヴァン・
ウィンクルの話をしているときの顔と、話し終わった後の顔が、ぜんぜん違うの
には、ちょっと感動した。

あそこまでサイコ野郎な顔を作れるのは、すごいと思う。そして、瞬時に表情を
普通のひとに戻せるところも...いやぁ、やっぱ、松田優作ってすごいわ。
まさに名優。
本作の役作りのために、奥歯を4本抜いたらしい。

この映画には、今となっては、ちょっとマニアな見所シーンがある。
見所というよりは、この人が出てたのか、しかも...的な見方で。( ̄ー ̄)ニヤリ
まず、鹿賀丈志。なかなか笑えるルックスで出てます。しかも役柄は、松田優作の
銀行強盗相棒で。

そして、もうひとり。これは名前を言わないほうがいいですね( ̄ー ̄)ニヤリ。
今では、結構あちこちに出てる女優さんのあられもない姿が見れますよ。
あまり観たくないかもしれませんが...(;^ω^)
いや、マニアな人にはたまらんかもしれません...

面影はなんとなくあります。時代が時代なので、当時、この女優さんがいくつか
知りませんが、おもいっきり80年代の髪形でちょっと笑けます。
なかなかいい体してますよ。パイオツもなかなかいい形です。
しかし...今では...うーむ...
うっかりしてると見逃すかもしれません。

ストーリー自体は、個人的には、『蘇る金狼』のほうが好きだし、映画的にも
あっちのほうがいいですが、松田優作の上記の演技はかなり見ごたえがあります。
是非ご覧ください。

リスペクト優作 松田優作 DVD?BOX 2007

リスペクト優作 松田優作 DVD?BOX 2007

価格:8,200円(税込、送料別)


ますます意味不明。 『ドニー・ダーコ2』

ドニー・ダーコ2 [DVD]ドニー・ダーコ2 [DVD]
(2010/11/26)
デイヴィー・チェイス、ブリアナ・エヴィガン 他

商品詳細を見る


2001年に公開された、ちょっと不思議系サスペンス『ドニー・ダーコ』の
続編。
今回の主人公は、前回の主人公”ドニー・ダーコ”の妹、サマンサ・ダーコ。
前作もわけがわからなかったが、本作はさらに意味がわからん。(TдT)

【ストーリー】

飛行機のエンジンが自宅に直撃して死亡したドニー・ダーコの妹、サマンサ・ダーコは
家族を捨てて、旅に出た。
相棒のコニーは、楽天家で、ふたりは車でカリフォルニアに向かっていた。

そんな折、とある町で車が故障してしまう。そこに通りかかったジェレミーは、ふたりを
助けてあげることに。
田舎町に足止めをくらったふたり。その日の夜、帰還兵が風車塔に登るのを見た
サマンサは、何かに導かれるように彼に近づき「4日17時間26分31秒後に世界は終わる」
と告げる...そして、不可解なことが次々と起こり始める...

【レビュー】

前作に続き、本作も時間軸がめちゃくちゃで、わけがわからん、というのが本音なんだが
まぁ、そういうめちゃくちゃな時間軸で混乱させられるのが、面白いというタイプの
人には、面白いかもしれない。

だが、前作同様、本作も個人的には、いただけない内容だ。
というか、意味がわからんし、それの何がおもろいねん??と思ってしまう。
観たままを話してしまうとネタばれになってしまうので、詳しくは話せないが、とにかく
オチ的には、映画『シックス・センス』っぽいかもしれない。

まぁ、あれほどわかり易くはないけど...
前作はまだしも、本作で、そのウサギはいるのか??と思ってしまう。
観終わってもやっぱりしっくりこない、というか、面白みがわからん作品。
ただ、前作を観てない人はさらにわけがわからんことになるので、観るなら
前作を観てからみたほうがいいだろう。

【併せて読みたい】

なかなか難解。『ドニー・ダーコ』


ロシアの闇に迫るドキュメンタリー 『暗殺・リトビネンコ事件』
暗殺・リトビネンコ事件 [DVD]暗殺・リトビネンコ事件 [DVD]
(2009/10/09)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


まだまだ記憶に新しい、リトビネンコ事件。
ロシアの治安維持組織・ロシア連邦保安庁(FSB)の元諜報員のアレクサンドル・
リトビネンコがナニモノかに毒殺された事件の背景や、本人の証言、プーチン
政権の闇に迫ったドキュメンタリー映画。

このドキュメンタリーを見ていると、プーチンってやっぱ悪い奴だなぁ、と
思ってしまう。ロシアってこの21世紀になっても、まだまだ怖い国というのが
払拭できない話だ。

リトビネンコの両親が、
『あの子は、正義を伝えるのがこの世の使命だったのだ。』というコメントを
残しているのが、とても印象的だ。

真実がどこにあるのかは、よく分からないが、ほかにもジャーナリストが
銃殺されたりしているというのは、なんとも怖い話だ。
興味のある方はどうぞ。

なんとも切ない子供の現実 『それでも生きる子供たちへ』
それでも生きる子供たちへ [DVD]それでも生きる子供たちへ [DVD]
(2008/02/01)
ジョン・ウー

商品詳細を見る


過酷な環境で自力で生きていかねばならない子供たちを
オムニバス形式で、色んな監督が作った映画。

【ストーリー】

『タンザ』

ゲリラ部隊の子供たちの日常のワンシーンを描いた作品。
銃を持ち彼らが襲撃を計画した場所は...

『ブルー・ジプシー』

集団で盗みをして生活をする子供たちを描いた作品。
親から教えられた盗みの手口とは...

『アメリカのイエスの子ら』

親がエイズであると知らされずに学校に通う少女の物語。
周りの友達や友達の母親から突きつけられる現実、そのとき
少女は...

『ジョナサン』

7作の中で唯一ノスタルジックな映像。戦場カメラマンが現実逃避して
子供に戻っていく...

『チロ』

イタリアの荒れた家庭を尻目に街で犯罪を犯して自らの小遣いを稼ぐ
子供を描いた作品。

『ビルーとジョアン』

ブラジルのスラムで廃品を集めて日々の糧を稼ぐストリートチルドレンの
兄妹の姿を描いた作品。

『桑桑(ソンソン)と小猫(シャオマオ)』

親に捨てられ、優しいおじさんに拾われた子供に起きるさらなる悲劇を
描いた中国の話。

【レビュー】

7か国の過酷な環境で生きている子供たちを、その国を代表する監督が
手がけたオムニバス作品で、ジョーダン・スコット&リドリー・スコット監督
の『ジョナサン』を除いて、どれも涙なくしてはみれないような話ばかり。

しかし、これがその国の現実であり、映画のタイトル通り、”それでも
生きる”しかない子供たち。
そんな環境を作ってしまっている大人は、是非見るべき作品であり、これから
子供を持とうという若いヒトは、一度見ておくべき作品だと思う。

子供はいつも大人の犠牲者であり、自分が加害者にならないためにも、
安易な気持ちで子供を産んではいけないし、生まれたからには、ちゃんと
責任を持つべき。それが大人の責任である。

この映画は、学校の道徳教育に使うべきだと思う。
こういう子供たちに手を差し伸べることも大事だが、もっと、こんな子供が
生まれないような社会を作らねばならないわけで、そのためにも見るべき
作品だと思う。

胸を打たれる作品です。面白いとかどうとかではなく、道徳心を養うため
にも、一度は見ておくことをオススメする。




変わったスリルが面白い 『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2010/10/06)
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ 他

商品詳細を見る


バチェラーパーティでハメを外し過ぎた男たちの記憶をたどって
花婿を見つけ出すコメディ。

【ストーリー】

結婚式を2日後に控えたダグは、独身最後の夜を楽しもうと悪友のフィルとステュ、
そして義理の弟となるアランと共にバチェラーパーティ(独身最後の夜パーティ)を
しに、ラスベガスへと向かう。

ベガスについた4人は、早速ホテルの部屋をヴィラスイートに変更し、まずは
屋上で4人で乾杯。...そして、気がつけば朝。
どういうわけか、部屋がぐちゃぐちゃで、鶏が歩きまわっている。

アランがトイレに入ると、そこにはトラまでいる始末。
びっくりしたアランは皆を起こし、トイレにトラがいると大騒ぎ。
そんな中、フィルはダグがいないことに気づく。

まずはコーヒーでも飲んで昨夜のことを思い出そうとするが、誰一人
昨夜のことを覚えていない。
スチュの歯は抜けていて、どういうわけか、フィルの腕には病院のタグが...

まずは手がかりを求めて、病院に向かおうと車を回してもらうが
回ってきた車はなぜか、パトカー。乗ってきたのはベンツのはずなのだが...

とにかく、昨夜のことを思い出す手がかり探しと、ダグ捜索に乗り出す
3人だったが、どんどん訳の分からない出来事が...

【レビュー】

酔っ払いの、飛んだ記憶をもとに消えた同僚探しというちょっと異色の
サスペンスであり、コメディでなかなか楽しめる作品。

本作にはどういうわけか、マイク・タイソンも出演している。
あと、『オースティン・パワーズ デラックス』のヒロイン、ヘザー・
グレアムもストリッパー役で出演。

なんともアメリカンなハチャメチャパーティを本物のラスベガスのカジノを
借りきっての撮影で臨場感がある。
ヘザー・グレアムがやたらかわいい。そして、サービス映像も( ̄ー ̄)ニヤリ。

酔っ払いは酔っ払いでも、薬の入った酔っ払いなので、かなりめちゃくちゃ。
警察に逮捕されたときのシーンもかなり笑える。
お下劣ネタ満載で、かなり面白い作品だ。
結構、オススメ作品。

かなり面白いスパイ映画 『ソルト』
ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD]ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション [DVD]
(2010/11/24)
アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー 他

商品詳細を見る


アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ映画。
頭がごっちゃになりそうなほどに二転三転する展開はかなり
面白い。彼女は敵?味方??

【ストーリー】

CIAエージェントのソルトは、北朝鮮でスパイ容疑で拉致され、拷問を
うけていた。しかし、そこでクモ学者の男が彼女の命を助けるよう米
政府に掛け合い、交渉によりソルトは一命をとりとめ、帰国することに。

帰国して二人は結婚した。ソルトは、CIAの職をそのまま続けていたが
ある日、ロシアからの亡命者と名乗る男がやってきた。
ソルトが対応することになり、話を聞けば、米副大統領の葬儀にやって
くるロシア大統領の命が狙われる、という。

色んな角度から分析した結果、この男の言う事の信ぴょう性は高い、
そしてその暗殺を実行するのは、ソルト本人だという。
しかも、子供の頃から仕組まれていたことで、時が来れば仕込んだ命令が
作動する、という。

ソルトはまさか、そんなはずはない、と思う反面、自分の夫の身が心配に
なり、その場を逃亡。
夫を助けるため、ではあるが、彼女の真の目的は...

【レビュー】

二重スパイを扱ったストーリーで、かなり緻密に計算された展開という
感じでとても面白い。
アンジェリーナ・ジョリーの金髪は全然似合わないなぁ、という感じだ。

映画の中で、エージェント・ソルトがごくごく自然に、店にあるものを
かっぱらって変装したり、仲間を簡単に殺していくところが、なんとも
サバサバしたスパイエージェントを醸し出してて、いい感じだ。

本物のエージェントもこんな感じなんだろうか??
アクションの展開がなんとなく、『ウルトラヴァイオレット』に似てる
感じがするので、この映画の主人公は、ミラ・ジョボビッチでもよかった
かもしれない。

そう考えると、ミラ・ジョボビッチとアンジェリーナ・ジョリーは
かぶるキャラでもあるなぁ、と思った。
ともあれ、かなりよくできたスパイ映画だと思う。
オススメですよ。

あんまり笑えない。『ハードロック・ハイジャック』
ハードロック・ハイジャック [DVD]ハードロック・ハイジャック [DVD]
(2007/12/19)
ブレンダン・フレイザー

商品詳細を見る


もう15年くらい前の作品。
12年くらい前にツレが、面白い映画だと言っていたが、全然
観てなかったので、観てみたが、さほど笑えなかった(TдT)。

【ストーリー】

チャズはロックスターを夢見る男。いつか音楽で成功してやる、と
レコード会社に不法侵入し、デモテープを持ち込むも、いつも
門前払いされていた。

あるライブで、ラジオで曲が流れて大ヒットしたバンドを観て
俺らもラジオで曲を流してもらおう、そうすればきっとレコード
契約がとれる!とメンバー全員で、本物そっくりのマシンガンの
水鉄砲をもってラジオ局に潜入。

売れっ子DJに曲をかけてくれるよう掛け合う。困り果てたDJだったが
銃を付きつけられてはどうしようもなく、かけてやるからデモテープを
出せ、という。

しかし、持ってきたのはオープンリールのテープ。今やCD全盛時代に
デッキがない。そうこうしているうちに、局のエライさんに気づかれて
しまい、うまいぐわいに見つからずに済んだ人事部のスタッフが
裏で警察に通報することに。

事態はどんどんオオゴトになっていくが、このバンド”ローン・レンジャーズ”
の目的はあくまでもラジオで自分たちの曲を流してもらうこと。
なんとかデッキを見つけて、ようやくオンエアー...ところが、セッティング
が悪かったのか、テープが切れて、おまけに灰皿のタバコの火で溶けてしまう
ことに...

そこへ警察が登場。要求を聞くから人質を開放しろ、と...
どんどん悪化する事態、どんどんエスカレートする彼らの要求、どんどん
エスカレートするリスナーの騒動...ローン・レンジャーズの曲はラジオに
流れるのか...

【レビュー】

着眼点は面白いが、色んな詰めが甘すぎる。・・・_| ̄|○・・・
残念ながら、色々仕込んだネタの中で笑えるのは、一箇所だけだった。
これではコメディとは言えない。

まぁ、こういった映画は少予算で作られるので、仕方ない部分も
あるが、ことこの映画に関しては、そこにかける金があれば、もちっと
マシな内容が作れたんじゃないか?という、ネタのシナリオの問題を
指摘せざるを得ない。

まさに、B級。音楽ネタを扱ったコメディは色々あるが、まぁ、
どれもさほど面白くないですよね。前に見た【テネイシャスD】もひど
かったが、あっちのほうが下ネタ全開なだけ、まだ笑えるかな、という
感じ。

まぁ、ハードロックが好きなヒトには、興味があるかもしれないので
観てみるのも一興かと...
あまりオススメはしませんが...

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。