FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんまり笑えない。『ハードロック・ハイジャック』
ハードロック・ハイジャック [DVD]ハードロック・ハイジャック [DVD]
(2007/12/19)
ブレンダン・フレイザー

商品詳細を見る


もう15年くらい前の作品。
12年くらい前にツレが、面白い映画だと言っていたが、全然
観てなかったので、観てみたが、さほど笑えなかった(TдT)。

【ストーリー】

チャズはロックスターを夢見る男。いつか音楽で成功してやる、と
レコード会社に不法侵入し、デモテープを持ち込むも、いつも
門前払いされていた。

あるライブで、ラジオで曲が流れて大ヒットしたバンドを観て
俺らもラジオで曲を流してもらおう、そうすればきっとレコード
契約がとれる!とメンバー全員で、本物そっくりのマシンガンの
水鉄砲をもってラジオ局に潜入。

売れっ子DJに曲をかけてくれるよう掛け合う。困り果てたDJだったが
銃を付きつけられてはどうしようもなく、かけてやるからデモテープを
出せ、という。

しかし、持ってきたのはオープンリールのテープ。今やCD全盛時代に
デッキがない。そうこうしているうちに、局のエライさんに気づかれて
しまい、うまいぐわいに見つからずに済んだ人事部のスタッフが
裏で警察に通報することに。

事態はどんどんオオゴトになっていくが、このバンド”ローン・レンジャーズ”
の目的はあくまでもラジオで自分たちの曲を流してもらうこと。
なんとかデッキを見つけて、ようやくオンエアー...ところが、セッティング
が悪かったのか、テープが切れて、おまけに灰皿のタバコの火で溶けてしまう
ことに...

そこへ警察が登場。要求を聞くから人質を開放しろ、と...
どんどん悪化する事態、どんどんエスカレートする彼らの要求、どんどん
エスカレートするリスナーの騒動...ローン・レンジャーズの曲はラジオに
流れるのか...

【レビュー】

着眼点は面白いが、色んな詰めが甘すぎる。・・・_| ̄|○・・・
残念ながら、色々仕込んだネタの中で笑えるのは、一箇所だけだった。
これではコメディとは言えない。

まぁ、こういった映画は少予算で作られるので、仕方ない部分も
あるが、ことこの映画に関しては、そこにかける金があれば、もちっと
マシな内容が作れたんじゃないか?という、ネタのシナリオの問題を
指摘せざるを得ない。

まさに、B級。音楽ネタを扱ったコメディは色々あるが、まぁ、
どれもさほど面白くないですよね。前に見た【テネイシャスD】もひど
かったが、あっちのほうが下ネタ全開なだけ、まだ笑えるかな、という
感じ。

まぁ、ハードロックが好きなヒトには、興味があるかもしれないので
観てみるのも一興かと...
あまりオススメはしませんが...

スポンサーサイト
Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。