FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もひとつだった。 『Stealing Bess』
STOMPの愛しの掃除機 [DVD]STOMPの愛しの掃除機 [DVD]
(2006/01/28)
キップ・パルデュー、ローズ・マクゴワン 他

商品詳細を見る


身の回りのもので音を出し、リズムを刻むストンプの映画。
演劇くささが抜けないので、かなり気持ち悪い部分も...

【ストーリー】

かつてバキューム社が作った掃除機の最高傑作というハーモニウム、通称”ベス”。
現存する最後のひとつを保有するDJ社。DJ社には兄弟が経営するAJ社というライバル
会社があり、二社はいつも争っていた。

そこにスパイとして侵入させられたジャック。
しかし、ジャックはこの奇妙な街にどうにも馴染めないでいた。
しかし、ライバル社のDJにかわいい女デビーを見つける。

仕事もそこそこにデビーにどんどん惹かれていくジャック。
しかし、トラブルが絶えない二社にさらなるトラブルが発生...しかも、このスパイ
行動には裏が...

【レビュー】

正直、ストーリーなんかどうでもよく、ストンプのすばらしいサウンドメイキングを
堪能したかったのだが、どっちかっつーと物語が主になっていて、せっかくの
パフォーマンスがくすんでしまっているように思う。

物語とかどうでもいいから、もっと矢継ぎ早にパフォーマンスしてくれよ、と
かなり不完全燃焼に終わってしまった。・・・_| ̄|○・・・

どうも劇団あがりの物語はつまらない。なんだ?そのクサいネタは??と
思ってしまう。
まぁ、それでもそれなりにパフォーマンスはたのしめるけどね。
個人的にはつまらなかった。

主役のマドンナ、デビー役のローズ・マクゴワンってどっかでみたこと
あるような気がするんだけど...気のせいかな...なかなかの美人だが...

シダデッキブラシ

シダデッキブラシ
価格:531円(税込、送料別)

スポンサーサイト
地味だが、なかなか 『The Rite エクソシストの真実』

ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2011/08/17)
アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー 他

商品詳細を見る


レクター博士ことアンソニー・ホプキンス主演の、悪魔払いの
実話を元にしたホラー映画。
映像処理などは地味ですが、なかなか来るものがありますよ。

【ストーリー】

葬儀屋の息子マイケルは、幼い頃から父の仕事を見てきて、今も手伝っては
いるが、マイケルは自分の進むべき道に疑問を感じていた。

そして、ある日、神学校を内緒で受験し、神父への道を志す。しかし、4年後、
卒業を控えてマイケルは神父になることをやめる、と決意する。
理由は自分には信仰心がないことがわかったからだった。

しかし、成績も優秀なマイケルは教授も一目置いていた。
そんなある日、教授はマイケルに、バチカンが全米の教会にエクソシストを配置
するお達しを出し、バチカンでエクソシスト養成講座を開設する、その講座を
受けてみないか?と話をした。

信仰心のない自分がなぜエクソシストになれるのか、そんな疑問を抱きながらも
たったの2ヶ月、教会の金でローマに行けるし、学校としては成績優秀でも
授業料の免除を撤回することができる、と軽い脅しをかまされ、マイケルは
エクソシストの講座を受けることに...

神様の存在そのものに否定的なマイケルに、ある一流エクソシスト ルーカス神父
を紹介され、実際に悪魔払いに立ち会うことになる。そして、徐々に悪魔の存在を
確認していくことになる...

【レビュー】

なかなか面白かったです。そういう視点があるか、という目からウロコな部分も
あったし、実話に基づいているということで、意外と地味、と思ったのも
事実だ。

これと言ったドハデな演出はないので、見た目には地味だが、心理的に
来るものがありますね。怖いというわけではないのだが、悪魔と神父の戦いが
なかなかの見物です。

なにより、悪魔との対決方法が分かるのが面白かったです。
なかなかよい作品ですよ。

悪魔にとりつかれた妊婦役にマルタ・ガスティーにという女優さんが
やっているのですが、これが...かわいい...ウルトラ可愛い...

またマイケル神父役の俳優さんも、【エクソシスト】で神父やってた
カラス神父っぽいイデタチでよかった。なかなかの男前。
オカルト好きにはなかなか楽しめる映画になってます。おすすめ。




ひねくれじじぃのハッピー人生 『人生万歳』

人生万歳! [DVD]人生万歳! [DVD]
(2011/05/03)
ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド 他

商品詳細を見る


ウディ・アレン脚本のシニカル・コメディ。
ひねくれた堅物じじぃのセリフがいちいちおもしろい。

【ストーリー】

自称 あと一歩でノーベル賞受賞を逃した元物理学者ボリスは、人生を
悲観し自殺未遂を犯し、家族を捨てニューヨークで気の合う仲間と討論する
日々を送っていた。

そんなボリスの元にある日、ミシシッピ出身の21歳の家出娘メロディが
現れ、行くところもなくお腹も空いているので、何か食べさせてほしいと
いう。

ウザいがちょっとかわいそうに思ったボリスは2分だけだ、という条件で
メロディをうちに入れる。そして、あれこれ話すうちにこの娘は結構
自分の理解者なのかも、と思いはじめ、一年後二人はかなりの歳の差を
もろともせず、結婚する。

しばらくふたりは幸せに暮らしていたが、今度はメロディの母親がメロディを
訪ねてやってきた。
夫が親友のマンディとねんごろになって家を捨てて出ていった、おまけに
家まで借金でとられてしまった、という。

母親はメロディがじーさんと結婚したことを知り、失神してしまう。
そしてそのまま、またボリスの家にいついてしまうことに...

母親はメロディが幸せなわけがない、と街が声をかけてきた若い男に
メロディを誘惑するように働きかける...

そこに今度はメロディの父親がやってきた...メロディ一家に振り回される
ボリス...しかし、ボリスの幸せな生活にも危機が...


【レビュー】

さすがはウディ・アレンの脚本。面白い。
映画の外の人に語りかける撮り方や、理解されないと思い込んでいる人物像を
シニカルに演出してるあたりは、あぁウディ・アレンの十八番だ、とすぐに
分かる。

堅物ボリスが子供にチェスを教えるシーンは爆笑だ。
実に嫌なじじぃを演出している。ストーリーの展開の仕方ももうめちゃくちゃで
コメディはこうでなくては、と思える仕上がりになっている。

メロディ役のエヴァン・レイチェル・ウッドはなかなかの美人なんだが、
劇中では美人というより、実にかわいい娘に仕上がっていていい感じ。
こんな女は理想的だ。

ボリスのなんともめちゃくちゃな言い回しが実にくそじじぃで面白い。
おすすめのコメディです。
が、人によっては面白く無いかも。(;´Д`)


まさかの及第点 『あしたのジョー実写版』
あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD]あしたのジョー スタンダード・エディション [DVD]
(2011/08/19)
山下智久、伊勢谷友介 他

商品詳細を見る


ボクシング漫画『あしたのジョー』の実写版。
懲りずに実写版シリーズ観てみました。やはりキャスティングは大事だと
実感する実写版。

【ストーリー】

親に捨てられ荒れた生活を送っていた矢吹丈。たまたま入った食堂で
ちんぴらとの喧嘩に巻き込まれ、そのパンチの切れに食堂で呑んだくれていた
元ボクサー丹下段平に見初められるも、矢吹は逮捕され刑務所へ。

しかし、丹下段平は諦めきれず、矢吹にボクシングの通信教育をはじめる。
最初矢吹は、パンチに理論なんかいらないおもいっきり打てばいいと思って
いたが、刑務所内でプロボクサー力石徹と出会い、宿命を感じる。

出所後、矢吹は力石と対戦するべく丹下ボクシングクラブに入り、ボクサーの
道を歩み始める。そして、念願の力石との対戦へ...

【レビュー】

本作はこれまでのアニメ実写化と違い、ストーリーを漫画に忠実に再現しており、
違和感なく見れる作品になっている。
またキャスティングも違和感のないキャスティング。特に丹下段平役の香川照之は
ハマり役。見事なまでの再現である。笑けてしまうほど、よくメイクできている。

アニメの実写化でキャスティングがやはり大きな要素であることは本作で実証されたと
思っても過言ではない。

力石徹役の伊勢谷友介という俳優も、アニメの中の力石徹を演ずるべくかなりカラダを
絞ったと見られ見事な体型になっている。

もちろん、いただけないところも多々ある。
まずはなんといっても、白石財閥のお嬢さん役の香里奈ちゃん。
まさかのキャスティングミスはここだと思う・・・_| ̄|○・・・。

いい女だし、かわいいし、大好きな”タレント”さんが、演技ヘタすぎ..._| ̄|○...。
あと、お嬢さん役にはちょっと役不足。残念ながら、清楚なお嬢さん向きではないな、
彼女は...

昔なら、真行寺君枝とかがぴったりの役なんだが...

あと、山ピーこと主演の山下智久もよくがんばったとは思うが、あのボクシングスタイルは
ないわ┐( ̄ヘ ̄)┌ ・・・。正直、かっちゃわるい。・・・_| ̄|○・・・
動きが軽すぎ...このヒト、見れば見るほどキムタクとどこが違う??という感じなの
だが...

あと、津川雅彦...おっさん、話題の映画出すぎ。
どの作品観ても、おのおっさん出てますよね┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・。
そうそう、あと、目立たないけど、マンモス西もナイスキャスティング。ええ感じで
マンモス西やってます。誰だっけ?役者...

さらには、ボクシングシーンにスピード感がないのも非常に残念なところ。
もちっとVFX駆使しろよ、とか思う。筋肉の動きとか顔を打たれるところは
うまく処理しているが、いかんせん、ボクシングアニメでもっとも重要なスピード感が
感じられないのが、非常に残念。

とまぁ、こんな感じでツッコミどころはいくつかあるが、アニメの実写化映画では
一番違和感なく見れる作品だと思う。まぁ、よほどの”あしたのジョー”ファンでもなければ
それなりに楽しく見れるのではないかと思う。

ただ、あまりの違和感の無さに、見終わってもなんも残らないけどね(;^ω^)。
あぁ、アニメに忠実にできてるなぁ、ぐらいのもんです。
どうしたら、アニメのようなワクワクドキドキ感のある実写化になるのか、考えて
しまいますよね。

まぁ、それでも、デビルマンや宇宙戦艦ヤマトみたいに、あきらかに違うやろ!?と
いう部分がないので、安心して見れるという意味では、まぁ、及第点ではないかと
思うのだが、いかがだろう?
お暇ならどうぞ。


シリーズごとに悪くなる 『マッハ!!!!!!参』
マッハ!参 [DVD]マッハ!参 [DVD]
(2011/07/06)
トニー・ジャー

商品詳細を見る


驚異の身体能力を持つ男、トニー・ジャー主演の映画『マッハ!!!!』の
続編パート3。
本作は前作を知らないとちょっとキツいかも。

【ストーリー】

先代を毒殺した王は、先代の呪いに苦しんでいた。
そして、反逆者であるティン(トニー・ジャー)の処刑を実行しようとするが、
そこに待ったがかかる。

解放されたティンはボロボロになっており、復活させるべく村人は祈りを捧げる。
なんとか肉体の復活を遂げたティンだが、どうやって行きていけばいいのか
苦悩の日々を送ることにある。

そんなとき、僧侶から生きる道しるべを教わり、幼なじみの女から踊りを
教わる。ティンは、心の平穏を感じるようになり、心体をひとつにして自らを
強くすべく修行に励む。

そんな折に、妖術を身につけた男が王の権力を手にして、村を襲った。
ティンは再び戦いへと...

【レビュー】

前作でわけのわからん歴史物の話になってしまったマッハシリーズ。
本作は前作からの続きになっており、多分、トニー・ジャーは善玉と悪玉の2役を
演じているようだ。

しかし、これが実につまらん...処刑だ修行だというシーンが劇の8割を占める
ので、見ていて実に退屈。
さらに、格闘シーンも暗いカットが多く、さらには、エンディング近くでは、なんや!?それ!?
という展開に・・・_| ̄|○・・・。

タイ舞踊を戦闘モードで使うあたりのアイデアは面白いのだが、それだけにあまりの
内容の無さに悔いが残る。
変な歴史物語にするのではなく、はやり舞台設定は現代のほうがこのシリーズは
面白いと思うのだが...

格闘シーンもなんだか、グダグダでせっかくのムエタイが活かされてないのが
非常に残念な作品だ。
かなり不完全燃焼な作品。ヒマがあればどうぞ。

なんだか重い...『欲望』
欲望 [DVD]欲望 [DVD]
(2006/06/23)
板谷由夏、村上淳 他

商品詳細を見る


直木賞作家 小池真理子の恋愛小説の映画化、らしい。
恋愛ものの映画というのは、軽いノリの、現実はそんなもんか??と思って
しまうどっぷり二人の世界を描いたものが多いが、これはちと雰囲気が違う。
やや重い...

【ストーリー】

類子と正巳と阿佐緒は中学の同級生。
正巳はピアノを引く阿佐緒の背中に中学生ながらエロスを感じていた。
そんな阿佐緒に心惹かれる正巳にこっそり想いを寄せる類子。

3人は成人し、類子は学校司書として働いていた。
同じ学校の教師と不倫を続け、肉欲だけの関係にあった。

ある日、類子は不倫相手と散歩中、公園で阿佐緒とばったり遇う。
阿佐緒と一緒にいた初老の男は、阿佐緒を精神面で救った精神科医でふたりは
まもなく結婚する、という。

精神科医の男の家に書庫があるので、見に来ないかと誘われた類子は
書庫を訪れる。そこで正巳とばったり遭遇。
3人は昔の懐かしみ、いつしかたびたび会うようになる。

正巳と類子には、学生時代ちょっとした事件があった。
交通事故に遇い、性的不能者となってしまった正巳は、一度類子を押したおして
しまったことがる。

正巳はそのことを類子に謝罪したが、類子はさほど気にしてはいなかった。
阿佐緒は夫との生活に不満を感じはじめていた。そして、3人の思いはそれぞれの
方向へ向かう...そして、悲劇が...

【レビュー】

とにかく、重いし、長い映画だった。
類子役の板谷由夏はテレビでもよく見る知的で美人だが、本作ではあられもない
肉欲の権化と化している。そして、ほぼ全編を通して、この女優のAVか!?と
いうぐらい脱ぎまくってハードな濡れ場を演じている。

美人で、知的で清楚なんだが、なぜかエロさを感じない。
確かに貧乳で、いや失敬、スレンダーなので、性的魅力にかけるという部分も
あるが、そうではなく、女としての色気というか、まだ猫かぶってるというか
経験が足りない、というか...とにかくエロくない。

ストーリーの重さもあるが、そうではなくやっぱり性的魅力が足りないような
気がする。セックスに足して蛋白な印象がずっと残る。
感じてないだろ、お前?エッチ嫌いだろ?とツッコミたくなる仕上がりで
男性諸氏にはちとがっかりする内容だと思う。(;^ω^)

AV見ててもときどき、こんな女いるなぁ、という感じだ。
恋愛小説の映画化とは言っても、かなりどんより重い雰囲気なので
なんか、どっか、怖い。特に阿佐緒役の高岡早紀のメンヘラぶりは
絶品だ。

かなり怖い。高岡早紀って、やっぱり本人もメンヘラなんじゃないか、と
思ってしまうぐらいハマり役だと思う。
オチもよくわからない。正巳と類子が学生時代にハマった作品が
三島由紀夫という設定が本作の重さを醸し出しているのかもしれない。

とにかく見ていても楽しくないし、なんか重いし、映画としてどうなんだ?
と思ってしまう作品だ。
もっとも、純文学とかそういう分野が好きなヒトにはたまらなく面白い
作品なのかもしれないが...原作者は本作をべた褒めしたらしい...

私には、高尚すぎて、かなりキツい映画だった。

【送料無料】天人五衰改版

【送料無料】天人五衰改版
価格:540円(税込、送料別)

やり過ぎはダメ...『The Joneses 幸せがおカネで買えるわけ』

幸せがおカネで買えるワケ [DVD]幸せがおカネで買えるワケ [DVD]
(2011/04/22)
デミ・ムーア、デイビッド・ドゥカブニー 他

商品詳細を見る


デミ・ムーアとXファイルでおなじみのデヴィッド・ドゥカブニー主演の
社会派コメディ。
部分的には、ビジネスマン必見のマーケティング映画だが、企業として、
やり過ぎはいかんだろ、という映画。

【ストーリー】

Jonese一家は誰もが羨む金持ちセレブな家庭。彼らが使っているもの、住んでる
家のスタイル、ライフスタイルは常に時代の最先端を行き、常に話題の中心になる
存在だった。

しかし、これは偽装家族。実は、妻ケイトをトップとする企業マーケティングセールス
集団。ヒトの物欲に火をつけて、商品を買わせ、利益を上げる集団だった。

ケイトと娘役ジェン、息子役ミックは、新生活地でどんどん売上を伸ばしていた。
そんな中、夫役のスティーブだけが伸び悩んでいた。
彼は、どこかでこの偽装家族に本当の愛情を感じはじめていた。

しかし、ほかの三人はあくまで仕事と割り切っていた。
そして、3ヶ月後の評価の日、マネージャーから夫役を変えたほうがいいと
ケイトは打診される。しかし、ケイトは自分のチームを信じたいと思って
なんとか、本部と話をつけ、スティーブの成績を上げると自分のクビをかけて
計画をすすめる。

ケイトにアドバイスされたスティーブは、やはり自分の思いは届かないのか、と
仕事に集中し、売上を伸ばしていく...そんな折に、それぞれが”ヒト”としての
自分を抑えきれず、トラブルを発生させはじめる。

そして、ついにジョーンズ家のスタイルにどっぷりハマった隣人が借金苦に
自殺してしまう...いたたまれなくなったスティーブは...

【レビュー】

一応ハッピーエンドではあるのだが、内容的にはかなり重い。後味の悪い映画
となっている。ビジネスは詐欺行為だと誰かが言ってたような気がするが、
多かれ少なかれ、ヒトにものを”売りつける”というのは詐欺的要素が強いのも
事実だ。

芸能界がその最たるものだろう。清純な見せかけや、抜群のスタイル、筋肉隆々の
肉体美などは、どれもファンを惹きつけるための要素であって、本人の内面から
出てくるものではない。

CMもしかり、あたかもウマそうに見えるインスタント食品やかわいいアイドルが
”これ、最高!”というだけでは、ほんとにいいか、ほんとに必要かどうかなんか
考えずに知らず知らずのうちに買ってしまう。

しかし、やり過ぎはいかん...かつてのギャンブルがそうだったように
人間には、ギャンブル性という性格を強く併せ持つヒトがいて、制御がきかなく
なってしまう。

その制御のタガを外すのは企業のCMだったりするのだ。
死者を出してまで、ものを売りつけたいか?...それができるヒトは、立派な
営業マンであり、すばらしいビジネスマンだが、ヒトとしてはクズだ。

線引きをどこにするか、は難しいところだがこの映画を見ていろいろ思いを
馳せてみてはどうだろう。
おっと、個人的には、女は生来の詐欺師だと思っています。( ̄ー ̄)ニヤリ

【送料無料】営業と詐欺のあいだ

【送料無料】営業と詐欺のあいだ
価格:777円(税込、送料別)

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。