スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母は強し...『死ぬまでにしたい10のこと』
死ぬまでにしたい10のこと [DVD]死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
(2006/12/22)
サラ・ポーリー、マーク・ラファロ 他

商品詳細を見る


23歳で二児の母が余命2ヶ月と宣告されて、やりたいことを10個書き出し
実行していく映画。
人間、死に直面して考えることはこうなのか、と色々考えてしまった。

【ストーリー】

アンは夜間の学校清掃で働く23歳、そして二児の娘をかかえる母。
ニルバーナのライブで17歳のときに知り合った主人と貧しいながらも
幸せな日々を送っていた。

ある日、アンは自宅のキッチンで倒れてしまう。
それを発見したアンの母親が病院へ連れて行って、検査を受けた。
そこで出た検査結果は、子宮に腫瘍が出来ていて肝臓にまで転移している
という。

若いアンのカラダでは病魔の進行が早く、もはや手遅れ。手の施しようもなく
余命2ヶ月を宣告されてしまう。
ショックだったアンは、死ぬまでにしたいことを10個ノートに書き出し、それを
実行しようと決意する。

娘に毎日、愛してると言おう、髪型を変えてネイルもやってみよう、娘が18歳に
なるまでお祝いの言葉を残そう....家族への愛情がいっぱい詰まった、そして
やりたくても出来なかったこと10個のこととは...

【レビュー】

悲しくなる映画かと思ったが、意外と涙は出なかった。それよりも、女という生き物、
特に母親になった女は強い、と思った。
死の直前にこんなことが考えられるか?...ちょっとうがった味方をすれば、
うーむ、それはどうなんだ?と思うところもあるが、まぁとにかく、なかなかすごい。

この作品には、アンをとりまく3人の男性が出てくるが、これがどれもいい男、
ルックスではなく、中身的にだ。
それでもアンは、誰一人傷つけることなく、人生を終える。
(結果的には、ひとりの男は相当傷ついたと思うが...(;^ω^))

ちょっと冷めた母親役がどっかで見たことある人だと思っていたら、やっぱり、
そうだ、デボラ・ハリー。そう、80年代ディスコブームに『Call me』をヒットさせた
Blondieのヴォーカリスト。すっかりばぁさんになってしまったが、それなりの
貫禄がある。

あと二ヶ月しか生きられないと思ったら、何するか?
きれいなねぇちゃんとヤリまくる、海外のきれいな景色を見に行く、死ぬほど酒を
浴びる、タバコ吸いまくる...そんな下世話なことを考えてしまうんじゃないかと
思ってしまうが、本当に死に直面すると、そんな欲なんか半分ぐらいなくなって
しまうのかもしれない。

家庭を持っているヒトなら、きっと家族の今後を考えるんじゃないか、そういう
映画だった。
スティーブ・ジョブズは、毎日朝起きたら、明日自分が死ぬとしたら、今日、何するかを
考えて一日をスタートさせる、と言ってた。
しかし、それは本当に死に直面しないとなかなか出来ないことかもしれない。

色々考えさせられる映画でした。



スポンサーサイト
これは結構グロいな...『ブラックサイト』
ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
(2011/02/23)
ダイアン・レイン、ビリー・バーク 他

商品詳細を見る


ネットで犯罪を中継するサイコ野郎とFBIの攻防を描いたサスペンス。
なかなか映像、グロいです。

【ストーリー】

ネット専門のFBI捜査官ジェニファーは、毎日ネットで不正を働いたり、イカれた
ネット犯罪者を取り締まる一児の母。

ある日、ロサンゼルス警察から依頼され、あるサイトを調べることになった。
そのサイトは、”killwithme.com”というライブ映像を配信しているサイトで
はじめてみた時は、猫が映しだされ、翌日にはその猫は死んでいた。

そのサイトはIPアドレスを頻繁に変え、強制的にサイトを閉鎖してもまた立ち上がる
という巧妙な仕掛けがしてあった。犯人の特定も難しく、どうしたものか、と思って
いたが、上層部は、たかが猫の死体を配信するサイト、我々にはもっと取り締まらねば
ならない犯罪が沢山ある、と相手にされなかった。

だが、そのサイトでついに人殺しの生中継が始まってしまう。
しかも、アクセスが増えると犠牲者の死が早まるという仕掛けがしてある。
瞬く間にそのサイトの人気は急上昇、犯人は次々と殺人ショーを展開する。

そしてついにジェニファーの同僚グリフィンもその犠牲に...
次はジェニファーの番...

【レビュー】

かなり衝撃的で、映像もかなりグロいシーンがあり、心臓の弱いヒトの閲覧は
注意が必要だが、面白かった。

主人公ジェニファーがダイアン・レインだとは気づかなかった。
すっかりいいおばさんになってしまったなぁ。まぁそれでも美人だが。

動画配信が簡単になり、割と素人でも簡単にできてしまう現代に実際に起こっても
おかしくない犯罪で、しかも、そのサイトを見てるものすべてが共犯者になって
しまう、というなんとも恐ろしい犯罪だ。

この映画は、そんなイカれたサイトを見ていると、あんたも知らず知らずのうちに
犯罪の片棒をかついていることになるんだぞ、という警告なんだろう。
確かにショッキングな映像というのは、チラ見してみたいという衝動にかられて
しまうのは事実だろう。

本作で出てくる殺人の手口もかなりエグイ。
まぁ、実際にはそう簡単にはできないようなものだが、かなりエグイ。
それだけにオチが...え!?そんな簡単に!?...もっといたぶってやれば
いいのに!!と思ってしまう。

なかなかハラハラどきどきの映画で面白かった。
おすすめの一作です。


惜しいな...ストーリーはいいのに 『レギオン』
レギオン コレクターズ・エディション [DVD]レギオン コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/02/23)
ポール・ベタニー、デニス・クエイド 他

商品詳細を見る


たったひとりの天使が人類の味方になって神と戦うファンタジーアクション。
ストーリーは面白いんだが、映像が...残念。

【ストーリー】

天使ミカエルは、人類に愛想を尽かした神に背いて、ひとり地上に舞い降りる。
しかし、すでに神の軍隊が人類に憑依して人類殲滅計画を実行しはじめていた。

ミカエルは、翼をそぎ落とし人間として神軍と戦う決意をする。
そして、ミカエルはテキサスの、ある飲食店を目指す。
そこには、身ごもったひとりの女が...その女が身ごもった子供こそ人類の希望。

神軍をひきいるガブリエルは、ミカエルになぜそこまでして人類の味方をするのか、と
同じ天使でありながら、この二人の違いとは...

【レビュー】

あまりに身勝手になりすぎた人類に愛想を尽かして自らが創造した人類を神が
自らの手で殲滅する、そして、人間に乗り移って人類を死に追いやるのが天使
という依憑をついたストーリーはなかなか面白い。

しかも、それと対決するため天使が銃をぶっぱなすという、あまりに人間的は
発想もツッコミどころ満載だが、なかなか面白い。

ただ非常に残念なのが、映像が暗すぎて、あまりに面白くない。
せっかくなのだから、もっとCG駆使して天使の戦闘シーンを描いてほしかった。
非常に残念な映画だ。

もっとお金をかければ、もっと面白くもなっただろうし、シリーズ化も望めたと
思うのだが...

神の仕掛けた人間殲滅への罠もよくできていると思う。神って、汚ねぇ!!と
思わず叫んでしまいそうになるやり方が強烈だ。

展開があまりに急すぎて、ツッコミどころも満載だが、なかなか楽しめる作品に
仕上がっている。面白い作品だと思う。

なんだかよくわからない映画 『ヤギと男と男と壁と』
ヤギと男と男と壁と [DVD]ヤギと男と男と壁と [DVD]
(2011/01/07)
ジョージ・クルーニー、ユアン・マクレガー 他

商品詳細を見る


ジョージ・クルーニーとユアン・マクレガー主演の軍事超能力コメディ。
実話に近い話ということになっているが、かなりシュールな映画。
最後はよくわからない...

【ストーリー】

地元の地方紙の記者ボブは、どういうわけか、退役軍人で自分は超能力訓練を受けたと
いう男の取材をした。正直、このおっさんはイカれてるし、こんな記事を書きたくないが、
まぁ、幸せな家庭があるので、そんなことはどうでもいい、と思っていた。

しかし、ある日、同僚が職場で急死し、その後片付けをしているとき、嫁が自分の上司と
できていて、離婚に発展することになってしまったボブ。
悲しみと怒りで、なんとか元嫁を見返してやろうと、イラクに戦場取材にいくとことにした。

そこでボブは、スティッキーという男と出会う。
しかし、彼の本当の名前は、リン・キャシディ。この名前は、以前取材した、あのイカれた
超能力オヤジの口から出た、凄腕の超能力者の名前。

ボブは、リンと色々話をし、これはきっと面白いことになると、無理やりリンに同行することに
する。リンは、極秘任務でイラクに行くと言った。
そこから、ふたりの珍道中が始まる...

【レビュー】

アメリカの超能力戦略の内側を描いた作品となっていて、日本でもときどき、意識の遠隔
移動をするおっさんが、テレビに出てくるが、そんな特殊部隊がどうやってできあがったかを
描いたような作品になっている。

内容は確かにかなり滑稽ではあるものの、大爆笑できるものでもなく、なんというか、とても
シュールだ。(;^ω^)。
まぁ、現実の超能力訓練なんてものは、そんなものなんだろうが最後はカルトな宗教的な
落ちになっている。

アメリカが超能力部隊を育成することになったきっかけは、ソ連が、アメリカが超能力訓練を
やっていると思い込んで、やりはじめた、だがアメリカにはそんな事実はなく、しかし、ソ連が
始めたのなら、やるしかない、というエピソードはなかなか笑える。

が、世の中の戦争のほとんどは、そんなちっちゃな勘違いから始まっているのではない
だろうか?と思ってしまう。
寝不足状態で観たせいか、途中何度か、寝落ちしそうになった(;^ω^)。
まぁ、それぐらい、引き込まれるものも大してなかった映画なんだろう。(;^ω^)

しかし、暇つぶしには面白いかもしれない。
お暇ならどうぞ。

女は厄介だ。 『Knight and Day』

ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
(2011/02/04)
トム・クルーズ、キャメロン・ディアス 他

商品詳細を見る


トム・クルーズ&キャメロン・ディアスのスパイラブアクション映画。
女という生き物がいかに厄介な生き物かを核に二転三転するアクション
スパイ映画で面白かった。

【ストーリー】

ジュンは妹の結婚式のため、ボストンに向かっていた。
父親の車を修理して、妹にプレゼントするため、機材をバッグに詰め込み
飛行機に乗ろうとしたとき、ある男とぶつかってしまう。

話もそこそこに搭乗手続きへと進むが、乗る飛行機が違うと言われてしまう。
しかし、数分後、どういうわけか、その飛行機に乗れてしまう。

その飛行機には先程ぶつかった男、ロイが乗っていた。
あれこれ話をしているときに、ジュンはロイに恋心を抱いてしまう。
トイレに入って自分の気持ちを確かめたジュンがトイレから出たら、
ロイがおかしなことを言い出す。
自分は悪い奴らから狙われて今、そいつらをやっつけたところ、だが
間違ってパイロットを撃ち殺してしまった、と。

なんの冗談だろう?と思っていたが、ロイはそのまま操縦席に行き、
飛行機を着陸させようとし始め、それが本当だと気づいたジュン。

飛行機を無事着陸させたロイは、またおかしなことを言い出す。
これから君は狙われることになるので、誰の車にも乗らず、安心・安全という
言葉は信用せず、俺のことは知らない、と言え、と。
そして、ジュンはクスリで眠らされてしまう。

ここからジュンのハードでスリリングな生活が始まる...しかし、次第に
ジュンはそのスリルとサスペンスにハマっていくことになる...

【レビュー】

なかなかよくできた話で、展開が二転三転するところは、見事なスパイ
映画だと思う。
しかし、核になっているのは、恋愛話のようで、しかも、好奇心旺盛で
ひとのいうことなんか聞かない女の本性というか、厄介な部分を見事に
描き出している。

いらんことをしなければ、命を狙われることもないのに、自ら危険なほうの
道を選ぶ。スリルとサスペンスが大好きな女の悪い部分だ。
リアルな社会においても、ヤクザな男を好きになるのは、そんなスリルと
サスペンスを日常に求めるからだろう。

しかし、こんな爽やかなエージェントはいないし、トム・クルーズという
イケメンだから成り立つエージェントだ。(;´Д`)
”ただし、イケメンに限る。”まさにこの言葉を証明するような映画だろう。

ストーリーはよく練られているし、エネルギー問題を扱ったところも今の
時代にマッチしていて、いい作品だと思う。
豪華キャストだから、いい作品に仕上がったのか、ストーリーがいいから
豪華キャストが映えるのか、どっちかわからんが。

トム・クルーズもキャメロン・ディアスも、アンジェリーナ・ジョリーも
彼らが出ている映画はほぼすべて面白い。(メジャーになってからの映画
だけど。)
この映画は、女性が共感できるような映画だと思う。
男は、見てると”いらんことしやがって”って思ってしまうかも(;´Д`)。

【送料無料】遺伝子があなたをそうさせる

【送料無料】遺伝子があなたをそうさせる
価格:1,995円(税込、送料別)

なかなか効果的。 『幸運を引き寄せる寝る前5分の魔法の習慣』
幸運を引き寄せる 寝る前5分の魔法の習慣幸運を引き寄せる 寝る前5分の魔法の習慣
(2011/01/19)
佐藤 伝

商品詳細を見る


機会があって、この本のDVD版を見てみた。
売り物じゃないのかな?

成功本みたいな内容。
ポイントは、いくつかあるが、おおむねこんな感じ。

1.今日寝て、明日起きる習慣をつける。

0:00までに寝て、早起きする習慣をつけましょう、ってこと。

2.習慣は3週間で身につく。

続けるのは、大変だと思っているが、実は3週間もやれば自然と身につく。
難しければ、小分けにしてやっていくと割と簡単にできるので、徐々に
難易度をあげていけばよい。

3.寝る前の3分間で感謝する瞑想を行う。

寝る前の3分間で、目を閉じて、その日あったことに感謝する、習慣をつける。
どんなことにでも感謝する、早起きできてありがとう、遅刻しないでありがとう、
などなど。

4.快眠を得るために、いろんなグッズを試す。

なかなか寝付けないときは、枕を変えたり、抱きまくらを用意したり、耳栓
してみたり、と眠るための環境を整えるツールを使ってもよい。
高いものを買う必要はない、数百円とか数千円程度でも快眠が得られそうなら
やってみる、ことが大事。

5.一番いいのは、お腹が空いて目が覚める、こと。

寝る前にモノを食べると、血の流れが胃に集中してしまうので、空腹状態で
寝るのがよい。お腹がへって自然と目が覚めるというのが一番理想的。

6.90分サイクルで睡眠をとる。

人間の睡眠サイクルは、90分周期なので、4.5時間、6時間、7.5時間、9時間
というサイクルで起きると寝覚めがすっきりする。

7.大事なのは、睡眠より起き方。

睡眠の質どうのこうのより、朝の起き方でその日一日の行動が変わってくる。
気持よくおきれたら、一日の行動がすっきり行える。

とまぁ、どこかで聞いたような話がほとんどだが、やってみると意外と効果的。
実際に一週間ほど、”今日寝て、明日起きる”と、”90分サイクルで睡眠”を
やってみた。

私の場合、だいたい5時間睡眠をとれば、なんとか一日を過ごせるので、
4.5時間で挑戦してみたのだが、23:45ぐらいにふとんに入り、4:30に
起きてみたら、あらふしぎ、ちゃんと起きれるし、寝覚めもすっきり。

だが、私の場合、寝覚めはすっきりだったが、日中は何度か睡魔に襲われたので
4.5時間はキツいと思い、翌日6時間でやってみたら、これまたすんなり起きれた。
しかも、頭が結構すっきりしてて、朝からギターが弾けてしまうぐらい脳が働いて
くれた。
無論、日中の睡魔はなし。

結構、いい感じだったので、一週間、最終的には、0:45に寝て7:00ゴロ起きる
パターンになったのだが、やってみたが、なかなかいい感じです。

寝起きに頭が働くというのは、えらいもんで、朝の時間を有効に使える。
無論、早寝するので、なんかもったいないような気がしたが、時間がない、と
思うと、無駄なことをしなくなるので、色々はかどる、という結果になった。

さらに、私は週末、実にぐーたらな生活をこれまでしてきたのだが、休みと
言えば12:00まで寝るというのが日課だったのだが、昨夜、2:30ごろ寝たら、
6時間サイクルがすでに習慣化されたのか、9:00前には目が勝手に醒めて
しまった。

しかも、そんなに眠くもない。v(´∀`*v)ピース
これは個人的には、ちょっとした快挙だった。
おかげで休みの日、やれることが増えて万々歳だ。
まぁ、これからこれが続くかどうか、疑問ではあるが...(;^ω^)

だが、ちょっとだけ早めに寝れば、寝覚めすっきりで、早起きもできてしまうのは
ちょっといい感じなので、しばらく続けてみようと思う。
平日はできるだけ0:00までに寝てみようと思う。まぁ、おそらくは1:00前に
なってしまうのだろうが、朝30分いつもより早起きできれば、さらに、頭もすっきり
してるので、たったの30分でも何かできるのは、いいことだ。

なかなか効果的な内容ではないか、と思う。
良い習慣が身につくなら、それに越したことはないし、うまくいくかどうかは
わからないが、軽い気持ちでチャレンジしてみてはどうか?と思う。

失敗しても、給料を減らされるわけでもなく、ヒトから非難されるわけでもなく
今までと変わらぬ生活が待っているだけなのだから。
しかし、うまく出来れば、時間を有効に使えるようになり、やれることも増えるv(´∀`*v)ピース。
試さない手はないですよね。



仮面家族...でも実は...『空中庭園』
空中庭園 通常版 [DVD]空中庭園 通常版 [DVD]
(2006/05/26)
小泉今日子、鈴木杏 他

商品詳細を見る


小泉今日子主演のメンヘラ映画。
隠し事のない家族なんて、ないわな(;^ω^)。

【ストーリー】

京橋家は、どこにでもある、父母、高校生の姉、中学生の弟という4人家族。
しかし、ひとつだけ京橋家には母が決めたルールがあった。
それは、『家族は、ウソをつかず、なんでも包み隠さず話す。』

そんなルールのおかげで、京橋家は朝から娘が
『あたしは、どこで仕込まれたの?あたしの生命のルーツは?』
と聞けば、
『野猿よ、ホテル野猿。』と答える母。
『なんか、懐かしいなぁ。』と父。

さらに弟が
『じゃぁ、俺は?俺の出生現場は?』
と聞けば、
『ここ。』と母。
『ここ?ここのどこ?』と弟。
『そこ。』とキッチンを顎で指す父。

しかし、実はそんな家族の個々にはナイショにしていることがあった。
父は複数のセ○レがおり、娘は不登校、弟は父のセ○レを家庭教師にした。
ある日、弟が父のセフレを家庭教師にすると連れてきたあたりからおかしく
なっていく。

しかし、母はそんなことはお見通しだった。
そして、母にも家族に言っていない秘密があった...壮大なスケールの秘密が...

【レビュー】

なんというか、なんとも廃退したムードのただようメンヘラ映画だ。
お父さん役が板尾創路なので、ちょっとコミカルに見える部分もあるが、
かなりテンションが下がる作品である。

こんな仮面家族は現代社会にはそこらにありそうな気もするが、根底にある
母の思いがなんとも切ない...
家族とは言っても、所詮は個の集まりであり、それぞれのアイデンティティという
ものがあり、秘密がないことのほうがおかしい。

しかし、愛情を注いでもらえなかった、と思い込んでいる女が妄想を元に
家庭を築くとこういうことになるのか?と思ってしまう、なんとも切ない映画だ。
そう、劇中に中学生の弟がいう、

『あまりに強い思い込みは、かえって周りを見えなくして
しまうので、危険。』


これがぴったりくる映画だ。
不倫が家族にバレて、娘から、お父さん、ちゃんとお母さんを愛してあげて、と
言った後にお父さん役の板尾創路が吐き捨てすように言うセリフがなんとも
切なく胸に突き刺さる。

『仕事を転々として、やっと見つけた仕事を続けて、
 子供ができて結婚する決意を固め、ほかのいろんな
 ことを諦めて、毎日がんばって仕事して、それでもあの
 ちっぽけな団地の家を守ろうとしている、なんて、愛が
 なかったらできるかい』


まさに、働く日本の企業戦士の内なる切実な思いだろう。
まぁ、やや特殊な家庭環境を描いてはいるが、家族との会話がなくなって
しまった家庭の方には、家族とはなんぞや、家族のあり方はどうある
べきか?を見つめるには、いい映画かもしれない。

あまり完璧なものを求めすぎてはいけない、と思う。
家族に秘密があってもいいし、もし知ってしまっても、犯罪でもなければ
さらっと流して、知らない顔をして過ごす、それが家族円満の秘訣では
ないかと思うのだが...自分にだって、言えないことのひとつやふたつ
あるのだから...

【送料無料】欲をすてるな

【送料無料】欲をすてるな
価格:1,260円(税込、送料別)


なんか...すごい 『アルタード・ステーツ』
アルタード・ステーツ~未知への挑戦~ [DVD]アルタード・ステーツ~未知への挑戦~ [DVD]
(2000/04/21)
ウィリアム・ハート、ブレア・ブラウン 他

商品詳細を見る


70年代のSF映画。
バンドやアルバムのタイトルになってることが多い名前なので
観てみたが、ちょっと難解で、カルトです。

【ストーリー】

精神分裂病の研究者のエディは、強い幻覚剤を用いて水槽の中で生命の根源に
ついて研究をしていた。
そこで、メキシコにさらに強い幻覚作用を生むキノコを使った儀式が行われている
ことを知り、家庭を捨ててメキシコに向かう。

そして、エディは自分の精神が退化し、原始人になる幻覚を見る。
羊を追い回し、殺し、生き血をすする、そんな原始な体験をしたあと、正気に
戻った時、エディの傍らにはトカゲの無残な死骸があった。

幻覚作用時に、エディが殺したものだとメキシコ人研究者はいうが、信じられなかった。
エディはその秘薬を持ち帰り、自らを実験台にしてさらなる研究を続ける。
あまりに危険過ぎる実験に、同僚も止めるがエディは聞かず、実験を続けた。

そして、その幻覚作用が実態化してしまう。
エディは実験中に原始人と化して、実験終了後、言葉が話せなくなり、カラダは
ゴリラと同じ構造になってしまう。

しかし、それは一時的なもので、クスリが切れたらもとに戻っていった。
そして、この実験を確実な証拠とするため、さらなる実験を続けるのだが、
事態はどんどん悪化していく...

【レビュー】

タイトルとなっている”アルタード・ステーツ”とは、『変性意識状態』(altered states
of consciousness)ということを指すらしく、本作では、強い幻覚剤を用いて
トランス状態に入れば、人間は太古の昔に意識を後退させることができ、さらには
生命誕生の秘密に迫れる、という結論を出すために実験を行っている。

人類のさらなる進化の先を見るのではなく、生命誕生に迫るというのは、なかなか
面白い発想だが、古い映画なので、映像処理がすごい(;^ω^)。
なんともカオスな映像満載だ。

なんだ、これ?っちゅうシーンが一杯あり、その映像処理の未熟さが手伝って滑稽に
すら見えるが、最後まで見てみると、なんというか、めちゃくちゃカルトムービーで
”なんか...すごい...”という表現しかできなくなってしまう。(;^ω^)。

主人公エディ役のウィリアム・ハートって、どっかで見たことある俳優さんだが、
どこで見たのか思い出せない。なかなかの男前だ。

かなり黒いシーンも結構あるので、そこらのホラーなんかより、結構気持ち悪いかも。
なので、グロがダメなヒトには、ちょっとキツい映画かも。
あと、70年代の映画だからか、処理が結構あまく、ウィリアム・ハートのお宝映像が
映ってます(///o///)ゞ 。いいのか、これ?って思っちゃいました( ̄ー ̄)ニヤリッ。

ぴょっこりと...その...亀が...。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!
なんともカルトな映像だが、SF映画としては面白いと思う。
SF大好きなヒトは一観の価値ありですよ。
ちょっとカオスなので、観るにはちょいと気合がいるかも、ですが...

やっぱちょっとイマイチ 『あなたの知らない怖い話』
レンタルオンリー作品??
セル版が見つけられなかった。

10分×11話のオムニバスホラー映画。

【ストーリー】

【卒業写真】

久しぶりに会って女子会を開く3人が卒業アルバムの影の薄い
女の子にらくがきを...

【君の分まで】

田舎から東京に出て弁護士になって、久々に帰郷、しかし、
そこには暗い過去が...

【殺人予告】

ニートがおもしろ半分で書き込んだ殺人予告が...

【キモダメシ】

ツレの仕込みで廃墟に忍び込んでいた男が...

【殺人の方法】

ホームヘルパーが入った先の家で発見した本、それは『殺人の方法』...

【とうさつ】

とうさつマニアの男性が、パーキングエリアの女子トイレに隠しカメラを
セットして見たものは...

【不倫】

不倫した女が夜中に不倫相手に見たものは...

【残業霊】

残業していたアラフォー女に忍び寄る影、それは...

【死してもなお】

結婚を控え同棲をはじめたカップル...しかし、その家に
現れたものは...


【カーナビゲーション】

適当にカーナビに電話番号を入れて、導かれるままにそこにいく
カップル...しかし、カーナビが案内したのは...

【村八分】

秘湯を求めてやってきた二人の女性、その女性を案内した女、
それは...

【レビュー】

投稿系の話をオムニバスにしたような作品だが、それなりに
見かけたことのあるタレントもでてるので、まんざらB級と
いうわけでもなさそうだ。

だが、やっぱ、内容的には、イマイチかな...
というか、この手の作品を見すぎて麻痺してるのかもしれないが...

1話10分というのは、見やすいね。暇つぶしにはいいかも
しれない。
さほど怖いと思ったものはないが...まぁしいていうなら、
【カーナビゲーション】はちょっと気持ち悪かったですかね。

カップルでどうぞ。( ̄ー ̄)ニヤリ

【送料無料】旧怪談

【送料無料】旧怪談
価格:1,000円(税込、送料別)

売れる女楽隊の作り方 『The Runaways』
ランナウェイズ [DVD]ランナウェイズ [DVD]
(2011/08/26)
クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング 他

商品詳細を見る


70年代に度派手なパフォーマンスで一世を風靡したガールズロックバンド
The Runawaysの伝記映画。

歌唱力はひどいが、ダコタ・ファニングはよくがんばった、と思う。
安達祐実にしか見えないが...(;^ω^)

【ストーリー】

1975年、15歳のシェリー・カーリーは、すこしオトナの真似をしたいお年頃。
メイクをし、双子の姉と一緒に男遊びに興じていた。
そして、学校の口パクコンテストでデビッド・ボウイの真似をして見事に優勝。

時を同じくして、女の地位がまだまだ低い時代にギターで一発当てたい少女、
ジョーン・ジェットがパブに出入りしていた。
そこでジョーンは、ロック界の有名プロデューサー、キム・フォーリーと出会う。

ジョーンは、キムにロックをやっていると言うと、デモテープはあるのか?と
言われタジタジになるジョーン。そこでキムからドラムのサンディを紹介される。
ふたりはすぐさま練習をはじめ、キムの指導を受ける。

しかし、キムは、何かが足りない、男全盛のロック界に少女バンドが殴りこみを
かける何かが...そんなある日雑誌を眺めていたキムはブロンドのセクシーな
カリスマが必要だと感じ、バーに繰り出す。

そこでキムは、シェリーを見つける。まさに理想的な女だった。男を見るその鋭い目に
惚れ込んだキムは、シェリーにバンドでヴォーカルをやらないか?その気があれば
一曲練習して、トレーラーまでこい、と告げる。

シェリーは好奇心に駆られ、優しい曲を一曲練習して約束の場所に向かった。
しかし、そんなやわな曲じゃだめだ、とキムはシェリーを少し待たせて、シェリーの
ための曲を即行で作る...名曲チェリーボムの誕生だった。

バンドは男の世界に殴りこむためのざわを伝授されツアーに出かける、そして
ついにレコードデビューにこぎつけ、日本で爆発的な人気を得、その地位を
不動のものにしていく...しかし、上り詰めると色々な問題が出てくる...

【レビュー】

ランジェリー姿で派手なパフォーマンスをするガールズロックバンド、
The Runawaysといえば、70年代に学生だった人たちなら誰でも股間をふくらませて
ワクワクしたのを覚えているだろう。

そんな頂点に上り詰めたガールズロックバンドの栄枯盛衰を描いた作品だが
よくできている。ガールズバンドで売れたければ、こうしなさい、という教科書の
ような映画だ。

それだけじゃない、ショービズ、いや、あらゆるビジネスで成功するための
ヒントが随所に散りばめられているので、マーケティングをやってるヒトは是非
見るべきだと思う。

キム・フォーリーというおっさんは私は知らないが、この映画で出てくるこの
おっさんの強烈なアドバイスはまさに的を得ている。イカれたおっさんに
描かれてるが、天才ともいうべきビジネスマンだと思う。

”女がロックの世界で成功したけりゃ、
チ○コで考えろ!?”


すごい...あのシェリー・カーリーのランジェリーコスチュームの裏に
そんな思想があったなんて...

”お前らに、価値があると思うか!?”

シェリーがバンドを休みたいと言ってスタジオを出ていった後、それでも
録音をしようとしたバンドのメンバー、特にジョーン・ジェットに言った一言。
まさに、ショービズを知り尽くした男の言葉だ。

所詮、ガールズバンドなんざその技術など誰も期待してない時代。
売れるには、カリスマヴォーカリストの存在こそが成功のカギだ。

あの男を食い殺すかのようなイデタチのシェリー・カーリーが、実はすごい
家族思いのよい子だったなんて、この映画を見るまで知らなかった。

てっきりヤク漬けで、ガキの頃から札付きの悪なねぇちゃんが更生のために
バンドやりました、的なキャラかと思っていたのだが...目からウロコだ。
むしろ、バンドをやってから堕落の世界に入っていったのだが。

この映画もやはり、キャスティングに大成功した映画だ。
ダコタ・ファニング演じるシェリー・カーリーも、クリステン・スチュワート演じる
ジョーン・ジェットも恐ろしく本人に似ている。

メイクの技術なのか、そのイデタチが似ているというだけで、どっぷりその
世界観にハマることができるというのは、やはり大きい。
まぁ、ダコタ・ファニングの歌は、さすがにシェリー・カーリーほどの迫力は
ないが...

ほかのメンバーもどことなく似ているところが笑える。
リタ・フォードは確かバンド解散後もタレント活動してたような...
まぁ、それはさておき、70年代のロックが大好きなヒトには、楽しめる映画だと
思うし、意外にいい映画だと思った。

ちなみに、ちょい役で意外な女優が出演してる。エンドロールでその名前を発見
してちょっとびっくりした。(;^ω^)。私はその女優さんが大好きでした。
学生時代のあこがれのヒトでした(;^ω^)。

Runaways / Live In Japan 輸入盤 【CD】

Runaways / Live In Japan 輸入盤 【CD】
価格:2,195円(税込、送料別)




なかなかおもしろかった。『GANTZ』
GANTZ [DVD]GANTZ [DVD]
(2011/07/13)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


知り合いが観て、意外とおもしろかったというので、観てみた。
なるほど、なかなか楽しめた。

【ストーリー】

就活中の玄野は、駅のホームで幼馴染の加藤を見かける。
声をかけるのもどうか、と躊躇っていると、線路に酔っ払いが落ちた。
電車が間もなくやってくるというとき、加藤は酔っ払いを助けに線路におりる。

玄野はためらったものの、加藤に手を貸すことに。
しかし、そこに電車がきて二人は轢かれてしまう。

どういうわけか、次の瞬間、ふたりは都内のどこかわからないビルの一室に
いた。
そこには、同じように死に直面した瞬間その部屋にやってきたと思しき数人が
いた。そして、謎の黒い玉。

何がなんだかわからないうちにその黒い玉から司令が出される。
ねぎ星人をやっつけてこい、と。
そして、そこに集められた人間は夜の街に放りだされる。
そして、知らない間にゲームに参加させられる...

そして、敵を倒して生き残っていると、勝手に採点され、100点に達すると
100点メニューから今までの生活に戻るか、戦闘で死んだヒトをひとり
生き返らせることができる、という選択肢を与えられる...

【レビュー】

漫画の実写化映画のようだが、なかなかストーリーは面白い。
日本のSFものというのは、コスチュームやらシチュエーションやらが
どうも風土に合わないというか、欧米のかっこいいものが頭の中に
インプットされてるので、違和感を覚えざるを得ないのだが、本作は
さほど違和感を感じることもなく見れた。

主役がジャニーズの二宮というのは、いささか役不足なような気も
するが、ストーリーが進んでいくうちに、まぁ、これはこれでありか?
と思ってくるので、いいんじゃないだろうか?

原作を知らないので、楽しめた部分もあるかもしれない。
登場人物の中の岸本恵役の夏菜という女の子のプロポーションが
抜群だ。

吉高由里子も出演しているが、存在感はやや薄い(少なくとも本作では。)
このヒト、綺麗な人だと思うんだが、なんか、存在感が薄い。
インパクトにかけるというか、よくよく見るとすごい美人なんだが、でも
なんだか言われないと、そのまま見過ごしてしまいそうなヒトだ。

まぁ日本のSF映画にしては、及第点ではないかと思う。ストーリーの
面白さはやはり重要だと思う。いかにショボい役者陣でも、ストーリーが
面白ければそれなりに楽しめる。

暇つぶしにはちょうどいい作品です。なかなかおすすめですよ。

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。