FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーむ、よくできてる。 『GANTZ Perfect Answer』

GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]
(2011/10/14)
二宮和也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


漫画の実写化映画。
邦画は往々にして当たり外れが大きく、ましてやアニメの実写化などは
何をいわんや状態なのだが、これはストーリーも映像もよくできている
と思う。

【ストーリー】

Gantzという黒い玉に運命を握られ、不定期に呼び出されては指示された
敵を倒し、採点されるという奇妙な世界にひきづりこまれた玄野。

そして、前回の戦いで死んでしまった玄野の幼なじみ加藤。
玄野は加藤を復活させるべく戦いをつづけ、やっとあと少しで100点を
取れるところまで来ていた。

しかし、ここに来てGantzに異変が生じ始める。
今までは仮想世界での戦いだったが、現実の人間を巻き込みはじめていた。
そして、玄野を慕う、小島多恵が次のターゲットに指定される...

さらに、どうやらGantzのヒミツをしる”黒服星人”なる新たな敵が...

【レビュー】

原作は知らないが、これは実によくできた話だし、映像も恐らく遜色ない
映像に仕上がっているのだろう。
面白い。普通に見ていて面白い。

そして、本作のオチもなかなかのものである。
邦画のSF映画でここまで面白いのは本シリーズがはじめてではない
だろうか?

原作も読んでみたいが32巻もあるのね(;´∀`)。
漫喫行って読もうかしら...

邦画にしては珍しく面白い作品です。
かなりおすすめ。


スポンサーサイト
淡々と進むハードボイルド 『The limits of control』

リミッツ・オブ・コントロール スペシャル・エディション [DVD]リミッツ・オブ・コントロール スペシャル・エディション [DVD]
(2010/11/04)
イザック・ド・バンコレ、アレックス・デスカス 他

商品詳細を見る


ハードボイルドなクライムサスペンス映画。
なんちゅうか....どうなん、これ??って感じの映画。

【ストーリー】

“自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ”という言葉のみを任務として与えられた
ある男が、場所場所で司令の入ったマッチ箱と交換にその男へと、一歩、また
一歩とその男に近づいていく。

司令を受けた男は、エスプレッソを必ず2杯頼み、司令を持ってくる仲間は
”スペイン語は話せるか?”という合言葉で相手を判断する。

携帯も銃も、仕事の最中は、セックスもしない、それが男の流儀...
そして、暗殺の方法は”想像力を使う”こと...

【レビュー】

意味深な暗殺指令からはじまるこの映画、その先に何があるのか、ちょっと
ワクワクするのだが、延々と司令の受け渡しが行われる...

これは....一体どうなんでしょ?と途中で思い始めて、エンディングは
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工...っていう展開です。
・・・_| ̄|○・・・

ハードボイルドもここまで行くと、正直退屈。退屈すぎるし、意味分からんし...
そんな映画です。(TдT)

見終わって残ったものは、時間を無駄にした、というがっかり感のみ(TдT)。
何が面白いんでしょうか...映画館で見たら、かなりムカついたと思う
映画でした。

あ、ちなみに、この映画にはなぜか、工藤夕貴が出てます。
すっかり劣化しちゃってますけど...(;^ω^)
せめて工藤夕貴のエッチなシーンでもあれば、多少は救われたんですが
ないです..._| ̄|○...。

つまらん...そんな言葉しか出てきません。
忍耐力をつけたい方は、どうぞ。

麻生久美子オンステージ 『インスタント沼』

インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]
(2009/11/27)
麻生久美子、風間杜夫 他

商品詳細を見る


麻生久美子主演のコメディ。
っちゅうか、ストーリーなんてどうでもいい感じの麻生久美子オンステージ
という感じの映画。

【ストーリー】

沈丁花ハナメは、雑誌社で雑誌企画リーダーを務めるOL。
非科学的なものは一切信じないハナメだが、母親はかっぱが見えるという。

あほくさ、と思いつつも担当した雑誌が休刊になり、何もかものがうまく
行かないスランプに陥りはじめ、雑誌社をやめてしまう。

そんなある日、ハナメの母が沼に溺れて昏睡状態になってしまい、その沼から
昔盗まれたポストも発見される。そのポストの中には、昔ハナメの母が男に
宛てた手紙が出てくる。

手紙を読んでみると、自分の父親が、離婚して別れた父ではなく、遠い親戚の
ノブロウだと知る。
ハナメはとりあえず逢ってみるか、とノブロウを訪ねるとイケテない骨董品屋を
営んでいた。

しかし、そこからハナメはこのイケテないノブロウと骨董品屋にハマっていき
なけなしの全財産をはたいて自分も骨董品屋をはじめる。
全然売れない骨董品屋となってしまったが、ノブロウの一言にヒントを得て、
店の企画をいっぺんすると、元をとれるまでになった。

そして、うまくいきかけたある日、ノブロウは店をやめると言い出す。
そしてあるカギをハナメに譲ることに...そのカギとは先祖代々 沈丁花家に
伝わる蔵のカギだという。中身は不明。

ハナメはノブロウに100万円を巻き上げられるハメになるが、そのカギを
手に蔵を探しに行くことになる...

【レビュー】

なんっちゅうか、ナンセンス極まりない、そしてそれほど笑えるわけでもない
しょーーーーーーもない作品で、ただ、ただ麻生久美子はかわいいなぁ、という
映画。

ただ、恐らくこれがこの映画の一番重要なポイントなのだろうが、上がらない
テンションを上げる方法が描かれている。

それは、テンションが上がらないときは、水道の蛇口をひねる、ということ。
水道の蛇口をひねり、水が手水鉢にあふれる前に、近所の自販機に缶ジュースを
買いに行ったり、風呂に水を貯めてる間にメシを食いに行く、たったそれだけ。

しかし、水があふれる前に帰ってこなければ!というハラハラ、ドキドキ感が
その一瞬のテンションを一気に上げてくれる、というある種の魔法のような
おまじない、というか...これは確かにテンションが上がるかもしれない。

なんでもない行動に少し手を加えるだけで、人間のテンションは一気に
上がるものなんだなぁ、というのに気付かされる。

テンションが下がって、どうしようもない時には、試してみるといいかもしれない。
あるいは同様の方法を自分なりに見つけてみるのもよいかもしれない。

あとはオチもイマイチだし、ストーリーも大して面白いわけでもないし、
ひたすら麻生久美子というキャラがかわいい、というだけの映画。

最近CMで家庭的な役ガラを演じる麻生久美子だが、個人的には理想的な嫁だと
思う。こんな嫁なら、結婚してもいいかな、と思えてしまうから不思議。

色白で顔ちっちゃくて、オッパイはそんなに大きくないが、足もきれいで
いうことないんだが、腰からおしりがなんか、太いよね、このヒト。(;^ω^)。

どっちかっつーーーーーと、女性のほうがこほ映画には共感を得られるのでは
ないかと思う。テンション下がり気味の女性にはオススメの映画かも。

複雑だが、面白い 『Inception』

インセプション [DVD]インセプション [DVD]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る


デカプリオ主演、渡辺謙も出ているSFサスペンス。
かなり複雑で頭がごっちゃになりそうだが、面白い。

【ストーリー】

コブは夢を使ってヒトの意識の中から秘密情報を盗み出す産業スパイ。
ある日、彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼。

依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるよう
アイディアを“植え付ける”こと(インセプション)だった。

かなり高度な技術を要し、スペシャリストでチームを組まねば失敗して
無意識の中に落ちて出られなくなってしまう。
しかし、コブにはやらねばならない理由があった。

妻モル殺害の容疑をかけられ子供に会えずにいたのだ。
サイトーは、仕事を成功させたら、コブの犯罪歴の抹消をすると約束し、
コブは仕事を引き受けることに...

メンバーを集め、入念に計画を練り、充分に情報収集を行なって事に
当たったコブだったが、ターゲットのロバートは意識から情報を守る
訓練を受けていた。そのことを知らなかったコブとチームは、ロバートの
生み出すセキュリティに攻撃されることになる...

【レビュー】

夢の中で夢を観させて、相手を混乱させて、一つのドラマを相手に
信じこませる、というわけのわからない設定で、現実とは別の世界を
創り上げるという点では『MATRIX』に通じるものがある。

まぁ、あそこまで派手なアクションだの銃撃戦はないものの、こちらも
結構派手にドタバタやっていた。

ストーリーはかなり面白いし、VFXもかなり見応えがある。
主演がデカプリ夫というのは、少々解せないがかなり楽しめる映画だ。
最初に出てくる老人の意味はさっぱりわからなかったがエンディングで
その謎が解ける。

このあたりもなかなか面白い演出。
最近、こういう作りの映画が多いですね。

メンバーの一人で、仮想世界の設計をするアリアドネ役のエレン・ペイジが
やたらかわいい。中学生みたいなあどけない面持ちだが、24歳なのね。

最近観た映画の中では当たりだった。
オススメ。


アクションは楽しめるかな...『カラテガール』

KG KARATE GIRL【DVD】KG KARATE GIRL【DVD】
(2011/06/21)
武田梨奈

商品詳細を見る


ノースタント、ノーワイヤー、ノーCGのほんものカラテガールが
演じるカラテアクション映画。

【ストーリー】

沖縄の伝説の空手家 紅宗次郎の黒帯を狙い、格闘家をビジネスにしようと
目論む田川は、紅宗次郎の息子である紅達也を襲撃し、黒帯と娘のひとり
菜月を拉致する。

ひとり生き残った紅彩夏は、そのことには触れず密かに父の教えである
カラテを鍛錬していた。

ある日、彩夏のバイト先である映画館でひったくりが発生し、それを無意識の
うちにカラテで仕留めてしまった彩夏。
それがネットで話題になり、田川の耳に入ることに...実は田川が以前
手にした紅宗次郎の黒帯はニセモノだったので、田川は再び黒帯を狙う。

そして、その仕事を彩夏の妹である菜月に命じるのだが...

【レビュー】

さすがに本物ののカラテガール武田梨奈が主演だけに、なかなかの
格闘シーンが見れます。が、妹役の飛松陽菜のほうがキレがあって
かっこいいかも...(;^ω^)

女子高生の強い格闘家というのが話題になったんだろうが、ストーリーは
ショボい。・・・_| ̄|○・・・まぁ、これが日本映画のクオリティかな。

カラテというよりは、カンフーに近い感じがするんだが...
北斗の拳でよくみるハイキックを相手とクロスさせる型が出てくるので、
北斗の拳って沖縄空手から取ってるのか?と思ってしまいました。

ストーリーはショボいですが、なかなかいい感じのアクションが見れますよ。
格闘映画好きなら割りと満足できるかも。
ただし、武田梨奈の美味しいシーンはありません(;^ω^)。

古いけど面白かった 【シックス・デイ】

シックス・デイ 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]シックス・デイ 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]
(2010/05/26)
アーノルド・シュワルツェネッガー、トニー・ゴールドウィン 他

商品詳細を見る


シュワちゃん主演のSFアクションサスペンス映画。
ずーーーと観ようと思ってほったらかしにしてたんですが
やっと観ました(;^ω^)。

【ストーリー】

アダムはヘリパイロットで妻子ある普通の男。
ある日、飼ってた犬が病気で死んでしまい、娘にせがまれてクローンペットに
することを検討する。

クローンにすることに乗り気ではなかったアダムだが職場の同僚の勧めも
あって、一応見に行くことに。

そして、誕生日パーティに出席するためにうちに帰って見たものは
自分のクローンがすでに自宅にいて誕生日パーティを楽しんでいる光景。

アダムは何がなんだかわからないが、そこへ怪しい連中がやってきて
アダムは命を狙われるハメに...

なんとかこの事態を納めて元の生活を取り戻そうとアダムは動き始めるが...

【レビュー】

近未来、臓器のクローン再生が許可され、あちこちにクローンがはびこる
時代に人間のクローンを作ってしまう、というお話だが、なかなか興味
深い。

古い映画だが、今もなおこのクローン技術は現在進行形のテーマだ。
パーツをクローンで作るのはいいが、そこには色々な問題が山積されて
おり、この映画のようにその技術を手にした人間の資質によっては
神にも悪魔にもなりえる、というのは否めないだろう。

ストーリーも話の展開も映像も充分たのしめる娯楽映画なので、
観て損はない映画だと思う。

10年以上前の作品だが、そんなに古さは感じさせない。
人間はやっぱりいつか死ぬほうがいいと思う。
金持ちほど長生きしたがるが、貧乏人や大して今の人生で幸せでなければ
次の世に生まれ変わったほうが幸せかもしれないし...ただし、輪廻
転生という概念が正しければ、だけど。

ぼけぇ~と観てても楽しめる映画なので、お暇なときにどうぞ。

【送料無料】ヒト・クローン未来への対話

【送料無料】ヒト・クローン未来への対話
価格:2,310円(税込、送料別)



酷い・・・_| ̄|○・・・ 『カンフーサイボーグ』
カンフーサイボーグ [DVD]カンフーサイボーグ [DVD]
(2011/05/06)
フー・ジュン、アレックス・フォン 他

商品詳細を見る


『カンフーハッスル』の制作に携わったヒトが監督したSFラブコメアクション映画。
娯楽映画のいい要素を全部ツッコンだら、駄作中の駄作になっちゃいました、的な
作品。
これは酷い...

【ストーリー】

西暦2046年、政府は危険な任務を人間に代わって遂行させるため、サイボーグの
製造を開始。それらはKシリーズと呼ばれ、その第1号であるK1が極秘に田舎の
警察署に送られる。

警察所長タイチョンは、署内唯一の女性警官ムイに好意を寄せていたが、ムイは
K1に惹かれはじめて、心よく思っていなかった。

K1は田舎のちっちゃな事件を解決し、人々の信頼を集め始めていた。
そんなある日、K1の前に彼と同様に開発されながら自己の意識に目覚め、
センターを逃走した新型サイボーグK88が現れ、二人は闘うことに...

ここでタイチョンはこの戦闘に巻き込まれ、死亡してしまう。
それをK1がなんとか生き返らせるべく、サイボーグ化を依頼するのだが...

【レビュー】

トランスフォーマーやマトリックスのパクリ満載だが、全然かっこよくなく、
おまけに随所に散りばめられた小ネタもイマイチ笑えないし、挙げ句の果て
には、ラブストーリーをメインストリームに持ってくるという荒業┐('д')┌。

娯楽映画のおいしいところを全部つなぎあわせてみたら、とんでもなく
まずい食い物が出来上がってしまいました、的な感じの映画です。・・・_| ̄|○・・・

役者も主人公は向井理+草剛を二で割ったようなルックス、ヒロインは
往年のかとうかず子?、所長は谷啓、と役者までパクリかい!?と言いたく
なるようなルックスです。

メカニックCGもなんというか、あぁCG...いや、アニメ?と言いたくなるような
リアル感のないもの。
非常に後味の悪いというか、なんだこれ??って言いたくなるような映画
でした。

まぁ、ツッコミを入れるにも、あぁツッコンでほしいんやろな...やめとこ、って
思うようなネタだし...お暇ならどうぞ。(;^ω^)

イエローヌンチャク

イエローヌンチャク
価格:4,410円(税込、送料別)

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。