FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう何がなんだか...【トランスフォーマー ダークサイド・ムーン】

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2011/12/16)
シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル 他

商品詳細を見る


SFロボット映画、トランスフォーマーの三作目。
もうなんかごちゃごちゃで┐('д')┌。

【ストーリー】

人類がはじめて月に降り立ったのには、理由があった。
軍の特殊業務についてたオプティマスプライムたちは、人間が
月で発見した難破船から持ち帰った部品について、知らされていなかったことを知る。

そして、それはオプティマスの故郷から脱出した宇宙船で、そこには大いなる
秘密が隠されていた。
そして、それを狙うメガトロンの陰謀が...

【レビュー】

シリーズ3作目となる本作。相変わらずストーリーはぐだぐだだ...
そして、CGフル活用の戦闘シーンもあるが、機械ものが巨大化したものを
描くというのはやはり、かなり無理がある。

もう、なんだか、すごいんだか、なんだかよくわからない。
緻密に描きすぎた機械の塊がグネグネ動いてるとなんだか、それはどうなってる?
という感じで、どこのパーツが動いてるんだか、よくわからない(TдT)。

そして、変なラブストーリーを絡めるものだから、ストーリーもグダグダ。
ほんとになんだかなぁ、という感じだ。
しかも、長い。2時間半もある、この映画。

もう途中でかなり飽きてしまう。
ヒロインのねぇやんも全然美人じゃないし。なんか、アメリカのB級キャバレーの
トップって感じ。

なんだか、もうお腹いっぱいって感じです。
まぁ、お暇ならどうぞ。ってところですかね。


スポンサーサイト
全然Sの話ちゃうやん┐('д')┌。 【マルキ・ド・サドの調教哲学】

マルキ・ド・サドの調教哲学 [DVD]マルキ・ド・サドの調教哲学 [DVD]
(2006/09/02)
サーラ・サルティーニ、アントネッラ・サルヴッチ 他

商品詳細を見る


”S”の語源、マルキ・ド・サドの書いたお話の映画。
なんか、想像してたのと全然違う話だった。

【ストーリー】

純真無垢な18歳のユージェニーに大人の快楽をサンタンジュ婦人が
指南する...

【レビュー】

どうもSMの世界というのは、理解できないので、本家本元の書いた話でも
見れば、ちょっとは理解できるのか??と思って観てみたのだが、なんか
そっちの世界の話ではなかった..._| ̄|○...。

普通のエ○ドラマだった。つまんねぇ。
まぁ、SMの世界にハマりたいわけではないが、痛いのとか痛い思いをさせる
ことのどこに快楽があるのか、っちゅうのをちょっとだけ覗いてみたかった
んだが、この映画ではかけらも感じ取ることはできなかった。

つまんないですよ、この映画。

前半退屈すぎ...B級マッドサイエンス【神風】

神風 [DVD]神風 [DVD]
(2004/06/25)
リシャール・ボーランジェ、ロマーヌ・ボーランジェ 他

商品詳細を見る



リュック・ベッソン製作の1986年のマッドサイエンスサスペンス映画。
序盤が退屈すぎて寝そうになった。(;´∀`)

【ストーリー】

企業の研究者をしていたアルベールは、事業縮小を機に30年務めた
企業をクビにされてしまう。

失業してテレビ漬けの毎日になってしまったアルベールは、だんだん
テレビで司会を務める女子アナがウザくなって、自身が開発した
殺人電波砲でブラウン管の向こう側の人間を殺し始める...


【レビュー】

なんともB級臭い映画で、古い映画ということもあって、ところどころ
笑えるが、笑いを取ることが目的でない映画だけに詰めが甘い。

序盤は実に退屈で、寝てしまいそうになった。
マッドサイエンスサスペンスなのに、担当刑事と通信相の女の妙な
恋愛シーンはなかなか笑える。その下りはいるのか??

というか、タイトルの”神風”に何の意味があるのか、と思ってしまう。
さらに、謎で印象的なセリフが、

”ハラキリではない、カミカゼだ”というところも、なんやねん、それ!?
と思ってしまう。

題材にしてる殺人電波はなかなかおもしろいので、リメイクして、もっと
笑いが取れるようにすれば、ヒットするんじゃないだろうか?
そういう意味では、素材はいいと思うんだけどなぁ...

まぁ、突っ込みどころもそこそこあるので、暇なら見てみてもいいかも
しれない。

新型ゾンビホラーか!?【ラスト・ブレス】

ラスト・ブレス [DVD]ラスト・ブレス [DVD]
(2011/12/23)
トレイシー・ティーグ、マシュー・J・ライト 他

商品詳細を見る



オカルティックホラー作品。
まぁ新しいっちゃぁ、新しいかな。
結構衝撃的な映像もあるので、心臓の弱い方は注意が必要かも。


【ストーリー】


オークションで生計を立てるスーザンは、末期がんを患っていた。
ある日、コリンズと名乗るお客がやってきて、ネットに掲載していた
木箱の実物を観たい、併せて落としてほしい本がある、2万ドルまでなら
出せる、言った。

スーザンは木箱の大本の持ち主を検索し、その男の研究内容に興味を
惹かれた。男の研究とは不老不死。

スーザンはコリンズのもうひとつの望みである、古い本を見事落札し、
本を触ってみると、なにやらカギのようなものが本に仕込まれているのを知る。
そして、そのカギで木箱を開けることができた。

そこには封印された試験官のようなものが...興味本位でその試験管を
開けたスーザンの身に変化が起きる...喜びもつかのま、スーザンには
副作用も現れ始める...

【レビュー】

ホラー業界は相変わらずゾンビものが好きなようだ...形はちょっと違うが
これもゾンビもの映画と言えるだろう。

ちょっとミステリアスな雰囲気がストーリーに込められているが、まぁ、
大差はないかな。

ゾンビものが嫌いな私としては、少々がっかりな映画だった。
映像的には、かなりグロなシーンもあるので、気持ち悪いのがダメなヒトは
要注意です。(;´∀`)

怖いというよりは、気持ち悪いのほうが強い映画ですかね。
お盆だし、ちょっとはぞっとしたいヒトにはいいかも。

原作は知らないが、つまらない...【荒川アンダーザブリッジ】

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スタンダードエディション(通常版) [DVD]荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE スタンダードエディション(通常版) [DVD]
(2012/08/08)
林遣都、桐谷美玲 他

商品詳細を見る


漫画原作の実写映画版...らしい。

【ストーリー】

土地開発を手がける市ノ宮財閥の御曹司が、国との共同プロジェクトを
任されることになる。

その場所とは、荒川河川敷。しかし、そこには不法占拠する得体のしれない
集団がいる。そいつらを立ち退かせるのが、御曹司の仕事。

なんとか、連中を立ち退かせようと、持てる財力を駆使して立ち退き交渉を
行う御曹司だが...

【レビュー】

登場人物が奇妙なキャラだったのと、タイトルがなかなかイイ感じだったので
観てみたのだが...なんで、こう、邦画とやらは、ラブコメにしたがる
のかねぇ...っちゅうか、原作がそうなの??

原作を知らないので、偉そうなことは言えないが、強烈なキャラが出てくる
わりには、ちっとも笑えないし、ヘンにキザなセリフ多いし、ストーリーも
なんか臭いし、演技は学芸会並だし...個人的にはいつものジャパシネ駄作
だった。

なんか、中途半端なんですよねぇ、邦画って。
インド映画みたいに、あれもこれも詰め込もうとするからこんな映画に
仕上がってしまうのではないですかね?
(もっとも、インド映画はそれがこっちの想像を超えるぐらい詰め込み
まくってるので、それはそれで笑えるんだが...)

まぁ、とにかくつまんなかったっす┐('д')┌。
原作知ってるヒトは楽しめたのかも。

ほぼ笑えない...【アザー・ガイズ】

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [DVD]アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [DVD]
(2012/01/07)
ウィル・フェレル、マーク・ウォールバーグ 他

商品詳細を見る


ウィル・フェレル主演のドタバタ刑事物コメディ。
このおっさんの映画はどうも相性が悪いらしく、全く笑えなかった。
まぁ、クスって程度かな。

【ストーリー】

ニューヨーク市警には、かなり過激だが、事件を解決する二人のヒーロー
ダンソンとハイスミスがいた。

彼らはニューヨーク市警の花形刑事だったが、ある事件で犯人を追いかけ
なぜか、ビルの20階からダイブしてしまう。
そして、地面に激突、そのままあの世に逝ってしまう。

ニューヨーク市警では次のヒーローは俺たちだと息巻くコンビがいくつか
いた。その中の一組が、ギャンブルとホイツ。

ホイツは、過去に野球選手を誤って撃ってしまいトラウマを抱える男、
ギャンブルは、完全に事務方に徹したいタイプ。

ホイツはチャンスとばかりニューヒーローを目指すが、ギャンブルが
全く乗ってこない。そんなふたりがあるショボい事件を追いかけるのだが...

【レビュー】

なんちゅうか...ほぼ笑えなかった。ネタがわかりにくいというか、
個人的な趣味に合わないというか...個人的な感じでいうと、
クラスにひとりはいる、一生懸命ギャグをやろうとするけど、全くウケない
でも、それを続けてる男っていたじゃないですか?あんな感じ。

(゜O゜;アッ! あれだ!銀シャリっって漫才師の鰻とか言う奴のネタ
を聞いたときの、あの感じがぴったりかも( ̄ー ̄)ニヤリッ。

まぁ、とにかく、つまらなかった。一生懸命なんかネタを仕込んでいるが
全くだった。ヒトを選ぶコメディだと思う。

しかし、エンディングとエンドロールで、この映画が伝えたいことが
示されているので、どうやら意図はあるようだ。まぁ、大した意図でも
ないけどね。(;^_^A アセアセ・・・

どうも、このウィル・フェレルって役者のコメディ映画は毎度笑えない。
どうやら趣味に合わないようだ。
お暇ならどうぞ。

少々ウザいがいい話【ライアーライアー】

ライアーライアー デラックス・エディション [DVD]ライアーライアー デラックス・エディション [DVD]
(2004/09/29)
ジム・キャリー、モーラ・ティアニー 他

商品詳細を見る


ジム・キャリー主演のハートフルコメディ。
おこちゃまとの関係がギクシャクしてるヒトにはぐっとくるかも。

【ストーリー】

フレッチャーは、一流の弁護士。どんな訴訟もそつなくこなし、
口から生まれたような口八丁手八丁で訴訟を勝ち抜いてきた男。

しかし、職業病とも言えるこの口が災いして、元嫁と息子との
約束はいつもほったらかし。

ある年の息子の誕生日。またまた誕生日パーティに行くという
約束をほったらかしてしまう。

そして、息子は、誕生日のお願いごとに、パパが一日だけウソを
つけないように、とお願いしてしまう。

そして翌日、大事な訴訟に向かうフレッチャーだが、いつものように
ウソがつけなくなってしまう。

そして、それが元で事務所のアシスタントや元嫁が離れていって
しまうことに...

【レビュー】

ジム・キャリー持ち前のオーバーアクション炸裂の一品。
あのオーバーアクションがウザいと思うヒトには、この上なくウザい
作品(;´∀`)。

しかし、ストーリーはなかなかハートフルで、子供を持ってる
お父さんなら、きっと、ぐっとくる作品。

ちょっとマネできないオーバーアクションだが、子供とギクシャク
しちゃってるヒトには、ヒントになるかも。

元嫁役のモーラ・ティアニーがイイ感じのお母さん役をやっている。
このヒトもアメリカの母って感じがぴったり。
(もっとも、本作は1997年の作品なので今となっては...(;´∀`))

古い映画だが、結構好きな作品。

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。