FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爆笑必至のプロモ短編映画【fist of jesus】


敬虔なキリスト教信者には怒られそうだが、これはおもろいわ。
本編を作成するためのプロモ短編映画だそうだ。

ストーリーは、キリストが説教を垂れる村がゾンビであふれかえり
キリストとヤコブが魚を武器にゾンビと戦う、というもの。

突っ込みどころ満載の爆笑B級スプラッターホラー映画に仕上がってます。
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

そこらの映画よりはるかに面白いです。
是非、日本の映画会社は、制作権を買いにいくべきだと思うのですが...

15分程度の短編で、言葉がわからなくても十分楽しめます。
久々に爆笑しました。おすすめです。

スポンサーサイト
哲学的で笑えない...【ウディ・アレンの重罪と軽罪】

ウディ・アレンの重罪と軽罪 [DVD]ウディ・アレンの重罪と軽罪 [DVD]
(2012/11/16)
ウディ・アレン、ミア・ファロー 他

商品詳細を見る


ウディ・アレンのブラックコメディ。
ブラックコメディだが、笑えない。なんか、普通...

【ストーリー】

眼科医で業界では名のある医師であるジュダは、浮気していた
メンヘラ女から、いきなり嫁に関係をばらす手紙を送りつけられ
窮地に追い込まれるハメになっていた...

一方、売れない記録映画監督のクリフは、冷えきった夫婦関係の中、
義兄で売れっ子テレビディレクター レスターから儲かる仕事を
もらう。

ノリ気ではないが記録映画の資金になるなら、と引き受けたが
まったくノラない。しかし、仕事の現場にいた製作助手のハリー・
リードに一目惚れし、話してみると記録映画の話で意気投合する。

眼科医ジュダは女性問題をなんとかすべく、裏社会とのつながりが
ある弟に相談し、浮気女の殺害を計画するも、父親の教え”神様は
すべてをみておられる”という言葉の呪縛に苦しむ。

一方クリフは、なんとかハリーの気を引こうとやっきになるも
うまくいかず、やきもきする日々...そして、ある日、
ハリーが海外での仕事でイギリスに行くことになる...

クリフとジュダ、ふたりに訪れた結末とは...

【レビュー】

なんというか、普通にタイプの違う女絡みのトラブルに見舞われた
男の話が並行して進んでいくだけの映画というのが、正直な
感想。

宗教の戒律的なニュアンスが多々あるが、それを考えるとツッコミ
どころ満載だという感じ。

ウディ・アレンのコメディは毎度、ひねくれたユーモアが炸裂して
大好きなんだが、この映画に関しては、少々難しすぎる、というか
哲学的すぎる感じで全く面白みを感じられなかった。

ウディ・アレンはいつものごとく冴えない男役で出てるんだけど...
正直、かなり退屈な映画だった。

あまりおすすめできないですが、ウディ・アレン好きな方は
気が向いたらどうぞ。

隠語の予習が必要かも...【裏切りのサーカス】

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/11/02)
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る


スパイ映画。
隠語の意味を知らないと、ちょっと難しい映画。

【ストーリー】

イギリスの諜報機関MI6、通称サーカス内部で二重スパイ事件が発生、
時のリーダー、コントールは、ロシアの二重スパイ”もぐら”をみつけ
出すため、信頼のおける情報筋から情報を得るべくジム・プリドーを
ハンガリーに送り込む。

しかし、作戦は失敗し、コントロールとその右腕スマイリーは退任
することになった。

その後、実働部隊であるリッキー・ターの元に「もぐら」の情報を
持つKGBのイリーナが現れ、事情を聞くと彼女は重要な情報を持って
おり、それと引き換えに自分を西側で生活できるようにしてほしい
という。

その情報を詳しく聞くと、信ぴょう性が高かったため、本国イギリス
にターは報告、イリーナを逃してやってほしい、と依頼する。

しかし、イリーナはほどなくKGBに捕まってしまう...
ターの上司は、事態を重くみて政府の情報機関監視役であるオリバー・
レイコンに連絡。
退任したスマイリーに”もぐら探し”を命じる...

【レビュー】

内容的には、ハードボイルドなスパイ映画で面白いのだが、最初から
MI6をサーカスと言ったり、コードネームが使われていたり、人物
設定の説明もなにもないので、途中まで、なんだか、ちんぷんかんぷんだ。

国際諜報機関等の知識があまりないかたは、Wikipediaなどで基礎知識を
入れておいたほうが面白くみれると思う。

原題は”Tinker Tailor Soldier Spy”となっているが、これらは
諜報部幹部のコードネームである。

非常に重々しい描写なので、わくわくするという部分も少ない。
ただ、スパイものの映画なので、もっと背景説明があると面白く
見れる映画だと思うのだが...そこが残念。

イリーナ役のスヴェトラーナ・コドチェンコワは、なかなかの
べっぴんさんだ。

スパイ映画大好きな方はどうぞ。ミッション・インポッシブル的は
派手さはまったくないけどね。(;^ω^)

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。