スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか面白かった。...【わが教え子、ヒトラー】



知られざる歴史の真実か!?
ヒトラーの別の側面を描いた作品。
ドイツ人によるヒトラーを皮肉たっぷりに描いた作品でなかなかおもしろかった。

【ストーリー】

第二次世界大戦末期、心を病んだヒトラーは執務室に引きこもっていた。
宣伝大臣ゲッべルスは国民の士気を高めるため、1945年の元日にヒトラーの
演説を計画。

そこで白羽の矢が立ったのが、アドルフ・グリュンバウム教授。この男は
1920年代にヒトラーの演説を指導した実績を持つユダヤ人だった。

周りの反対を押し切ってゲッペルスは、教授をザクセンハウゼン収容所から
呼び寄せ、協力してほしいと頼む。

教授は悩んだ末に家族と一緒に生活できるようにしてくれるなら、という
交換条件でその仕事を引き受けた。

それから強いヒトラーの再生訓練が始まる。ヒトラーは意外にも気の小さい
男で、教授はこれを機会にヒトラー暗殺を試みるも、人間ヒトラーに哀れみを
感じ、ヒトラー再生に尽力するのだが...

【レビュー】

ドイツ人なりのブラックユーモアとでも言おうか、なかなか笑える作品に
なっている。
アドルフ・グリュンバウム教授という人物が本当にいたのかどうかは
判らないが、史実に基づいた作品ということなので、少なからずこんな
事件があったのかもしれない。

色んな部分で皮肉たっぷりにナチスをいじっているシーンが満載だ面白い。
ヒトラー役のヘルゲ・シュナイダーというおっさんもそれなりにヒトラー
っぽく見えるから面白い。

また教授もユダヤ人らしく、ナチス相手にあれこれ駆け引きをするところも
よくユダヤ人を描写していると思う。

ゲラゲラ笑うという作品ではないが、知的なユーモア満載の映画だ。
エンディングにドイツ人のヒトラー観が収録されてるのもなかなか面白い。
一見の価値ありな作品です。

 ナチスの発明 (文庫) / 武田知弘/著

 ナチスの発明 (文庫) / 武田知弘/著
価格:680円(税込、送料別)



スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。