スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数字に取り憑かれた男 【ナンバー23】

ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/04/04)
ジム・キャリー、ヴァージニア・マドセン 他

商品詳細を見る


23という数字に取り憑かれた男の奇妙なミステリー。
ジム・キャリーにしてはシリアスなミステリー。

【ストーリー】

ウォルターは動物捕獲員の仕事をする妻子持ちの男。
ある日、そろそろ仕事も終わりの1分前に急遽仕事が入り現場に向かう。
中華料理屋の裏で犬がゴミを漁っている、という。

面倒だと思いつつウォルターは犬の捕獲に対処するが、うっかり犬に
咬まれてしまう。

そして、大事な自分の誕生日なのに、約束に遅れてしまう。
妻と友人宅へ向かうはずだったが遅れてしまって、約束の場所に向かうも
妻は本屋で本を眺めていた。

事情を説明していたら、妻がある本を手にしていて、読んでみたら?
あたしはもうほとんど読んだから...買ってあげるわよ、と言って
一冊の本を手渡す。

本のタイトルは”the number 23”、作者の名前は”Topsy Cret”と書いてある。
妄想小説と書いてあり、こんなくだらない本に頭を使えというのか?と
やや馬鹿にしたようなコメントを出すも、ウォルターはどんどんその本に
はまっていく...なぜなら、その本の内容があまりにも自分の人生
そのものを書いているようだったからだ...

【レビュー】

出だしからなんとも重苦しい作品で、暗い映画だが、内容はなかなか
面白かった。いろんな疑問点も残るが、なかなかよくできていると
思う。

個人的には、ジム・キャリーはこんなシリアスな役は似合わないと
思う。あのオーバーアクションはほぼなし。

嫁役には、アメリカの強いお母さん役をやらせたら、はまり役の
ヴァージニア・マドセン。この人は、ほんとに主婦役がよく似合う。
今回もいい奥さん役を演じている。

ミステリーというか、サスペンスというか、メンヘラストーリーと
いうか、なんとも不思議な映画だ。

23という数字が歴史のあらゆるところに絡んでいるというのも面白い。
まぁ、こじつけといってしまえば、そうかもしれないが。(;´∀`)。

ちょっと重めの映画なので、テンションが低いときは、見ると
さらにテンションが下がってしまうかもしれない。
だが、ストーリーはなかなか面白い。
おすすめ。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。