スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哲学的で笑えない...【ウディ・アレンの重罪と軽罪】

ウディ・アレンの重罪と軽罪 [DVD]ウディ・アレンの重罪と軽罪 [DVD]
(2012/11/16)
ウディ・アレン、ミア・ファロー 他

商品詳細を見る


ウディ・アレンのブラックコメディ。
ブラックコメディだが、笑えない。なんか、普通...

【ストーリー】

眼科医で業界では名のある医師であるジュダは、浮気していた
メンヘラ女から、いきなり嫁に関係をばらす手紙を送りつけられ
窮地に追い込まれるハメになっていた...

一方、売れない記録映画監督のクリフは、冷えきった夫婦関係の中、
義兄で売れっ子テレビディレクター レスターから儲かる仕事を
もらう。

ノリ気ではないが記録映画の資金になるなら、と引き受けたが
まったくノラない。しかし、仕事の現場にいた製作助手のハリー・
リードに一目惚れし、話してみると記録映画の話で意気投合する。

眼科医ジュダは女性問題をなんとかすべく、裏社会とのつながりが
ある弟に相談し、浮気女の殺害を計画するも、父親の教え”神様は
すべてをみておられる”という言葉の呪縛に苦しむ。

一方クリフは、なんとかハリーの気を引こうとやっきになるも
うまくいかず、やきもきする日々...そして、ある日、
ハリーが海外での仕事でイギリスに行くことになる...

クリフとジュダ、ふたりに訪れた結末とは...

【レビュー】

なんというか、普通にタイプの違う女絡みのトラブルに見舞われた
男の話が並行して進んでいくだけの映画というのが、正直な
感想。

宗教の戒律的なニュアンスが多々あるが、それを考えるとツッコミ
どころ満載だという感じ。

ウディ・アレンのコメディは毎度、ひねくれたユーモアが炸裂して
大好きなんだが、この映画に関しては、少々難しすぎる、というか
哲学的すぎる感じで全く面白みを感じられなかった。

ウディ・アレンはいつものごとく冴えない男役で出てるんだけど...
正直、かなり退屈な映画だった。

あまりおすすめできないですが、ウディ・アレン好きな方は
気が向いたらどうぞ。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。