FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隠語の予習が必要かも...【裏切りのサーカス】

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/11/02)
ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース 他

商品詳細を見る


スパイ映画。
隠語の意味を知らないと、ちょっと難しい映画。

【ストーリー】

イギリスの諜報機関MI6、通称サーカス内部で二重スパイ事件が発生、
時のリーダー、コントールは、ロシアの二重スパイ”もぐら”をみつけ
出すため、信頼のおける情報筋から情報を得るべくジム・プリドーを
ハンガリーに送り込む。

しかし、作戦は失敗し、コントロールとその右腕スマイリーは退任
することになった。

その後、実働部隊であるリッキー・ターの元に「もぐら」の情報を
持つKGBのイリーナが現れ、事情を聞くと彼女は重要な情報を持って
おり、それと引き換えに自分を西側で生活できるようにしてほしい
という。

その情報を詳しく聞くと、信ぴょう性が高かったため、本国イギリス
にターは報告、イリーナを逃してやってほしい、と依頼する。

しかし、イリーナはほどなくKGBに捕まってしまう...
ターの上司は、事態を重くみて政府の情報機関監視役であるオリバー・
レイコンに連絡。
退任したスマイリーに”もぐら探し”を命じる...

【レビュー】

内容的には、ハードボイルドなスパイ映画で面白いのだが、最初から
MI6をサーカスと言ったり、コードネームが使われていたり、人物
設定の説明もなにもないので、途中まで、なんだか、ちんぷんかんぷんだ。

国際諜報機関等の知識があまりないかたは、Wikipediaなどで基礎知識を
入れておいたほうが面白くみれると思う。

原題は”Tinker Tailor Soldier Spy”となっているが、これらは
諜報部幹部のコードネームである。

非常に重々しい描写なので、わくわくするという部分も少ない。
ただ、スパイものの映画なので、もっと背景説明があると面白く
見れる映画だと思うのだが...そこが残念。

イリーナ役のスヴェトラーナ・コドチェンコワは、なかなかの
べっぴんさんだ。

スパイ映画大好きな方はどうぞ。ミッション・インポッシブル的は
派手さはまったくないけどね。(;^ω^)

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。