FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パクリだったのか!?【17歳のカルテ】

17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD]17歳のカルテ コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/01/26)
ウィノナ・ライダー、アンジェリーナ・ジョリー 他

商品詳細を見る


ウィノナ・ライダー主演の精神病患者扱いされた女の子の映画。
以前観た『クワイエットルームにようこそ』に構図がそっくり。
これが元なのかね?

【ストーリー】

アスピリンを一瓶とウォッカを飲んで、精神病院に入れられることに
なってしまったスザンナ。

自分はおかしくない、ここの同世代の子とは違う...そう思って
いたが、入所してまもなく、リサという古株の女の子が無断外出して
捕まって戻ってきて、その彼女のパンキーなスタイルに共感するように
なる。

そして、いつしか、中の人間と親しくなっていき、外より中のほうが
居心地がよくなってしまう...ある事件に遭遇するまでは...

【レビュー】

シチュエーション、精神病院、中の人々とのからみ、そしてオチ、
すべてにおいて、邦画『クワイエットルームにようこそ』にそっくりだ。

『クワイエットルームにようこそ』はここからパクったんじゃないか?
と思うほど似ている。

まぁ、あっちほどこの映画は笑えないが...内容的には、割りと
重めの映画。

主演のウィノナ・ライダーはやっぱりかわいい。
リサ役をアンジェリーナ・ジョリーが演じているが、最初、どっかで
観た顔だなぁ、と思いつつ、全然途中まで気づかなかった。

アンジェリーナ・ジョリーはやっぱ、黒髪のほうがいいね。
本作はどうやら、実話の自伝から来ているらしい。

自殺未遂すると、精神病院に入れられてしまうというのは、どこの
国も同じなのかもしれないが、精神障害というのは、様々な
パターンがあるので、一緒くたに同じ病棟に入れるというのは
いかがなものか、と思う。

正直笑える要素は全然ないし、どっちかというと社会派映画
という感じだが、よろしければどうぞ。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。