FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか、よくわからないSF 【未来世紀ブラジル】

未来世紀ブラジル [DVD]未来世紀ブラジル [DVD]
(2009/07/08)
ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ 他

商品詳細を見る


テリー・ギリアム監督のSF。
なんでブラジル??

【ストーリー】

20世紀のどこかの国のお話。
情報省調整局のサムは、毎夜、空を飛ぶ夢を見ていて、そこに現れる
美人が気になっていた。

ある日、逮捕状のタイプミスで誤認逮捕が発覚し、謝罪と返金処理のため
逮捕されたバトル氏宅を訪れると、上の階にいたジルという女性を見つける。
その女性こそ、自分が毎夜夢でみる美人だと確信したサムは、彼女の情報を
オフィスで検索する。

しかし、自分のセクションでは彼女の情報にアクセスすることができず、
その情報にアクセスするには、情報省剥奪局に入らないと見れないことが
わかった。

そして、ちょうどその時期に、母親のコネで、情報省剥奪局への転任が
決まっていたが、サムの上司はサムがいなくなっては困ると思い、
勝手に書類にサインをして、辞退することとなっていた。

サムはなんとか、剥奪局長官のチャップマンに辞退は間違いで、転任を
受け入れると進言し、はれて情報省剥奪局員となり、ジルの情報をゲット。

そして、ジルを探すのであったが...

【レビュー】

設定はなかなか面白い。情報統制された社会を皮肉り、なんでも書類の
お役所仕事をコケにしてるあたりは面白い。

あと、爆弾テロが社会問題になってる設定で、突然起こる爆破も
ドキっとする。

でも、全体としては大して面白いわけでもないんだが...
この映画は一部のカルトなヒトには、たまらなく面白いかもしれない。
なんせ、出てくるガジェットが実にスチームパンクなもので固められて
いるからだ。

1985年の作品だが、20世紀の終わりでも、もちっとマシなシステムは
想像できたんじゃないか?と言うぐらい、お間抜けなガジェットが
一杯出てきて、その部分は笑える。
まぁ、意図的に作られているんだろうけど。

まぁ退屈というほどはないが、さほど面白いとも思わなかった。
よろしければどうぞ。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。