スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルトだが好きなヒトには好きかも 【π(パイ)】

π(パイ) [DVD]π(パイ) [DVD]
(2002/02/22)
ショーン・ガレット、マーク・マーゴリス 他

商品詳細を見る


モノクロだし、出だしかなりシュールだが、ちゃんと
ストーリーもあって、ある意味興味深い作品。

【ストーリー】

マックスは小さい頃に視力に問題があり、手術をして視力を
取り戻したが、時折襲われる頭痛持ちとなり、以来、薬を
手放せないでいる。

そんなマックスは非常に優秀な頭脳を持ち、若くして大学で学位を
取得、以来、数学の研究を続けていた。

そして、世の中のあらゆるものは数式にすることができ、そこには
常に秩序が存在する、それが彼の論理だった。

よって、株式市場にも必ず秩序が存在するはずだ、という仮説の
元、日々研究を続けていた。

そんな彼の才能に目をつけたいくつかの集団が彼の能力で、ある
数字の意味を見つけてもらおうと、接触を図るがうまくいかなかった。

そんな連中とのやり取りの中、マックスはその”ある数字”に
興味を持ち、そして、その真理に迫ろうとするのだが...

【レビュー】

最初のほうは、かなり哲学的だし、映像もモノクロというが手伝って
非常に難解な、シュールで、カルトな映画か??という感じだが
ストーリーが進むにつれて、ちゃんと物語があって、何かについての
探究心があるヒトなら、ちょっと面白い作品かもしれない。

もっとも、オチは、やっぱ、どないやねん??って感じなんです
けどね(;^ω^)。

個人的には、モノクロ映画って好きじゃないんですが、この作品は
なかなか興味ぶかかったです。

見るには少々体力がいるというか、精神力がいるかもですが。
よく哲学的な話をするヒトの言葉の中に、”秩序”とか、”混沌”と
いう言葉が出てきますが、この映画はその両方の言葉をうまく
説明しているような気がします。

ちょっとシュールで哲学的だが興味深い作品です。
よろしかったら、どうぞ。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © メガトンパンチShow-kai 2. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。